髪のボリュームが減った女性はFAGAを疑う必要があります


女性でも髪のボリュームが減ることもありますが、これはFAGAの可能性が考えられるでしょう。

FAGAとは女性男性型脱毛症と呼ばれるもので、原因の一つとしては女性ホルモンの減少が考えられています。

ヘアサイクルにとって女性ホルモンは、成長期間を長くするなど重要な働きを担っていると考えられています。

しかし40才前後になると女性は女性ホルモンの分泌が減少するため、毛髪のボリュームにも大きな影響を与えるのです。

そのためFAGAとなり、急激にボリュームが減ることも考えられます。

ホルモンバランスの問題でFAGAになっている可能性があります

女性で髪の毛のボリュームが減ったら、FAGAの可能性を考えても良いでしょう。

FAGAは女性男性型脱毛症とも呼ばれており、男性とはまた違うパターンで全体的に毛髪が細く弱々しくなる症状のことです。

FAGAになると、40才前後から髪のボリュームの減少が見られます。

初期では髪が細くなるだけではなく、抜け毛も増えていくのが特徴です。

症状が進行すると、頭部の広範囲にわたって全体的な抜け毛が目立つようになり、頭頂部などは皮膚が見えるレベルになる場合もあります。

原因の一つとして考えられているのは、女性ホルモンの減少です。

女性ホルモンはヘアサイクルの成長期間を長くする働きがあると考えられていますが、減ればその影響が出るのはある意味必然と言えるでしょう。

髪の毛の成長期間も短くなるため、FAGAにつながると考えられています。

FAGAは40才前後に多く見られますが、若い人も油断できません。

ホルモンバランスの乱れは、加齢だけではなく、ストレスや食生活、不規則な生活などでも起きると考えられているからです。

そのため髪の毛のボリュームが減ったと感じた女性は、日常の生活や食生活を振り返る必要があるでしょう。

頭皮の乾燥に注意が必要です


髪のボリュームが減る原因はほかにも複数ありますので注意してください。

また、症状にもそれぞれ特徴があります。

FAGAはびまん性脱毛症とも呼ばれており、髪全体のボリュームダウンが特徴の一つです。

髪の毛が細くなりコシもなくなって地肌が目立つようになります。

大きな特徴として、徐々に髪の毛が薄くなり、ある日、地肌が目立つようになるぐらいボリュームが減少しているのに気づくことが多いです。

ホルモン分泌の減少はびまん性脱毛症の主な原因ですが、ほかにも加齢によるコラーゲンの減少による頭皮の乾燥も要因の一つと考えてください。

また、ストレスなどもびまん性脱毛症を引き起こす原因の一つです。

ほかには粃糠性脱毛症という症状もあります。

粃糠性脱毛症は頭皮が乾燥して大量のフケが生じます。

そのフケが毛穴を塞ぎ、炎症や、抜け毛と言った症状が特徴と言われています。

男性に多いですが、女性にもあるので注意が必要です。

特に女性の頭皮は乾燥しやすいと言われていますし、フケなどが生じれば衛生面、見た目的にも問題があると言えるでしょう。

ホルモンバランスの乱れを整えましょう

髪のボリュームが減少した時、対策として考えられるのは規則正しい生活をすることでしょう。

特にFAGAでは、ホルモンバランスの乱れが大きいと考えられます。

対策として女性ホルモンの代わりになると言われている、イソフラボンが含まれた食べ物を摂取するのも良いでしょう。

イソフラボンが多く含まれている食材は大豆や豆腐などがあるので、食生活に取り入れると良いでしょう。

しかし毎日食べるのも大変なので、イソフラボンが含まれたシャンプーや育毛剤を使用するのも対策の一つになります。

ほかに注意したいのは頭皮に合っていないヘアケア用品を使用することでしょう。

粃糠性脱毛症でフケが多く出るからと言って、洗浄力の強いシャンプーなどを使えばますます頭皮の乾燥が悪化する可能性があるので注意が必要です。

しかし根本的な対策となるのは規則正しい生活です。

不規則な睡眠により自律神経も乱れれば、ホルモンバランスの乱れにつながることも考えられます。

ストレスも蓄積しないように注意し溜まったら発散させることを心がけましょう。

総合的な対策をすることで、髪のボリュームに対する維持が期待できるのです。

(まとめ)女性で髪のボリュームが減ったのは何が原因なの?

1.髪のボリュームが減った女性はFAGAを疑う必要があります

女性で髪のボリュームが減ったなら、FAGAを疑いましょう。

FAGAは女性ホルモンの分泌が減少することで引き起こされる脱毛症です。

また、ホルモンバランスの乱れでも引き起こされると言われています。

2.ホルモンバランスの問題でFAGAになっている可能性があります

女性ホルモンが減少することで、髪の毛のボリュームが減る場合もあります。

これは女性ホルモンが毛髪の成長に大きく関わっていることが理由です。

そのため女性でも脱毛症になる場合もあります。

3.頭皮の乾燥に注意が必要です

FAGAは別名、瀰漫性脱毛症と呼ばれています。

それ以外にも、粃糠性脱毛症などもボリュームを減らす大きな原因となるので注意が必要です。

どちらも頭皮が乾燥するという部分が共通点となります。

4.ホルモンバランスの乱れを整えましょう

FAGAも粃糠性脱毛症でも、規則正しい生活を心がけるのが大切でしょう。

どちらもホルモンバランスが関係し、不規則な生活で乱れやすいからです。

頭皮に合わないヘアケア用品を使わないこと、イソフラボンの育毛剤などを利用するのも対策の一つになります。