細毛に悩みはじめたら育毛ケアをはじめましょう


「髪が痩せて細くなった」、「細い髪のせいで頭頂部が薄くなった」と悩みはじめたら、育毛ケアを実践しましょう。

なぜなら細くなった髪を放置していると、びまん性脱毛症という薄毛になるリスクがあるからです。

びまん性脱毛症とは、女性ホルモンの減少が主な原因となる女性特有の薄毛です。

初期段階では、髪が痩せて細くなります。

さらに進行すると抜け毛が増え、髪全体のボリュームが減ってしまうのです。

男性の薄毛のように、地肌が完全に露出することは少ないのですが、頭皮が透けて見えるといった深刻な状態になる危険性もはらんでいます。

このような薄毛にならないためにも、髪が細くなってきたら速やかに育毛ケアをはじめましょう。

当てはまるものがないかチェック!髪が細くなる原因

育毛ケアをはじめるためには、細毛の原因を知っておくことが大切です。

自分に当てはまるものがないか、確認してみましょう。

女性ホルモンの減少

女性ホルモンが減ると、髪の成長が阻害されて未熟な細い髪が生えてくるようになります。

女性ホルモンの減少は、加齢や生活リズムの乱れなどによって起こります。

間違ったヘアケア

頭皮を清潔にしようとするあまり、ゴシゴシ洗ったり、一日に何度もシャンプーしたりするのは禁物。

細毛の原因になるだけでなく、頭皮の乾燥、炎症などの頭皮トラブルのリスクも高まります。

反対に、洗い残しがあるのも、汚れが毛穴に詰まって細毛の原因に。

栄養不足

食事で摂取する栄養が少ないと、生命維持に、優先的に栄養が使われてしまい、髪の毛をつくり出す栄養が回ってきません。

すると、髪の毛の成長に支障をきたし、細く弱った髪が生えてしまいます。

血行不良

たとえ十分な栄養をとっていても、血の巡りが悪いと毛根に行き渡りません。

そのため、頭皮の血流が悪いと、細く未熟な髪が生えてしまいます。

さっそく育毛ケアを実践しましょう


ここでは自分でできる育毛ケアを紹介します。

一度に全部取り入れようと気負わず、できることから少しずつはじめましょう。

生活、食事の見直し

健康で太い髪を育てるためには、規則正しい生活リズムに整え、十分な睡眠と栄養バランスの良い食事を心がけましょう。

すると自律神経やホルモンバランスが整い、新陳代謝がスムーズに行われるようになるので、髪の成長が助けられます。

ヘアケアの見直し

頭皮は、アミノ酸系シャンプーをはじめとしたマイルドな洗浄力のシャンプーを使って、丁寧に優しく洗いましょう。

ポイントは、爪を立てたり力を入れすぎたりしないこと、すすぎ残しがないようにすることです。

また、寝ている間に、新陳代謝が活性化するので、寝る前に洗髪しましょう。

頭皮の血行不良を改善するために、頭皮マッサージを実践するのもおすすめです。

適度な運動でストレス発散

ストレス対策も育毛をする上で大切です。

上手に発散するには、軽い運動を取り入れるのがおすすめ。

体のコリの解消にも役立ち、血液循環をスムーズにしてくれるので育毛効果が期待できます。

激しい運動である必要はありません。

気持ち良いと感じる程度の軽い運動で、心も体もリラックスさせましょう。

前向きに育毛ケアをするために。髪型で薄毛をカバー

育毛ケアは、効果が現れるのに時間がかかります。

とはいえ、頭頂部は他人からの視線が気になる部分だからこそ、早く何とかしたいところ。

そんなときは、育毛に取り組みながら、ヘアスタイルを工夫して頭頂部の薄毛をカバーするのがおすすめです。

ショートスタイルならボリュームを出しやすいのでおすすめ

髪の根元が立ち上がりやすいショートヘアは、トップのボリュームが気になる方におすすめのヘアスタイルです。

あえて細毛の特長を活かし、ふんわりとしたエアリー感のあるスタイリングをすれば、女性らしいキュートなスタイルにもなります。

反対にロングヘアは、髪の重みでトップが潰れてしまい、分け目が目立ちやすくなるので注意しましょう。

分け目は定期的に変える

いつも同じ場所で分け目をつくると、クセがついて頭頂部の髪が潰れてしまいがちに。

定期的に分け目の位置をずらすようにしましょう。

いつもとは違う部分で分けると、根元が立ち上がってボリュームも出やすくなります。

(まとめ)細い髪が原因で頭頂部が薄い!育毛ケアをしたほうがいい?
1. 細毛に悩みはじめたら育毛ケアをはじめましょう

髪が細くなった、頭頂部が薄くなったと感じたら、育毛ケアをはじめましょう。

ケアをせずに放置していると、びまん性脱毛症になる可能性があります。

薄毛を予防するためにも、悩みはじめたら、すぐに対策をとるようにしましょう。

2. 当てはまるものがないかチェック!髪が細くなる原因

髪が細くなる原因は、いくつもあります。

  • 女性ホルモンの減少
  • 間違ったヘアケア
  • 栄養不足
  • 血行不良

これらは細毛の原因の一部です。

自分に当てはまるものがないかチェックして、育毛ケアを実践する際に活かしましょう。

3. さっそく育毛ケアを実践しましょう

自分でできる育毛ケアを取り入れ、健康な髪が生えてくるように頭皮を整えましょう。

大切なのは、規則正しい生活を送ること、正しいヘアケアで頭皮を清潔に整えること、適度な運動で体の血液循環をスムーズにするとともにストレスを溜めない習慣を身につけることです。

4. 前向きに育毛ケアをするために。髪型で薄毛をカバー

すぐにでも何とかしたい頭頂部の薄毛には、ヘアスタイルを工夫して、気になる薄毛をカバーするのがおすすめです。

ショートヘアの細毛を活かした軽さのある髪型にチャレンジしたり、分け目を変えてボリュームアップさせたりしながら、育毛に前向きに取り組みましょう。