スタイリングを工夫すればボリュームアップできます


髪が細いと、うまくヘアスタイルが決まらなかったり、ボリュームがないために貧相に見えてしまったりと女性を悩ませることが多いのではないでしょうか。

特に、人から見えやすい前髪や生え際は気になる部分ですよね。

そこで今回は、生え際のボリュームをアップさせる方法を紹介します。

まず、スタイリングのやり方次第で、物足りない生え際もうまくカバーできます。

そして同時に、育毛ケアの手法で根本的な原因となる細い髪を改善していきましょう。

生え際のボリュームが気になるという方は、ぜひ参考にしてみてください。

ふんわり前髪で気になる生え際をカバーする方法

気になる生え際をカバーするには、前髪とトップをふんわりとスタイリングすることが大切です。

ここでは、細い髪のせいでボリュームが出にくい前髪のスタイリング方法を紹介します。

ドライヤーで髪の根元を立ち上げましょう

細い髪は、適当にドライヤーで乾かすと、ぺたんとした前髪になってしまいます。

また、前から風をあてたりするのも禁物です。

根元を立たせながら、ドライヤーの風をあて、最後に冷風でスタイルをキープさせましょう。

ボリュームアップミストを活用するのもおすすめ

最近では、ぺたんとしやすい髪をボリュームアップさせてくれるボリュームアップミストが多数販売されています。

スタイリング時に活用すれば、簡単にボリュームアップさせてくれるヘアケア剤です。

便利なアイテムを使うことで、朝のスタイリングが楽になり、ヘアスタイルを長くキープできます。

生え際の負担を減らし、健康な髪を育てましょう


前述したように、うまく髪を整えれば、見た目のボリュームをアップさせることができます。

しかしそれだけでは、もっと髪が細くなってしまったときに、対処できなくなる可能性があります。

というのも、生え際は、何かと負担がかかりやすい部分です。

髪を引っ張り上げるポニーテールなどのヘアアレンジ、紫外線、洗い残し、メイク汚れなどで、生え際部分はダメージを受けています。

これらの負担を減らさない限り、細い髪がどんどん増えてしまう可能性もありますので注意が必要です。

髪を引っ張るような髪型は控える、帽子や日傘で紫外線をカットする、きちんと汚れを落とすといった対策をして、生え際のダメージを極力減らすようにしましょう。

そして、生え際の負担を減らした上でいわゆる育毛ケアを実践し、ボリューム不足の根本的な原因となる細い髪の改善を目指すことも大切です。

育毛ケアでボリューム不足を解消しましょう

髪のボリュームをアップさせるためには、太く丈夫な髪を育てる必要があります。

そのためには、ライフスタイルやヘアケアを見直しましょう。

これらを意識することで、頭皮環境を改善し、健康な髪が育ちやすくなります。

髪が痩せて細くなるのは年だから仕方ない、と諦めず、元気な髪を取り戻しましょう。

生活リズム、食生活を整えましょう

規則正しい生活や、栄養バランスの整った食事を心がけることは、育毛に効果的です。

ホルモンバランスが整い、髪のスムーズな成長をサポートします。

ストレスと上手に付き合いましょう

ストレスが溜まると、新陳代謝の低下や、血行不良を引き起こし、髪の毛の成長を妨げます。

自分なりの方法でストレスを適度に発散し、上手に付き合っていくようにしましょう。

正しいシャンプー方法を身につけましょう

髪を洗うときは、頭皮を強くこすらないように気をつけ、泡で優しく洗い上げましょう。

シャンプーは、髪にハリやコシを与えてくれるボリュームタイプを選ぶとスタイリングも楽になります。

また、洗髪後に、自然乾燥させると髪が潰れやすくなるので、しっかり髪の根元から乾かすことも忘れないようにしましょう。

頭皮マッサージで血流改善を目指しましょう

毛根にしっかりと栄養を届けるために、頭皮の血行を促進しましょう。

おすすめなのは頭皮マッサージです。

朝のスタイリング前、入浴中、寝る前など、好きな時間に手軽にできます。

(まとめ)細い髪でも生え際のボリュームアップはできる?

1. スタイリングを工夫すればボリュームアップできます

細くなった髪のせいでボリューム不足になってしまった生え際も、スタイリング次第で、ボリュームアップさせることができます。

きれいなヘアスタイルをキープしながら、ボリューム不足の根本的な原因である細毛を改善させるために、育毛ケアを実践していきましょう。

2. ふんわり前髪で気になる生え際をカバーする方法

前髪のブローの仕方を工夫すれば、気になる生え際をカバーすることができます。

根元を立たせるようにしてドライヤーで仕上げましょう。

スタイリング時に、ボリュームアップミストを使用すれば、簡単にふんわりとしたヘアスタイルを長時間キープできます。

3. 生え際の負担を減らし、健康な髪を育てましょう

今以上に髪が細くならないために、生え際にかかる負担を減らすことが大切です。

きつく引っ張り上げるポニーテールのようなヘアスタイルを避けたり、帽子や日傘で紫外線対策をしたりしましょう。

また、生え際は、洗い忘れやすすぎ残しが多い場所なので、きちんと洗い流すようにしてください。

4. 育毛ケアでボリューム不足を解消しましょう

以下のことを意識し、ボリューム不足の根本的な原因である細毛を改善し、太く元気な髪を取り戻しましょう。

  • 生活リズム、食生活を整えましょう
  • ストレスと上手に付き合いましょう
  • 正しいシャンプー方法を身につけましょう
  • 頭皮マッサージで血流改善を目指しましょう