シャンプーを使わないことが、頭皮改善につながる可能性も


毎日シャンプーしているのに、頭皮脂の多さが気になっている女性は多いと思います。

最近よく聞く水洗い・湯シャンといった髪の洗い方に興味を持っている人もいることでしょう。

現代人はシャンプー剤を使って毎日洗髪することが習慣になっていますが、髪や頭皮の健康のためには、それは必ずしも必要ではないようです。

お湯で洗い流すことで、1日分の汚れや皮脂は十分落とすことが可能だといわれています。

むしろ人によっては、毎日のシャンプー剤による洗髪で頭皮や髪にダメージを与えている可能性もあります。

シャンプーの強い洗浄成分によって本来必要な皮脂まで落としすぎた結果、頭皮が過剰に皮脂分泌をおこなう、ということもあるからです。

そこでシャンプー剤を使わず、水だけでしっかり頭皮と髪を洗う習慣により、頭皮の正常な皮脂分泌バランスを取り戻そう、というわけです。

湯だけの洗髪では、正しい方法や水の温度を知っておく必要があります。

個人の肌質や年齢による向き不向きもあるようです。

一気に切り替えるのではなく、シャンプー剤を使う日と、湯だけ洗髪の日をうまく組み合わせ、皮脂量を適切にコントロールして健康な頭皮を維持できるよう工夫していくのがよいでしょう。

洗いすぎでも頭皮の皮脂過剰は起こる可能性があります

頭皮も肌と同じように、洗髪して乾かした後はやや乾燥気味となり、天然の保護成分である皮脂が分泌されることで保湿されます。

現代では多くの人が毎日シャンプー剤を使用して洗髪し、皮脂を洗い流すのが常識のようになっています。

しかし女性は、男性に比べると皮脂の分泌量が少なめなので、仮に洗浄力の強いシャンプーを毎日使い続けると、頭皮が乾燥気味になってしまう可能性もあります。

強力なシャンプー剤によって毎日皮脂を取りすぎると、頭皮は自身を保護しようと、逆に過剰な皮脂を分泌する、というサイクルが生じることがあります。

その皮脂の過剰分泌のサイクルを断ち切るために、最近よく耳にするのが「水洗い」「湯シャン」といわれる洗髪の方法です。

シャンプー剤を使わず、水(湯)だけで頭皮と髪を洗う方法ですが、正しいやり方でおこなえば、日々の汚れや皮脂程度ならきちんと洗い流すことが可能のようです。

しかも頭皮の保護成分である皮脂を取りすぎることがないため、長く続けることで頭皮自体の過剰な皮脂分泌も治まり、ターンオーバーのリズムも整っていくといわれています。

ただし間違った方法ではかえって頭皮トラブルを招く恐れもあります。
またトライしてからすぐに期待する効果が現れるとは限りません。

頭皮のターンオーバーのリズムや皮脂分泌の量がバランスよく整うまでには、3ヶ月から半年はかかるともいわれています。

それでも毎日シャンプー剤を使ってシャンプーすることへの疑問や悩みを抱えている人には、チャレンジしてみる価値はありそうです。

ぬるめのお湯で汚れや皮脂は落とすことができます


「水洗い」というと、冷水で洗髪をするイメージかもしれませんが、実際に汚れをしっかり落とすためには、ぬるま湯が適しています。

冷たい水を頭皮にかけることには、引き締めや血行促進の効果があるといわれているので、洗髪の仕上げにおこなうとよいでしょう。

日本人が日常的にシャンプー剤を使うようになったのは、そんなに古い時代のことではありません。

明治時代には、お湯や水で髪を洗うのが一般的でした。

家庭風呂も普及しておらず、湯を沸かすのもたいへんで、シャワーなどない時代に、女性の洗髪はさぞかし手間がかかったことと想像されます。

その時代に戻る、ということではありませんが、清潔を保ちながら本来の皮膚の力を取り戻すために、シャンプー剤を使わない洗髪には期待できそうです。

シャンプーにはさまざまな洗浄成分の種類があり、中でも「ラウリル硫酸」「ラウレス硫酸」「スルホン酸」などを含む高級アルコール系といわれる成分は、洗浄力が高く、とくに頭皮トラブルや乾燥感を生むこともあります。

シャンプー剤を使うなら、「メチルアラニン」「メチルタウリン」「ココイル」「ベタイン」などを成分とするアミノ酸系シャンプーが頭皮に優しく、皮脂を適度に保持してくれるのでおすすめです。

水洗いだけの洗髪にする前に、まずは自宅のシャンプーの洗浄成分を確認し、洗浄力が強すぎないかどうかもみてみるとよいでしょう。

お湯だけシャンプーの効果的な方法

お湯だけで洗髪をする場合は、次のようなステップでおこなうのがおすすめです。

洗髪前に、ヘアブラシで丁寧に髪をとかす

こうすることで髪についたほこりやゴミが取れ、頭皮の皮脂が浮き上がり、より汚れも落ちやすくなります。

お湯の温度は38度程度がおすすめ

40度を超える湯は、皮脂を洗い流す洗浄力がシャンプー剤に匹敵するというデータもあるようです。

熱い湯は避け、38度程度のぬるま湯に設定して洗髪しましょう。

5分程度の時間をかけて、丁寧に洗う

シャンプー剤を使う工程がないと、意外に短時間で洗髪を終了してしまいそうになるかもしれません。

しかしシャンプー剤を使う工程がなく、泡立てたり洗い流したりする作業がなくても、「頭皮を洗っている」という自覚のもとに5分程度は時間をかけることが大切です。

シャワーを当てて髪をかき分けながら、頭皮をマッサージするように指を動かしていきます。

シャンプーの泡がなくても、最後はしっかり泡を洗い流すような感覚で頭部全体を洗いましょう。

生え際まで気をつけて洗い上がりをすっきり

女性の場合、一般的には、耳の後ろから首筋に近い部分の頭皮に、シャンプーやコンディショナーの洗い残しが多いといわれています。

髪が長いと、どうしてもその周辺に汚れがたまったり、洗い残してしまったりということになりがちなのかもしれません。

水洗いシャンプーの場合にも、とくに気をつけて最後にシャワーを当てるとよいでしょう。

冷水の使用は洗髪ではなく頭皮の引き締めや血行改善に


洗髪自体を冷水でおこなう人がいるようですが、最初から冷たい水を使って髪を洗うのはおすすめできません。

冷たい水では皮脂はゆるまず汚れは頭皮や髪に残り、すっきり洗い上げることが難しくなります。

洗髪はあくまでもお湯でおこない、仕上げとして冷水を用いると、頭皮の血行促進に効果が期待できます。

洗顔の最後に、冷水で肌を引き締めるのと同じ感覚です。

ぬるま湯で汚れをしっかり洗い流した後、冷たい水に切り替え、なるべく地肌に当たるようにシャワーをかけましょう。

あまり長い時間をかけず、短時間で終わらせることがコツです。

血行改善の効果が期待できますが、体を冷やしてしまっては逆効果です。

女性に冷えは大敵ですから、頭皮の血行促進の方法として、冷水を浴びる以外に、マッサージや頭皮ローションなどを試してみるのもよいでしょう。

最近では、女性専用の頭皮ローションも登場しており、頭皮の血行促進や育毛、健康な頭皮を維持できる成分が配合されているそうです。

お湯だけシャンプーは自分に合ったペースでおこないましょう

皮脂を取りすぎないお湯だけシャンプーには、健康な頭皮を維持する効果が期待できそうですが、人によって向き不向きもあるようです。

ライフステージや体のリズムに応じた活用を

頭皮の皮脂分泌は肌同様、年齢を重ねるにつれて減少気味になるのが一般的です。

10代・20代の時期、あるいは毎日人と接する仕事をしている場合には、水洗いシャンプーだけで毎日を過ごすことにムリがある場合もあるでしょう。

体の代謝がよく、盛んに皮脂も分泌される若い世代では、「ネットで評判だから」とか「友達がやっているから」とかいう理由でまねをするだけでなく、試してみて自分の頭皮や髪をしっかり観察してみることも大切です。

40代、50代くらいになると、水洗いシャンプーを続けることで頭皮の乾燥や皮脂過剰が収まり健康な頭皮にシフトできた、という声も多いようです。

また女性の場合、生理前には皮脂分泌が盛んになる傾向もあるようですので、そのような体の変化にも注意してみましょう。

シャンプー剤と水洗いシャンプーを併用する

年齢や体のリズムに合わせて気持ちよく水洗いシャンプーを続けるためには、必要に応じてシャンプー剤を使った洗髪を組み込むのがよいでしょう。

最初は、1日おきに、シャンプー・水洗い・シャンプー・水洗い・・というようにすすめていくと、シャンプー剤を使わない違和感を減らすことができます。

慣れたら、2日おき、3日おきなどと間隔を広げていくこともできます。

また生理前や生理中など自分の体臭が気になる時期にはシャンプーを使うなど、自分なりのスタイルを自由に設定しながら、水洗いシャンプーを続けてください。

なお水洗いシャンプーを試す中で、フケやかゆみが強まるなど頭皮トラブルが生じた場合は、皮膚科など専門医を受診しましょう。

(まとめ)水洗いシャンプーを続ければ、過剰な頭皮脂分泌は治まる?

1. シャンプーを使わないことが、頭皮改善につながる可能性も

お湯で洗い流すことで、1日分の汚れや皮脂は十分落とすことが可能だといわれています。

ただし向き不向きもあることから、ライフスタイルに応じてシャンプー剤を使う日と水だけ洗髪の日をうまく組み合わせるなど、工夫していくのがよいでしょう。

2. 洗いすぎでも頭皮の皮脂過剰は起こる可能性があります

強力なシャンプー剤によって毎日皮脂を取りすぎると、頭皮は自分自身を保護しようと逆に過剰な皮脂を分泌する、というサイクルが生じることがあります。

その皮脂の過剰分泌のサイクルを断ち切るために、最近よく耳にするのが「水洗い」「湯シャン」といわれる洗髪の方法です。

3. ぬるめのお湯で汚れや皮脂は落とすことができます

「水洗い」というと、冷水で洗髪をするイメージかもしれませんが、実際に汚れをしっかり落とすためには、ぬるま湯が適しています。

冷たい水は引き締めや血行促進の効果があるといわれているので、洗髪の仕上げにおこなうとよいでしょう。

4. お湯だけシャンプーの効果的な方法

お湯だけで洗髪をする場合は、次のようなステップでおこなうのがおすすめです。

・洗髪前に、ヘアブラシで丁寧に髪をとかす

・お湯の温度は38度程度がおすすめ

・5分程度の時間をかけて、丁寧に洗う

・生え際まで気をつけて洗い上がりをすっきり

5. 冷水の使用は洗髪ではなく頭皮の引き締めや血行改善に

洗髪はあくまでもお湯でおこない、仕上げとして冷水を用いると、頭皮の血行促進に効果が期待できます。

ぬるま湯で汚れをしっかり洗い流した後、冷たい水に切り替え、なるべく地肌に当たるようにシャワーをかけましょう。

6. お湯だけシャンプーは自分に合ったペースでおこないましょう

皮脂を取りすぎないお湯だけシャンプーは、人によって向き不向きもあるようです。

年齢や体のリズムに合わせて気持ちよく水洗いシャンプーを続けるためには、必要に応じてシャンプー剤を使った洗髪を組み込むのがよいでしょう。