無理に前髪を伸ばすと、かえって薄毛が強調されます


髪の量が少なく、細い髪質の場合、髪型を変えるのには勇気が必要かもしれません。

それでも、ちょっとした工夫で髪をボリュームアップさせる方法があります。

髪の量や質を気にする人のなかには、広い額や薄毛を隠すために、無理に前髪を伸ばす人もいるでしょう。

しかし、それは逆効果です。

髪の少ないからといって前髪を伸ばすと正面がスカスカの印象になり、それがかえって薄毛を強調することになってしまいます。

前髪を伸ばすなら、眉にかかる程度が良いでしょう。

男性の場合は、頭頂部の髪を短めにカットして、根元から軽く立たせるような短髪がおすすめです。

女性の場合は、髪が長いとその重さで下に引っ張れ、さらにボリュームが落ちてしまうため、ショートカットにしてトップにボリュームをもたせるような髪型がおすすめです。

また、徐々に髪が細く、少なくなっている人は、運動や食生活など生活習慣を見直すことが大切です。

運動によって、血行が良くなれば、頭皮への血行も良くなります。

そして、バランスの良い食事をすると、髪をつくる細胞に必要な栄養や酸素が運ばれるようになります。

髪型のアレンジを楽しみつつ、生活習慣を見直して、育毛につなげましょう。

細く少ない髪質の場合、頭頂部や分け目が目立つ髪型は避ける

髪のボリュームがないと、老けて見えたり、毎回同じ髪型になってしまったり、悩みも多いでしょう。

しかし、髪の量や質には個性があります。

自分の髪質にあった髪型を選んで、若々しさを取り戻しましょう。

まず、髪が薄くなりやすい部分は頭頂部です。

頭頂部の髪が長すぎると、薄さが余計に強調されてしまいます。

男性は、短髪にして爽やかな印象にすると良いでしょう。

女性も、ショートカットがおすすめです。

ロングヘアの人は、毛先をカールさせるなどアレンジして、目線が毛先にいくようにすると良いです。

また、分け目やつむじは外から見えやすく、薄毛が強調されるため、分け目をしっかりつけないようにしましょう。

薄毛を解消するアレンジ方法
  • 前髪は短め(額の広さを強調しないようにします)
  • 分け目を変える(分け目を変えると、髪の負担も減ります)
  • ヘアカラーをする(ナチュラルブラウンやダークブラウンなど、少し明るめの色にすると地肌の色との差が弱まります)
  • メガネやヘアバンド(小物を使うと、前髪の薄さが目立たなくなります)

血行不良を改善して、髪も体も元気にしましょう


髪の根元は、細い血管が何本もからみつき、それらの血管を通して必要な栄養や酸素が髪に運ばれています。

しかし、頭皮には筋肉がなく心臓より高い場所あるため、もともと血行が悪くなりやすい特徴があります。

さらに、「加齢」「ストレス」「運動不足」などによって血行不良が続くと、栄養や酸素がスムーズに運べず、薄毛や脱毛につながります。

加齢による変化は、誰にも避けることができません。

そこで、血行を良くするために最適なのが「有酸素運動」です。

有酸素運動とは、軽いジョギング、水泳、ウォーキングなど体に酸素を取り入れながら行う運動のことです。

ストレス解消にも役立ちます。

体の健康のためにも、有酸素運動を取り入れましょう。

運動が苦手という人は、正しい姿勢や腹式呼吸を意識してみましょう。

そうすることで、全身に酸素が行き渡るようになります。

正しい姿勢と呼吸のポイント

*猫背になると肺が小さくなるため、酸素が行き渡りません。

*早速、姿勢や呼吸を意識してみましょう。

  • 顎を引く
  • おへそのあたりに力を入れる
  • 鼻から息を吸い、口から履く

毎日の食事から髪に栄養を与える

髪に良い食材というと、わかめや昆布といった海藻類をイメージする人が多いでしょう。

しかし、それだけを食べても髪には役立ちません。

髪を健康に保つためには、栄養バランスの良い食事が大切です。

とくに、たんぱく質は最も重要な栄養素です。

なぜなら、髪の99%はたんぱく質からできているからです。

その他にも、たんぱく質は内臓や神経などあらゆる部位をつくっています。

もし、たんぱく質が不足すると、髪まで栄養が行き渡らず、髪が細くなったり、髪が生えにくくなったり、頭皮環境に悪影響です。

髪を健康に保つために、たんぱく質はもちろんその他の食材もまんべんなく食べましょう。

髪に欠かせない3大栄養素
  • たんぱく質(大豆製品、卵、ナッツ類、魚類、肉類など)
  • ビタミン類(緑黄色野菜、柑橘類、根菜類など)
  • ミネラル類(卵、牛肉、牡蠣、レバー、海藻類など)

(まとめ)細い&少ない髪質だと、前髪を伸ばす髪型が良いですか?

1. 無理に前髪を伸ばすと、かえって薄毛が強調されます

髪の少ない人が前髪を伸ばすと正面がスカスカになり、かえって薄毛を強調することになります。

前髪を伸ばすなら、眉にかかる程度が良いでしょう。

また、徐々に髪が少なくなっているという人は、生活習慣を見直すことが大切です。

2. 細く少ない髪質の場合、頭頂部や分け目が目立つ髪型は避ける

髪が薄くなりやすい部分は、頭頂部や分け目です。

頭頂部の髪を短くしたり分け目を変えたり、小物を使うなど工夫して自分に合う髪型を選びましょう。

ロングヘアの人は、毛先をカールさせて目線が毛先にいくようにするのがポイントです。

3. 血行不良を改善して、髪も体も元気にしましょう

頭皮は、もともと血行が悪くなりやすく、それが続けば、髪に必要な栄養や酸素がスムーズに運べず、薄毛や脱毛につながります。

血行を良くするために有酸素運動をしましょう。

運動が苦手な人は、まず正しい姿勢や腹式呼吸を意識して、全身に酸素が行き渡るようになります。

4. 毎日の食事から髪に栄養を与える

髪の99%はたんぱく質からできています。

もし、たんぱく質が不足すると、髪まで栄養が行き渡らず、髪が細くなったり、髪が生えにくくなったりします。

髪を健康に保つために、たんぱく質はもちろんその他の食材もまんべんなく食べましょう。


スカルプDボーテ公式サイトの注目ランキング
スカルプDボーテ公式サイトの
注目ランキング
男性におすすめのスカルプD公式サイトの注目商品
男性におすすめの
スカルプD公式サイトの注目商品



頭髪外来の医師が監修の元で開発された頭皮ケアシャンプー
女性用スカルプDで女性の薄毛を予防改善!