はい、常在菌が作る皮脂膜が頭皮の健康を守っています


人間の頭皮には「皮膚常在菌」と呼ばれる何種類もの細菌が存在しています。

細菌といわれると体に悪いもののように思えますが、腸内細菌に善玉と悪玉があるように、頭皮に存在する菌にも健康に役立つ善玉菌と悪さをする悪玉菌があります。

たとえば代表的な善玉菌である表皮ブドウ球菌。

肌の保湿や外敵から頭皮を守る「皮脂膜」を作るという重要な役割を果たしています。

基本的には余分な皮脂やフケを消化し、新陳代謝を促してくれるのが皮膚常在菌です。

ただしそれは頭皮が正常な状態であった場合の話。

なんらかの理由、たとえばシャンプーをしすぎて善玉菌である表皮ブドウ球菌が減ってしまうと、悪玉菌が増殖し、体内に侵入して炎症などのトラブルを起こします。

さらに皮脂膜の保護能力が弱って頭皮が乾燥状態となります。

乾燥した頭皮は潤いを補おうとして皮脂を過剰に分泌し、フケやかゆみが発生します。

だからといって頭皮を不潔にして皮脂が増えすぎると、今度は善玉菌であったはずのマラセチア真菌などが増えすぎて悪玉菌の働きをしてしまいます。

毛髪の成長サイクルを乱したり、フケやニオイを生み出したりするなど、頭皮トラブルを起こすのです。

常在菌は減らしすぎず、増やしすぎず。

適度な皮脂量を保ち、皮膚常在菌のバランスを考えた頭皮ケアをすることが、頭皮の健康に役立ちます。

常在菌は皮脂を分解して皮脂膜を作り出します

人間の頭皮は「皮脂膜」に覆われて、乾燥や雑菌などから守られています。

皮脂膜とは皮脂と汗からできた保護クリームのようなもの。

そして、この皮脂膜を作るのに欠かせないのが皮膚常在菌です。

頭皮の皮脂腺から分泌された皮脂は、毛穴や皮膚に棲む常在菌のエサとなることで脂肪酸とグリセリンに分解されます。

そして汗や古くなった角質細胞などと混ざって乳液状になり、頭皮全体にいきわたり、皮脂膜を作り出します。

こうして作られた皮脂膜には、いくつもの役割があります。

・頭皮の乾燥防止

頭皮や髪を覆い、必要以上に水分が蒸発しないように保護します。

・過剰な水分吸収を防止

髪は、水分を吸収しすぎると弱ってしまいます。

油性の皮脂が、水分をはじくことで、頭皮や髪に必要以上の水分が浸入しないように防いでいます。

・外気温の変化や紫外線から頭皮を保護する

皮脂は熱伝導力が弱いため、激しい暑さ・寒さ・また紫外線の刺激から頭皮や髪を守る効果があります。

・頭皮を弱酸性に保つ

常在菌の分泌する脂肪酸によって、皮膚表面が弱酸性に保たれ、アルカリ性で繁殖する黄色ブドウ球菌やマラセチア真菌の侵入を防いでくれています。

常在菌によって作られた皮脂膜は、頭皮をさまざまな外敵から守る、いわば天然のバリアなのです。

頭皮には善玉菌と悪玉菌が混在しています


人体の表面には200種類以上の皮膚常在菌が生息していて、その数は多いところで、1 cm2あたり10万個以上といわれています。

頭皮は髪が密生して温かく湿り気があるため、他の部位よりも常在菌が増殖しやすい場所です。

常在菌は大きくわけて人体の健康の役に立つ善玉菌と、害をもたらす悪玉菌に分類されます。

表皮ブドウ球菌

代表的な善玉菌です。

皮脂や汗をエサとして脂肪酸とグリセリンを作り出します。

脂肪酸が皮膚をpH 4.5~6.5の弱酸性の状態に保つことで、黄色ブドウ球菌の増殖を防ぎます。

また保湿効果のあるグリセリンが皮脂膜となって頭皮のバリア機能を果たします。

アクネ菌

ニキビの元凶として嫌われるアクネ菌ですが、普段は、表皮ブドウ球菌と同じように皮膚を弱酸性に保つ働きをしています。

皮脂をエサにプロピオン酸や脂肪酸を作り出し、皮膚表面を弱酸性に保ち、皮膚に付着する、病原性の強い細菌の増殖を抑える役割を担っています。

増殖しなければニキビの原因菌になりません。

しかし皮脂が過剰になると増殖し、炎症を引き起こしてニキビを作ってしまいます。

マラセチア真菌

真菌の一種で、不要になった角質を分解し、新陳代謝を高めてくれます。

排出する脂肪酸が肌を弱酸性に整えて、バクテリアなどから頭皮を守る役割を果たしています。

しかし皮脂が過剰になって活発化すると大量のフケやニオイの原因となります。

黄色ブドウ球菌

食中毒の原因にもなる、悪玉菌の代表です。

とはいえ皮膚表面に存在しているだけなら問題は起こりません。

しかしたとえば頭皮に傷があった場合、そこから体内に侵入し、炎症や化膿・かゆみなどを引き起こします。

皮膚がアルカリ性に傾くと増殖するという特徴があり、細菌感染症やアトピー性皮膚炎につながることもあります。

常在菌の繁殖は頭皮トラブルの原因になります

普段は、頭皮を守ってくれる常在菌ですが、その数が増えすぎたり減りすぎたりすると逆に頭皮トラブルを起こすという点がやっかいです。

顕著なのがマラセチア菌です。

通常、この菌は皮脂を食べて脂肪酸を排出し、その脂肪酸が頭皮を刺激して新陳代謝を活発にしてくれます。

しかしエサである皮脂の量が過剰になると、マラセチア菌が異常繁殖し、排出する脂肪酸も増えてしまうのです。

頭皮が刺激されすぎて毛髪の成長サイクルが乱れ、未熟なままの細胞が頭皮からはがれ、大量のフケが発生します。

増えすぎたマラセチア菌は頭皮のニオイ、抜け毛や脂漏性皮膚炎の原因になってしまうのです。

同様にアクネ菌も皮脂の分泌量が増えると異常繁殖して頭皮に炎症を起こします。

これまで頭皮を守っていたマラセチア菌やアクネ菌が、「悪玉菌」に早がわりしてしまうわけです。

常在菌は増えすぎることで頭皮トラブルを起こすこともあるのです。

常在菌の増殖は頭皮脂の分泌バランスで左右されます


前述したように、常在菌は一定のバランスを保っている限り頭皮の役に立ち、いわば、人体とは共存共栄の関係にある存在。

問題はその増殖率なのです。
そしてそこには、エサとなる皮脂の分泌が深く関係しています。

頭皮脂が増えすぎた場合

皮膚常在菌はフケや皮脂が増えすぎると異常繁殖してしまいます。

たとえば脂っこい食べ物や糖分を摂取しすぎて体脂肪が増えると、過剰になった脂肪分が体外に皮脂として排出されます。

またしばらく洗髪しない状態が続いたりすると頭皮に皮脂が残って毛穴に詰まります。

睡眠不足・蒸し暑い環境・喫煙・ストレスなども皮脂分泌を過剰にしてしまいます。

こうして頭皮の皮脂が増えると、マラセチア真菌やアクネ菌などが異常繁殖することになります。

頭皮脂が減りすぎた場合

逆に洗浄力の強いシャンプーを使ったり、1日に何度も洗髪したりして皮脂を奪いすぎると、皮脂膜を作っていた善玉菌まで流されてしまいます。

するとその後に分泌された皮脂を処理することができなくなり、結局は皮脂が過剰になってしまいます。

また皮脂が減ってさらに、皮膚を酸性に保っていた皮脂膜が減ることで、頭皮はアルカリ性に傾きます。

そのためアルカリ性を好む「黄色ブドウ球菌」など病原性の微生物の繁殖を促してしまいます。

こうした日常生活でのヘアケアや生活習慣によって、皮脂分泌が増えて常在菌が異常繁殖する可能性があるので注意が必要です。

常在菌とうまく付き合うための3つの注意点

善玉菌が活性化して、頭皮が天然のバリアである皮脂膜にきちんと覆われていれば、皮膚トラブルも起こりにくくなります。

皮脂膜を守るために、常在菌とうまく付き合うポイントを抑えておきましょう。

① 洗いすぎない

シャンプーで頭皮を洗うと、皮膚常在菌の90%以上が洗い流されるといいます。

約12時間経過すると再び元の状態に戻りますが、1日に何度もシャンプーをすると、頭皮に必要な表皮ブドウ球菌がまったくいない時間帯ができてしまいます。

過剰な洗髪は控え、洗髪は多くても1日に1回程度に、洗浄力の強すぎるシャンプーは避けましょう。

必要な皮脂を頭皮に残すためには、アミノ酸系のシャンプーでの洗髪がおすすめです。

悪玉菌は水で洗い流すことができるので、フケが増えてきた場合はまずお湯だけで頭皮をよく洗ってみましょう。

② 悪玉菌の繁殖を防ぐ

シャンプーやコンディショナー・整髪料の洗い残しは、悪玉菌の栄養源になってしまいます。

すすぎは時間をかけて丁寧に行うようにしましょう。

洗髪後にすぐに髪を乾かさず、頭皮に湿気が残ったままの状態でいると雑菌の繁殖が活発になります。

タオルドライだけでなくドライヤーでしっかり乾燥させることが大切です。

③ 食生活や睡眠・運動でコントロール

脂肪や糖分の多い食事は、皮脂分泌を増加させ、悪玉菌の繁殖を促します。

食事ではビタミン類やミネラルを摂取し、皮脂の余分な分泌を抑えましょう。

また適度な運動で汗を習慣的にかくことは新陳代謝を促し、皮脂や老廃物を効率的に外へ排出することにつながります。

十分な睡眠をとることで、自律神経が正常に働き、皮脂の分泌バランスを整えることになります。

こうしてみると、常在菌を正常に保つためにするべき対策は、頭皮を健康に保つためのスカルプケアとほとんど同じです。

つまり大切なのは頭皮を清潔に保ち、バランスのよい食事をとり、体も頭皮も健康でいることです。

そうすれば常在菌は、ほどよいバランスで頭皮の健康を守ってくれるのです。

(まとめ)頭皮脂や常在菌は頭皮にとって必要なもの?

1. はい、常在菌が作る皮脂膜が頭皮の健康を守っています

頭皮に棲む皮膚常在菌は、基本的には皮脂膜を作って肌の保湿を守り、余分な皮脂やフケを消化し、新陳代謝を促してくれる存在です。

ただし頭皮環境が悪化すると悪玉菌が増殖しトラブルを起こします。

常在菌を減らしすぎず、増やしすぎない頭皮ケアが必要です。

2. 常在菌は皮脂を分解して皮脂膜を作り出します

常在菌は頭皮の皮脂腺から分泌された皮脂をエサとして食べ、脂肪酸とグリセリンに分解します。

この働きで作られるのが「皮脂膜」です。

頭皮水分蒸発を防いだり、暑さ・寒さや紫外線から頭皮を守ったり、雑菌の繁殖を抑えるなど、頭皮を守るバリアです。

3. 頭皮には善玉菌と悪玉菌が混在しています

代表的な善玉菌は表皮ブドウ球菌。

皮脂をエサとして頭皮を守る皮脂膜を作り出し、雑菌の繁殖を防ぎます。

アクネ菌・マラセチア真菌なども通常は頭皮の健康の役に立つ善玉菌。

これに対して体内に侵入すると炎症や化膿を引き起こす黄色ブドウ球菌は、悪玉菌の代表です。

4. 常在菌の繁殖は頭皮トラブルの原因になります

頭皮を守ってくれるマラセチア菌やアクネ菌は、数が増えすぎると「悪玉菌」に早がわりしてしまい、逆に頭皮トラブルを起こします。

マラセチア菌が異常繁殖すると、大量のフケやニオイ、抜け毛や脂漏性皮膚炎の原因になり、アクネ菌もニキビの原因になります。

5. 常在菌の増殖は頭皮脂の分泌バランスで左右されます

食生活の乱れや、睡眠不足・蒸し暑い環境・喫煙・ストレスなどで頭皮脂が増えすぎると、皮脂をエサとする常在菌は異常繁殖してしまいます。

逆に過剰なシャンプーで皮脂を奪いすぎると、善玉菌まで流されて頭皮環境が悪化します。

6. 常在菌とうまく付き合うための3つの注意点

① 過剰な洗髪は控え、必要な皮脂まで洗いすぎない

② 洗髪後はドライヤーでしっかり乾燥し、悪玉菌の繁殖を防ぐ

③ 栄養バランスのとれた食事・適度な運動・十分な睡眠をとる

体と頭皮が健康であれば、皮脂と常在菌のほどよいバランスを保てます。