頭皮に黒いニキビができるのは、毛穴に皮脂が詰まるのが原因です


頭皮に黒いニキビができるのは、毛穴に余分な皮脂が詰まってしまうことが原因です。

顔の肌と同じように、皮脂が増えすぎると頭皮の毛穴にも黒いニキビができることがあります。

頭皮は皮脂の分泌が最も多い場所なので、適切な頭皮ケアをしなければ、黒いニキビができやすい環境となります。

髪で覆われているため、頭皮の毛穴にできるニキビは蒸れて悪化しやすいという特徴があるのです。

顔にできるニキビよりも治りにくいといわれているため、適切な頭皮ケアを心がけるようにしましょう。

頭皮に黒いニキビができるのは毛穴に詰まった皮脂が原因です

頭皮に黒いニキビができてしまうのは、過剰に分泌された皮脂が毛穴に詰まってしまうのが原因です。

人間の身体で最も皮脂の分泌が多いのが頭皮だといわれています。

皮脂の分泌が過剰になると毛穴に皮脂や角質、老廃物などがたまり、黒いニキビになることがあるのです。

毛穴に汚れが詰まると皮脂の排出ができなくなり、毛穴にフタをするのと同じ状態になります。

頭皮の皮脂は常に分泌され続けているため、毛穴にどんどん皮脂がたまってしまい、ニキビの原因となるアクネ菌が増殖します。

頭皮の毛穴は顔の毛穴よりもサイズが大きいため、黒いニキビができると大きくなりやすいです。

髪で頭皮全体が覆われているので蒸れやすく、一度黒いニキビができると炎症がひどくなって痛みを感じることがあります。

また、ブラッシングの際にブラシの先が当たると黒いニキビを刺激してしまい、症状が悪化しやすくなるのです。

間違ったシャンプー方法や、頭皮に合わないシャンプーの使用も、頭皮の黒いニキビを悪化させる原因になります。

ニキビにはいくつかの種類があります


ニキビには黒いニキビのほかにも、いくつかの種類があります。

頭皮や顔にできるニキビは、症状の段階によって呼ばれ方が変わってきます。

コメド

ニキビの初期症状をコメドといいます。

見た目にはニキビができていることがわかりづらいですが、皮脂や汚れが毛穴に詰まっていて、頭皮の下ではニキビが進行しています。

白いニキビ

コメドから症状が進んだ状態が白いニキビです。

ふさがった毛穴に皮脂が詰まっており、1~3mmほどの突起になっています。

この段階でケアをすれば、重症化させる前に治すことができます。

黒いニキビ

黒いニキビは開いた毛穴に皮脂が詰まっている状態です。

ニキビが黒く見えるのは、皮脂が空気に触れて酸化し、変色したためです。

毛穴が開いているので、白いニキビよりも目立ちやすくなります。

赤いニキビ

黒いニキビが悪化すると、赤いニキビになります。

腫れて炎症が起きているので、毛穴が赤くなっています。

触ると痛みを感じることもあるのです。

黄色いニキビ

赤いニキビが化膿して膿を持つと、黄色いニキビに悪化します。

ニキビの最も重い状態で、毛穴に詰まった膿が外に出ようとするので痛みを感じます。

適切なケアをしないと、炎症が治まっても跡が残ることがあるため注意が必要です。

ターンオーバーの乱れも毛穴にニキビができる原因になります

皮脂の過剰な分泌意外にも、ターンオーバーの乱れが頭皮の毛穴のニキビを引き起こすことがあります。

ターンオーバーが正常に働くおかげで、頭皮や顔の肌などの皮膚は、古い角質を脱ぎ捨てて、新しい角質へ変わっていくのです。

皮膚は表皮、真皮、皮下組織に分かれており、このうち表皮は角質層、顆粒層、有棘層、基底層の4層にさらに分かれています。

ターンオーバーは、表皮の一番下にある基底層で作られた細胞が徐々に上に向かって押し上げられ、最後に垢となってはがれ落ちることで完了するのです。

頭皮のターンオーバーでは、古い細胞はフケとなって外に排出されます。

正常なターンオーバーは約28日周期となりますが、何らかの理由でターンオーバーが乱れると、周期は28日よりも短くなったり長くなったりします。

ターンオーバーの周期は短すぎても長すぎても皮膚にはよくないため、頭皮に起こるトラブルの多くもターンオーバーの乱れが関係していると考えられるのです。

ターンオーバーが短くなると細胞が栄養不足になって成熟できず、頭皮の保湿力が下がることがあります。

頭皮が乾燥していたり、カサカサとしたフケが増えたりしている時は、ターンオーバーの周期が短くなっている可能性があるのです。

また、ターンオーバーが長すぎると古い角質がなかなかはがれ落ちず、頭皮にごわつきを感じることがあります。

メラニンの排出もうまくいかなくなるため、頭皮にシミができやすくなるでしょう。

乱れた生活習慣やストレスが頭皮の毛穴のニキビを悪化させます


ニキビが悪化する原因はいくつか考えられますが、乱れた生活習慣やストレスがニキビを悪化させるといわれています。

特に偏った食事がニキビを悪化させるため、好きなものを好きなように食べるという食習慣は見直した方がよいでしょう。

脂肪たっぷりのこってりとした食事や、糖分が高い甘い食べ物などは、食べすぎると皮脂の分泌を増やし、頭皮の毛穴に皮脂が詰まる原因になります。

ジャンクフードやケーキ、スナック菓子ばかり口にしていると、ニキビが増えやすくなるので注意しましょう。

また、コーヒーや紅茶、緑茶などに含まれるカフェインは、皮膚の健康を保つビタミン類の吸収を阻害するといわれています。

お酒の飲みすぎも皮脂の分泌を刺激する原因になるため、適量を心がけましょう。

ストレスもターンオーバーの周期を狂わせ、ホルモンバランスを乱す原因になると考えられています。

女性ホルモンよりも男性ホルモンの方が活性化してしまうため、皮脂の分泌が増えて毛穴が詰まりやすくなります。

ストレスがたまっていると感じた時は、軽く身体を動かして心身のリフレッシュをはかりましょう。

身体を適度に動かすと頭皮の血行もよくなるので、血流に乗った栄養が頭皮に運ばれやすくなります。

頭皮の毛穴にニキビができると、薄毛を引き起こす可能性があります

頭皮の毛穴にニキビができると、髪が育たず薄毛になるという指摘があります。

ニキビが直接的に薄毛を引き起こすわけではありませんが、頭皮の雑菌を増やしたり、血行不良を起こしたりすることで、将来的に薄毛になる可能性が出てくるといわれています。

ニキビは頭皮トラブルとしては比較的多いものですが、たかがニキビと考えず、きちんとケアをすることが大切です。

頭皮の毛穴にニキビがあるのは、頭皮トラブルが進行している証拠といえます。

ニキビに気づいた時はなるべく指で触らないようにし、ニキビの症状がそれ以上悪化しないようにしましょう。

つい指で潰したくなるかもしれませんが、ニキビは潰しても治ることはありません。

豊かで美しい髪を育てるには、健やかな頭皮環境が必要です。

荒れた大地で花が咲かないように、頭皮が荒れていてはきれいな髪も育ちにくくなります。

シャンプーで頭皮の毛穴のニキビ対策をしましょう

頭皮の毛穴をすっきりさせるには、シャンプーで頭皮をケアしてニキビ対策をしましょう。

黒いニキビは毛穴に詰まった皮脂が酸化している状態なので、余分な皮脂を洗い流して清潔を保つことを心がけてみてください。

ニキビを改善するには洗浄力が強いシャンプーを使いたいと考えるかもしれませんが、洗浄力が強すぎるシャンプーは、かえって頭皮の皮脂を分泌させてしまうことがあります。

石油系や合成の界面活性剤が使われていない、頭皮への刺激が少ないシャンプーがおすすめです。

ノンシリコンシャンプーやアミノ酸系シャンプー、植物性由来成分が配合されたシャンプーなどは、頭皮の余分な皮脂を取り除きながらも、必要な潤いは残してくれるといわれています。

毛穴に詰まった皮脂を洗い流すには、シャンプーをよく泡立ててから洗うようにしましょう。

泡立てが不充分だと毛穴の汚れが落ちにくく、頭皮へ負担をかけてしまうことがあります。

爪で頭皮を傷つけないよう、指の腹を使ってやさしく洗い、ぬるま湯で泡をしっかりとすすぎましょう。

すすぎ残しがあると、頭皮に残った洗浄成分が刺激となって、ニキビを発生させたり、悪化させたりしてしまうことがあります。

シャンプーで頭皮ケアをする時は、次の点に気をつけましょう。

・洗浄力のやさしいシャンプーを使い、頭皮の皮脂を取りすぎないようにする
・シャンプーはよく泡立ててから使う
・すすぎはぬるま湯でしっかりと行う

最後はドライヤーで頭皮をよく乾かし、雑菌の繁殖を防ぎましょう。

頭皮の皮脂には大切な役割があります

頭皮に黒いニキビができたり、ベタつきやニオイが発生したりするのは、皮脂が過剰に分泌されたことが原因です。

しかし、皮脂は頭皮に悪影響を及ぼすだけのものではありません。

皮脂には頭皮を守るための、大切な役割があります。

皮脂の主成分はトリグリセリドという物質で、頭皮の表面で汗と混じり合って、皮脂膜となります。

皮脂膜が頭皮全体を覆うことで、水分の蒸発を防ぎ、頭皮の潤いを守っているのです。

トリグリセリドが頭皮の常在菌に分解されると、頭皮が弱酸性に傾きます。

弱酸性の頭皮では雑菌が繁殖しにくくなるため、頭皮環境が健康に保たれることになります。

皮脂が不足すると頭皮はアルカリ性になり、刺激に弱くなるので頭皮トラブルを起こすリスクが高まるのです。

湿疹やかぶれなどのかゆみが起きたり、ニキビや肌荒れなどの炎症が起きたりします。

皮脂は季節の変化や年齢によって、分泌量が変わってきます。

春から夏の暑い時期には皮脂量が増えやすく、秋から冬の寒くなる時期には皮脂量が減っていくのです。

季節に合わせた頭皮ケアも意識してみましょう。

(まとめ)頭皮にできた黒いニキビは、毛穴に詰まった皮脂が酸化している状態です。


毛穴に詰まった皮脂を取り除き、髪が育ちやすい環境に整えてあげる必要があります。

皮脂の分泌が過剰になっている時こそ、洗浄力がやさしいシャンプーで頭皮を洗うように心がけましょう。

強い洗浄力のシャンプーで頭皮を洗うと、皮脂の分泌がさらに進み、ニキビが悪化する恐れがあります。

皮脂には頭皮を守る大切な役割があるので、皮脂の取りすぎはさらなる頭皮トラブルを招きます。