細くなった髪でも、対処すれば太くなる可能性があります


年齢とともにやせて細くなってしまった髪。

髪のボリュームが減ってしまって、スタイリングに苦労するという女性も多いのではないでしょうか。

女性の髪は、女性ホルモンが減少し始める30代後半になると、徐々に細くなってしまうことがあります。

女性ホルモンが少なくなるのは、誰にでも起こりうることですし、完全に髪が細くなるのを防ぐのは難しいでしょう。

とはいえ、細くなった髪を太くすることができないわけではありません。

頭皮環境を整え、女性ホルモンの分泌を必要以上に減らさないようにすれば、太くなる可能性があるのです。

髪が細くなる主な原因は、女性ホルモンの減少です

細くなった髪を太くする方法を紹介する前に、髪が細くなってしまう原因を知っておきましょう。

原因を知らなければ、改善する方法もわからないからです。

では、髪がやせる原因について見ていきましょう。

加齢により髪が細くなる主な原因

年齢を重ねるにつれて髪が細くなるのは、女性ホルモンが減少するからです。

女性ホルモンは、髪の毛の成長を促進する役割があり、十分に分泌されていれば、太くてコシやハリのあるつややかな髪が生えてきます。

ところが、女性ホルモンが減少すると髪の毛が正常に育たず、細く弱々しい髪が生えてきてしまうのです。

また、女性ホルモンが減ってしまうと、ヘアサイクルも乱れて、成長途中の髪が抜け、毛穴が休んでいる期間(休止期)が長くなります。

すると髪のボリュームが減り、地肌が透けて見えるようになってしまうこともあるので注意が必要です。

年齢に関係なく起こる髪やせの原因

髪が細くなる原因には以下のようなものもあります。

  • 血行不良
  • 栄養不足
  • 紫外線
  • 不規則な生活
  • ストレス

これらは年齢に関係なく髪を細く弱らせてしまう原因です。

また、どれかひとつが原因となるだけでなく、複合的に絡んでいることもあります。

太くて丈夫な髪を育てましょう


細くなってしまった髪を、元に戻すのは簡単なことではありませんし、時間もかかります。

しかし、対策をすれば徐々に太くすることができますので、諦めずに健康な太い髪を育てるようにケアしましょう。

ホルモンバランスを整えましょう

女性ホルモンは、非常に繊細で、日常のちょっとしたことで減少してしまいます。

減らさないためには、生活習慣を整え、規則正しい健康的な生活を意識しましょう。

また、食生活も大切です。

栄養バランスのとれた食事をとるように心がけましょう。

そして、ストレスも女性ホルモンを減らす大きな要因です。

自分なりに上手なストレスとの付き合い方について考えてみてください。

頭皮マッサージを実践しましょう

細毛の原因は、血行不良も大きな要因のひとつです。

特に女性は筋肉量が少ないので、血行不良に陥りやすいため、積極的に血行改善を行うようにしましょう。

頭皮に効果的なのは、頭皮マッサージです。

頭皮を指圧することで、血流改善が見込めます。

特別な道具も必要ありませんし、時間も1日5分程度と比較的簡単で続けやすいので、ぜひ実践してみてください。

もともと髪が細い人も諦めずに育毛に挑戦しましょう

髪の毛の太さは、遺伝的要素によって決まります。

そのため、生まれつき細毛の人の髪を太くするのは難しいのが現実です。

しかし、上述した細毛の原因にあてはまってしまうと、今よりもさらに細くなってしまい、より一層ボリュームが減ってしまいます。

そうならないためにも、髪がもともと細い人も、先程紹介した改善策を実践してみてください。

しっかりと対策をしておけば、キューティクルの整った美しい髪が育ちます。

キューティクルの整った髪は、たとえ細くても、ハリ、コシがあるので、スタイリング次第で見た目のボリュームをアップさせることも可能です。

「生まれつき髪が細いから…」という理由で諦める必要はありません。

大切なのは、健康な髪を育てることです。

(まとめ)細い髪を太くすることはできるの?

1. 細くなった髪でも、対処すれば太くなる可能性があります

加齢に伴い細くなってしまった髪でも、育毛ケアを実践すれば、太く健康な髪が生えてくる可能性があります。

健康な髪を育てるためにも、女性ホルモンの分泌を促進し、頭皮環境を整えていきましょう。

諦めず続けることが大切です。

2. 髪が細くなる主な原因は、女性ホルモンの減少です

細い髪が生えてくる原因はいくつもありますが、主な原因は女性ホルモンの減少だといわれています。

特に年齢が上がるにつれて髪が細くなったという場合は、女性ホルモンが原因の可能性が高いでしょう。

また、その他にも血行不良や栄養不足など、さまざまな要因が絡んでいる場合もあります。

3. 太くて丈夫な髪を育てましょう

髪を太くするためには、女性ホルモンのバランスを整えることが大切です。

生活リズムを整え、食生活の見直しを行いましょう。

また、髪の成長に必要な酸素や栄養素が毛根に行き渡るように、頭皮マッサージを毎日のケアに取り入れるのも効果的です。

4. もともと髪が細い人も諦めずに育毛に挑戦しましょう

髪の太さは、遺伝的要素によって決まります。

そのため、育毛をしても生まれ持った性質以上に太くするのは難しいでしょう。

とはいえ、細毛の人の髪がさらにやせてしまうと、髪全体のボリュームに大きく影響するので、今以上に細くならないように育毛ケアを実践するのがおすすめです。