頭皮にベタつきなどのトラブルが起こるのは、毛穴の数が多いことが関係しています


ベタつきやニオイ、フケなどの頭皮トラブルが起こるのは、頭皮に毛穴が多いことが関係していると考えられます。

頭皮に存在する毛穴の数は10万個といわれており、それぞれの毛穴から皮脂が大量に分泌されれば、頭皮にベタつきなどのトラブルが起こります。

頭皮は環境や生活習慣に影響されやすいため、日頃から適切な頭皮ケアを心がけることが大切です。

頭皮の毛穴が問題を抱えていれば、頭皮そのものの環境が悪くなるだけでなく、髪の成長にも影響して抜け毛や薄毛などを引き起こすリスクが高まるでしょう。

毛穴の数が多い頭皮は、さまざまなトラブルを起こしやすいです

10万個というたくさんの数の毛穴が集まった頭皮は、トラブルを起こしやすい環境です。

頭皮や髪の主なトラブルには、次のような症状があります。

頭皮のベタつき

頭皮にベタつきが起こるのは、毛穴から過剰な皮脂が分泌されることが原因です。

頭皮から分泌される皮脂が増えてしまうのは、バランスの悪い食生活が大きく影響しています。

野菜をあまり食べず、肉や揚げ物ばかり好むような食生活を送っていると、頭皮の毛穴から必要以上に皮脂が分泌されやすくなります。

頭皮のニオイ

頭皮のニオイが気になる時は、頭皮に雑菌が増えている可能性があります。

毛穴の数が多い頭皮は適切なケアをしなければ、ニオイのもとになる雑菌が増えやすい環境です。

シャンプー後の自然乾燥や、頭皮が濡れたままの就寝が、頭皮の雑菌を増やす原因になります。

頭皮のフケ

頭皮のフケには乾性フケと脂性フケの2種類があります。

乾性フケは頭皮が乾燥して、水分が不足することで起こります。

頭皮に合わないシャンプーを使い続けていると、頭皮が乾燥してフケが出やすくなります。

脂性フケは、頭皮の皮脂が増えすぎると発生することがあります。

ほかには、マラセチア菌という頭皮の常在菌の異常繁殖が引き金となることもあります。

マラセチア菌は頭皮の皮脂をエサとしているため、毛穴から皮脂が出すぎると、マラセチア菌も必然的に増えることになります。

頭皮のかゆみ

頭皮にかゆみが起こるのは、シャンプーで落としきれなかったスタイリング剤や、大量の汗などが頭皮への刺激となっているケースが多いです。

アトピー性皮膚炎や接触性皮膚炎(かぶれ)の場合は、適切な治療が必要になります。

抜け毛が起こりやすくなる原因があります


頭皮の毛穴から生えた髪は、ヘアサイクルによって1日あたり50~100本ほどが抜け落ちていくといわれています。

抜けた髪の毛根を見ると、白く膨らんでいるのがわかりますが、これは寿命を迎えて自然に抜けた問題のない髪です。

しかし、ヘアサイクルの乱れによって抜けた髪の毛根は形が整っておらず、色も黒っぽくなっています。

ヘアサイクルが乱れると1日に抜ける髪の量が倍近くに増え、200本ほどが抜けてしまうことがあるのです。

抜け毛は男性ばかりの問題ではなく、女性が薄毛に悩むケースが増えているといわれています。

女性が薄毛になる主な原因には、次のようなものが挙げられます。

パーマやカラーリング

パーマ液やカラーリング剤には頭皮への刺激が強いものが多く、頭皮が敏感な人にとっては頭皮トラブルを引き起こす原因になります。

パーマやカラーリングをする頻度を少なくするか、頭皮への刺激が弱い薬剤を使うようにしましょう。

まとめ髪

お団子ヘアやポニーテールなど、髪をまとめるヘアスタイルが、薄毛の原因になるといわれています。

髪がヘアゴムなどによって毛包が強い力で引っ張られると、髪をつくる細胞の働きが悪くなります。

まとめ髪をする時は、頭皮に無理な力を与えないようにしましょう。

女性ホルモンの変化

出産をした後など、女性ホルモンのバランスに変化が起こると、薄毛になることがあります。

少しずつ髪が抜けて薄毛になるのではなく、一度に大量の髪が抜けることもあり、女性にとっては深刻な悩みとなります。

頭皮ケア用のシャンプーを使って、頭皮環境を整えてあげるのが効果的です。

頭皮のことを考えてシャンプーを選びましょう

頭皮は毛穴の数が多いことから、皮脂汚れによる頭皮トラブルが起こることがあります。

ただし、頭皮にある皮脂をごっそり洗い流してしまうのも、頭皮にとっては決してよいことではありません。

頭皮ケアに適しているシャンプーは、余分な皮脂をしっかりと取り除きながらも、頭皮に必要な潤いは残してくれるシャンプーです。

オーガニックシャンプー

食品や化粧品などで「オーガニック」と名のつくものは女性に人気がありますが、オーガニックシャンプーも同じく高い人気を集めています。

オーガニックシャンプーとは、農薬や化学肥料に頼らずに栽培された植物の成分を使ったシャンプーのことです。

自然由来の成分を使っているため頭皮にやさしく、安全性が高いという特徴があります。

オーガニックシャンプーの洗浄力は頭皮にやさしいため、皮脂を取りすぎることなく、不要な皮脂だけを洗い流すといわれています。

ただし、植物成分を抽出するために溶剤を使用したシャンプーもあるため、成分表示を確認した方が安心です。

アミノ酸系シャンプー

アミノ酸系シャンプーとは、洗浄成分である界面活性剤にアミノ酸を使用したシャンプーのことです。

人間の身体は60%の水分と、20%のタンパク質によって構成されています。

髪の主成分もタンパク質です。

タンパク質はアミノ酸からつくられているため、頭皮への刺激が少なく、頭皮環境を整える効果も期待できます。

アミノ酸系シャンプーも頭皮の潤いを残しながら、余分な皮脂や汚れはしっかりと洗い流してくれるといわれています。

シャンプーに含まれたアミノ酸には、髪を補修する効果が期待できるのです。

今までのシャンプー方法を見直してみましょう


毎日のように行うものだからこそ、シャンプーは正しいやり方を身につけましょう。

間違ったシャンプーのやり方は頭皮に負担を与え、さまざまな頭皮トラブルを招くことがあります。

シャンプーをするには、事前の準備が必要です。

頭皮を濡らす前に、ブラッシングをして髪のもつれや絡まりを直しましょう。

ブラッシングをせずにシャンプーをすると、髪に指が引っかかり、抜け毛が増える原因になります。

事前にブラッシングをすると、シャンプーをした時に頭皮や髪の汚れが落ちやすくなります。

髪の指通りがよくなったら、38℃前後のお湯で頭皮全体を濡らし、3分ほどすすぎをしましょう。

お湯の温度で毛穴が開いて汚れ落ちがよくなり、この後に使うシャンプーの泡立ちもよくなります。

すすぎが終わったら、手のひらでシャンプーを泡立てて、頭皮に乗せます。

頭皮の上でシャンプーを泡立ててしまうと、頭皮への刺激が強くなり、髪のキューティクルを傷める原因にもるのです。

しっかりと泡が立ったら、頭皮全体をマッサージするように洗ってください。

爪を立てないように気をつけながら、指の腹で頭皮を動かすようにすると効果的です。

泡で頭皮全体を洗い終わったら、お湯ですすぎをします。

頭皮に汚れやシャンプーの洗浄成分を残さないように、丁寧にすすぎをしましょう。

すすぎまで完了したら、タオルで頭皮と髪の水分を拭います。

髪をこすると髪が傷みやすくなるので、タオルを押さえつけるようにしながら、やさしく水分を取りましょう。

タオルドライをきちんとしておくと、ドライヤーを使う時間を短縮できるので、ドライヤーの熱によるダメージを軽減できます。

タオルドライの後は、ドライヤーで速やかに乾かしましょう。

生活のリズムを整えるのも頭皮ケアには大切なことです

頭皮環境と生活習慣には、密接な関係があります。

不規則な生活習慣を送っていると、頭皮環境が悪化して、健康な髪が育ちにくい頭皮になります。

生活習慣が頭皮環境に影響する理由は、ホルモンバランスの乱れが頭皮トラブルを招くことがわかっているからです。

不規則な生活習慣は、ホルモンバランスを乱す原因になります。

女性ホルモンのエストロゲンには、頭皮や髪のコラーゲンを増やし、髪の成長を促す働きがあります。

エストロゲンの分泌が減ってしまうと、次第に髪のボリュームが失われ、頭頂部や髪の分け目などの薄毛が目立つようになります。

特に睡眠は、頭皮と髪の健康にとって重要です。

就寝時間が遅かったり、睡眠時間が短かったりすると、髪のサイクルが乱れ、髪が生え変わるべき時期に新しい髪が育たなくなることがあります。

夜遅い時間までテレビを見たり、スマートフォンをいじったりする習慣は、髪の成長を妨げることになるのです。

エストロゲンを増やすには、睡眠時間をきちんと確保し、生活リズムを整える必要があります。

栄養バランスが偏った食事もエストロゲンの分泌を妨げることに繋がるので、食事の内容も見直してみましょう。

大豆に豊富に含まれている「イソフラボン」は、女性ホルモンに似た働きをするといわれています。

納豆、豆腐、油揚げ、豆乳など、大豆を使った食品は数多くあります。

大豆製品を食べると良質な植物性タンパク質を摂取できるので、肉や魚に頼りすぎることなく、体内にタンパク質を取り入れることができます。

身近な大豆製品を食生活に役立てて、髪を育てるための頭皮ケアをしていきましょう。

(まとめ)頭皮にある毛穴の数は10万個といわれており、日々たくさんの皮脂が毛穴から分泌されています。


皮脂は過剰に分泌されるとベタつきやニオイ、フケなどの頭皮トラブルの原因になりますが、皮脂を取りすぎても頭皮にとってはよくありません。

頭皮ケアに大切なのは、不要な皮脂を取り除き、必要な皮脂を残してあげることです。

洗浄力が強いシャンプーでは皮脂を洗いすぎてしまうので、オーガニックシャンプーやアミノ酸系シャンプーなどの、洗浄力がやさしいシャンプーをおすすめします。

規則正しい生活を送り、生活リズムを整えることも、頭皮環境の改善に繋がります。