痩せ細ってしまった髪は、脱毛しやすい可能性があります


最近、急に髪が細くなったと感じることはありませんか。

髪の太さは、もともと生まれ持った髪質によって左右されますが、一生、同じ太さというわけではありません。

加齢にも伴い、頭皮環境が変化し、細くなってしまうことがあります。

もし、若い頃に比べて髪が細くなったと感じる場合は、頭皮環境が悪化して、細い髪が生えているかもしれません。

頭皮環境が悪くなった結果生えてきた細い髪は、弱々しく切れたり、抜けたりしやすい状態です。

このまま放っておくと、成長しきらないまま抜け、女性でも薄毛になることも。

薄毛にならないためにも、髪が細くなったと感じ始めたら、育毛ケアを取り入れ、頭皮環境を整えていきましょう。

加齢に伴い、髪の太さなどの髪質が変化します

毛の太さなど髪質は、遺伝的要素によって、ある程度決まっています。

生まれつき髪が太い人、細い人、色が真っ黒であったり、ちょっと茶色っぽかったりと個人差があるのはそのためです。

しかし、日頃のケアや、生活習慣によって髪質が変化する場合があります。

例えば、パーマやカラーリング、ヘアダメージ、生活習慣やヘアケアなどです。

女性の場合は、これらの原因に加え、加齢に伴い分泌量が減少する女性ホルモンも、髪質を変化させる要因になります。

特に、注意が必要なのは、女性ホルモンが減少し始める30代後半頃。

この頃から徐々に女性ホルモンが減少し始めるので、髪質に変化が現れます。

若い頃は太くて、ハリやコシのあった髪の人でも、徐々に髪が痩せて、ハリやコシが失われ、パサつきやうねりなどのトラブルが発生しやすくなります。

細い髪が生えてくるのは、女性特有の薄毛の初期症状です


髪が痩せて細くなるのは、びまん性脱毛症の初期症状の1つだといわれています。

びまん性脱毛症は、女性ホルモンの減少が主な原因となる女性特有の薄毛で、男性の脱毛症とは違い、髪が抜けて地肌が露出するということはあまりありません。

はじめは全体的に髪が痩せていき、髪のボリュームが減っていきます。

そして、さらに進行すると抜け毛が増えて、分け目やつむじが目立ったり、地肌が透けて見えたりする状態になってしまうのがびまん性脱毛症の特徴です。

しかし、男性の薄毛に比べて、女性の薄毛は改善する可能性があります。

女性ホルモンが主な原因であるため、ホルモンバランスを整えることができれば、徐々に髪質の変化や薄毛の予防も可能なのです。

ただし、すでに症状が進行してからでは、いくらケアしても時間がかかります。

大切なのは、髪が細くなってきたなと感じたときに、すぐに適切な対処で育毛環境を改善させ、健康な髪が生えるように努力することです。

健康で太い髪を育てる努力をしましょう

太く健康な髪を増やすためには、生活の見直しと、正しいヘアケアを実践するのが効果的です。

生活環境の見直しでホルモンバランスを整える

髪が細くなってきたと感じたら、日頃の過ごし方について振り返ってみてください。

規則正しいリズムで生活できていますか。

十分な睡眠が確保できているか、偏った食事になっていないかを見直してみてください。

もし、寝不足が続いている、インスタントやファストフードの食事が続いているということであれば、きちんと生活リズムを整え、栄養バランスのとれた食事をとるように生活全体を改善していきましょう。

日々の過ごし方を改善すれば、ホルモンバランスが改善し、健康な髪が生えやすくなります。

正しいヘアケアで頭皮の状態を改善

健康で丈夫な髪を育てるためには、土台となる頭皮の状態を整えることも必須です。

悪い土壌では草花が育たないのと同じように、髪の毛も頭皮が健康でなければうまく生えることができません。

しっかり毛根に栄養が届くように、血行が良く、程よい柔らかさと弾力のある青白い頭皮を目指しましょう。

そのためには、日頃のシャンプーでしっかりと頭皮の汚れを落とすことが大切です。

また、頭皮を優しくマッサージして、血行不良にならないようにしておきましょう。

そして、頭皮が乾燥している場合は、保湿ローションを活用し、頭皮の潤いを保つことも大切です。

スカルプDボーテ公式サイトの注目ランキング
スカルプDボーテ公式サイトの注目ランキング
スカルプD公式サイトの注目ランキング
スカルプD公式サイトの注目ランキング

(まとめ)細い髪は脱毛しやすい?

1. 痩せ細ってしまった髪は、脱毛しやすい可能性があります

年齢とともに細くなった髪の場合は、頭皮環境の悪化により髪が弱っている可能性があるため、脱毛しやすいと考えられます。

そのまま放っておくと、薄毛になってしまうこともあるので注意しましょう。

髪が細くなったと感じたら、頭皮環境改善をして脱毛しないようにケアをすることが大切です。

2. 加齢に伴い、髪の太さなどの髪質が変化します

髪の太さは、もともと生まれ持った髪質によって決まります。

しかし、髪質は常に一定ではなく、パーマやカラーリング、ヘアダメージ、生活習慣やヘアケアによって左右されます。

また、女性の場合は、年齢に伴い女性ホルモンの量が変化するのも髪質が変わる一因です。

3. 細い髪が生えてくるのは、女性特有の薄毛の初期症状です

髪が細くなってしまうのは、女性ホルモンの減少が主な原因です。

女性ホルモンの減少を放っておくと、びまん性脱毛症になる可能性があるので注意しましょう。

細い髪になったと感じ始めたら、早めに対処することが大切です。

4. 健康で太い髪を育てる努力をしましょう

女性ホルモンの減少による細毛は、生活習慣の見直しやヘアケアで改善する可能性があります。

十分な睡眠時間を確保し、食生活にも気を配りましょう。

また、ストレスを溜めすぎないことも大切です。

ヘアケアでは、きちんとシャンプーで汚れを落とし、頭皮マッサージや頭皮ローションで頭皮環境を改善しましょう。

カーネーションのブレンドティーをプレゼント!

頭髪外来の医師が監修の元で開発された頭皮ケアシャンプー
女性用スカルプDで女性の薄毛を予防改善!