発毛の第一歩は邪魔する要因を知ることです


よくいわれる「抜け毛・薄毛の原因」がそのまま「発毛の阻害要素」というわけではありません。

たとえば洗髪を怠ると皮脂で毛穴が詰まり、抜け毛を誘発するといわれます。
しかし仮に毛穴に汚れが詰まっても、頭皮が健全であれば髪の毛はそれを押し出しながら生えてきてくれます。

むしろ毎朝シャンプーをする習慣は発毛を阻害する場合もあるほどです。
このように「発毛」という視点からそれを阻害している原因を洗い出してみましょう。

男性ホルモンの分泌と、それを抑えるはずの女性ホルモンの分泌低下は、いずれも発毛の障害となっています。

また偏った食生活や過激なダイエットは髪を作る素である栄養素を不足させ、発毛できない原因となります。

ストレス・喫煙・飲酒は血行を悪くし、これも毛母細胞へ栄養や酸素を運び込むのを妨げています。

睡眠不足も、髪の成長に必要な成長ホルモンの分泌を減少させる阻害要素です。
その他ヘアカラー、パーマなど、毛根にダメージを与えることも発毛を妨げる要素になっています。

こうした発毛の邪魔になる要因をひとつひとつ取り除いていくことで、自然な発毛を促すことができるのです。

ホルモンバランスの乱れ

発毛を阻害する要因としてまず挙げられるのが男性ホルモンです。

男性ホルモンの一種である「ジヒドロテストステロン(DHT)」は皮脂腺に働きかけて過剰な皮脂を分泌させ、毛母細胞が栄養分や酵素を受け取るのを邪魔しています。

女性の場合、体内に分泌されるエストロゲンという女性ホルモンの量が多いため、このテストテロンの活動を抑える役目を果たしています。

女性に髪のトラブルが少ないのはこの女性ホルモンのお陰です。
ところが出産や加齢の影響でこのエストロゲンの分泌が減少してしまうとストッパーが効かなくなります。

近年女性の抜け毛や薄毛が増加しているのは、加齢や出産という自然現象だけでなく、ストレスや生活習慣の乱れなどが女性ホルモンの分泌を阻害しているためです。

「男性ホルモンの増加」と「女性ホルモンの減少」、このふたつは表裏一体で発毛の阻害要素だといえます。

生活習慣の乱れ


不規則な生活・偏った食生活・ストレスや生活習慣の乱れといった、いわゆる現代病はホルモンバランスや自律神経の働きを乱します。

その結果、頭皮の血行が滞り、髪を成長させる毛乳頭や毛母細胞に栄養が行き届かず、発毛を阻害してしまうと考えられています。

食生活

ジャンクフードなど脂分や添加物の多い食品は頭皮に悪い影響を及ぼします。
野菜や海藻類の不足はホルモンバランスの乱れ、血行不良などを引き起こし、発毛の妨げになります。

過激なダイエットも髪を作る素となるたんぱく質や亜鉛などを不足させ、発毛が難しくなります。

飲酒

アルコールを分解するために髪の成長を促す栄養であるビタミンB群が大量に消費されてしまいます。

そのぶん頭皮の代謝が落ち、髪の成長が阻害されます。

睡眠不足

成長ホルモンが分泌される10時~夜中の2時の時間帯に睡眠をとらないと、髪の成長に非常に悪い影響を与えます。

運動不足

運動不足からくる血行不良、さらに肥満による皮脂の過剰分泌で頭皮環境が悪くなります。

ストレス

上に挙げた生活習慣の乱れを呼ぶのは「ストレス」から来るものが多く、ある意味ストレスこそ発毛を阻害する最大の要因だといえます。

ストレスによって血行が悪くなり、髪の毛の毛根部に必要な栄養が行き届かなくなり、発毛が邪魔されるという面もあります。

意外な要因にも注意

髪によいと思って行っていることが、結果として発毛の邪魔をしている場合もあります。

毎朝のシャンプーはさっぱりとした気分になりますが、地肌を紫外線などから守るために必要な皮脂まで落としてしまいます。

それどころか、夜の間汚れた皮脂が毛穴をふさいでしまうことは、夜中に行われる髪の修復や発毛を阻害してしまっています。

安価なシャンプーに使われている艶出しのシリコンにも気をつけましょう。
シリコンオイルそのものは問題ないのですが、頭皮に付着したシリコンが残ってしまうと毛穴が詰まってしまい、発毛に悪影響を与えます。

さらに血行をよくするための「頭皮マッサージ」ですが、ヘアブラシで頭皮をトントン叩いて刺激を与える方法はおすすめできません。

頭皮を傷つけてしまったり、余計なストレスを与えてしまったりするためむしろ逆効果になる場合もあります。

夏場、紫外線などから髪や頭皮を守るために帽子をかぶりますが、これも要注意です。

蒸れて皮脂が分泌され、雑菌が繁殖しやすくなることもあります。
血行の悪化はそのまま頭皮や髪の健康状態の悪化に繋がりますから、帽子の締め付けには注意が必要です。

(まとめ)女性の発毛を阻害している要因は何?

1.発毛の第一歩は邪魔する要因を知ること
  • 男性ホルモンの分泌とそれを抑える女性ホルモンの分泌低下
  • 偏った食生活や過激なダイエットによる栄養不足
  • ストレス・喫煙や飲酒による血行不良
  • 成長ホルモンの分泌を減少させる睡眠不足
  • その他ヘアカラー・パーマなど、まずは発毛を邪魔する要因を取り除いていきましょう。

2.ホルモンバランスの乱れ

男性ホルモンの一種「ジヒドロテストステロン(DHT)」は毛母細胞の活動を阻害します。
それを抑える女性ホルモンの分泌が減少すれば、男性ホルモンが活発になります。

「男性ホルモンの増加」と「女性ホルモンの減少」は表裏一体で発毛の阻害要素なのです。

3.生活習慣の乱れ

不規則な生活や・偏った食事・ストレスはホルモンバランスや自律神経の働きを乱し、発毛を阻害します。

  • 脂分や添加物の多い食生活
  • 過激なダイエットによるたんぱく質や亜鉛などの栄養不足
  • 飲酒によるビタミンB群の大量消費
  • 睡眠不足による成長ホルモンの低下
  • 運動不足からくる血行不良・肥満
4.意外な要因にも注意
    朝シャンは必要な皮脂まで落としてしまう
    シャンプーのシリコンオイルが毛穴をふさぐ
    頭皮を叩くマッサージは頭皮を傷つける
    帽子が血行を悪くする

など髪のためになると思って行っていることが、結果として発毛の邪魔をしている場合もあります。