いいえ、健康な髪を育てるのに必要なケアです


育毛というと、髪が細く、薄くなってしまった人が取り組むものだと思われがちです。

育毛剤を使用したり、病院で治療を受けたりと、難しく感じてしまうこともあるでしょう。

しかし、実は、育毛は特別なケアではありません。

失った髪を取り戻すというよりは、今ある髪を維持したり、健康な髪を育てたりするためのケアです。

そのため、髪質に関わらずケアに取り組むのが理想といえるでしょう。

ただし、生まれつき髪が細い人が育毛を実践しても、劇的に髪が太くなったり、ボリュームがアップしたりするわけではありません。

とはいえ、今以上に少なくなったり、ボリュームが出なくなったりするのを避けるためには必要なケアです。

育毛ケアは必要。だれでも薄毛になる可能性があります

生まれ持った髪質によって、髪が細くボリュームが出にくい人が、もとの髪質以上に太くすることは基本的に不可能です。

それなのに、なぜ、育毛ケアが必要なのでしょうか。

その理由は、何もケアしていないと、細毛がさらに細くなってしまうことがあるからです。

髪が細くなる原因には、遺伝だけでなく、生活習慣や食生活に問題がある場合や、間違ったヘアケアなどがあります。

また、ストレスや頭皮トラブルなども関わってきますので、注意しなければ今以上に細くなり、髪が薄くなってしまうことがあるのです。

もともとの髪質に関係なく、だれでも、細毛や薄毛になる可能性があります。

だからこそ、たとえ髪が太くならなくても、今ある髪を育てるケアが必要なのです。

今ある髪を大切にするために育毛ケアを実践しましょう


前述したとおり、細い髪がさらに細くならないようにするためにも、育毛ケアを実践しましょう。

とはいえ育毛ケアは特別なものではなく、普段のヘアケアを見直し、生活習慣の改善に取り組むことが大切です。

毎日のヘアケアを見直しましょう

間違ったヘアケアは、髪や頭皮を傷め、細毛や薄毛の原因になります。

以下のようなヘアケアを行っていませんか。

  • 毎日シャンプー時にゴシゴシと洗っている
  • すっきり洗いたいから、高級アルコール系シャンプーを使用している
  • 髪や頭皮を守るために自然乾燥させる
  • 髪のもつれをほぐすために、ブラシで無理やり梳かす
  • 痛いくらいの強い力で頭皮マッサージをしている

このようなケアを続けていると、生まれつき髪が太い人でも細毛になる可能性があります。

細毛の人は、柔らかく傷つきやすい髪質であることが多いので、より丁寧に、優しいヘアケアを行うことが大切です。

生活習慣の改善を目指しましょう

毎日の何気ない生活習慣にも、髪を細くしてしまう原因が潜んでいます。

不規則な生活、偏った食事、慢性的な運動不足、過度なストレスなどは、髪の毛へ影響を与えてしまうので注意しましょう。

生活リズムを整え、栄養バランスの整った食事を心がけ、できるだけ体を動かす時間をつくりましょう。

ストレスは適度に発散し、溜めすぎないように注意してください。

地毛が細くても、見た目の印象を変えることはできます

髪質を変えることは容易ではありませんが、ヘアスタイルやスタイリング方法を工夫すれば、見た目のボリュームを変化させることができます。

ナチュラルにボリュームアップ! ショートヘアがおすすめ

ショートカットなら、髪が細くても、根元が立ち上がりやすく、自然にボリュームアップできるのでおすすめです。

前髪を厚めにつくることで、髪が薄いという印象を変えることもできます。

コンプレックスを強みに! ふんわりパーマヘア

髪が細いことをコンプレックスに感じる人もいるかもしれませんが、細い髪だからこそできるヘアスタイルもあります。

それは、ふんわりとしたパーマヘア。

髪の毛が細いと透明感のある洗練されたイメージに仕上がります。

ドライヤーで根元を立たせるだけでも印象は変わります

美容院に行かなくても、ドライヤーの使い方次第でボリュームアップさせることができます。

髪の根元を濡らし、髪を持ち上げて根元を立たせながら乾かすだけです。

ボリュームアップミストやドライヤーの冷風を活用すれば、ふんわりとしたヘアスタイルを長時間キープしやすくなります。

(まとめ)生まれつき髪が細い&薄い人は育毛しても意味がない?

1. いいえ、健康な髪を育てるのに必要なケアです

もともと髪が細い、薄いという人の場合、育毛をしても、劇的に髪が太く濃くなるわけではありません。

しかし、育毛は、今ある髪を大切に育てるのに必要なケアです。

髪が細いからと諦めるのではなく、今よりも細くならないためにもケアを取り入れましょう。

2. 育毛ケアは必要。だれでも薄毛になる可能性があります

髪質を根本から変えることは難しいので、もともと髪が細い人や薄い人が髪を太くすることは難しいといえるでしょう。

しかし、細毛の原因は遺伝だけではなく、さまざまな要因が絡んでいます。

細毛の人がさらに細くなってしまうこともあるので、それを防ぐためにも育毛ケアは必要です。

3. 今ある髪を大切にするために育毛ケアを実践しましょう

育毛は、失った髪を育てるだけでなく、今ある髪を大切に育てるためのケアでもあります。

髪の太さや質に関係なく、積極的に取り入れましょう。

まずは、日頃のヘアケアを見直し、健康な頭皮を保つことが大切です。

生活習慣の改善も行いましょう。

4. 地毛が細くても、見た目の印象を変えることはできます

髪質を変えることは難しくても、スタイリングを工夫すれば見た目のボリュームをアップさせることができます。

ふんわりとしたシルエットがつくりやすいショートヘア、細く柔らかな髪を活かしたパーマヘアもおすすめ。

ドライヤーで根元を立たせるようにブローするだけでも印象は変わります。