頭皮の皮脂をケアするには、頭皮クレンジングが効果的といわれています


気になる頭皮の皮脂をケアするには、頭皮クレンジングをすると有効だといわれています。

メイクをした顔をクレンジングするように、皮脂で汚れた頭皮も定期的にクレンジングすると、頭皮環境の改善が期待できるのです。

頭皮の皮脂などに悩む女性が増えているというデータがあり、頭皮に関する悩みのトップ3に皮脂が挙げられているといいます。

頭皮の皮脂はベタつきやニオイ、フケなどの頭皮トラブルを招く原因となります。

皮脂が多いと感じたら早めに頭皮ケアをし、余分な皮脂を頭皮に残さないようにしましょう。

頭皮の皮脂をケアするには頭皮クレンジングを試してみましょう

頭皮の皮脂をケアするには、週に1~2度の頭皮クレンジングが効果的だといわれています。

毎日欠かさずシャンプーをしているつもりでも、毛穴に詰まった皮脂が落としきれず、想像以上に頭皮に汚れがたまっていることがあるのです。

こうした頑固な皮脂の汚れなどをすっきりと落とすには、ときどき頭皮クレンジングをして、頭皮を清潔に保ちましょう。

頭皮クレンジングを始める前に、ブラシで髪を丁寧にとかして、付着したホコリや汚れを浮き上がらせておくことをおすすめします。

ブラッシングには、頭皮クレンジングで使うオイルを浸透しやすくする狙いもあるのです。

また頭皮にもブラシの毛先を当てると、頭皮の血行が促進されて、頭皮環境の改善をサポートしてくれます。

頭皮を毛先で傷つけないよう、頭皮に合ったブラシを使うようにしましょう。

ナイロンや金属製などの硬いブラシよりも、柔らかい素材のブラシの方が適しています。

ブラッシングが終わったら、オイルを濡らした頭皮につけてください。

頭皮が濡れていると、オイルと混じり合って乳化するため、頭皮への浸透がよくなりますといいます。

500円玉大くらいの量を、頭皮にまんべんなくなじませましょう。

頭頂部からつけ始め、下の方へマッサージをするようにやさしく指を動かします。

頭皮クレンジングは毛穴の皮脂汚れなどを取り除くことが目的なので、あまり長い時間行う必要はありません。

頭皮全体にオイルがなじんだと感じたら、ぬるま湯でよくすすぎ、シャンプーで洗います。

ツボを意識した頭皮ケアが効果的です


頭皮クレンジングは指でマッサージするように行いますが、この時に頭のツボを意識して、頭皮ケアの効果を高めてみましょう。

人間の身体には660ものツボがあるといわれていますが、頭部にも多くのツボが集まっています。

ツボは身体にある異常が痛みとなって表れる場所で、刺激を与えることで血液やリンパの流れなどが活性化すると考えられているのです。

百会(ひゃくえ)

頭の頭頂部にあるのが、百会と呼ばれるツボです。

自律神経を促す働きがあるといわれており、疲労回復やストレス解消、抜け毛などを改善するといわれています。

太陽(たいよう)

太陽はこめかみ付近にあるツボで、眼精疲労を解消し、頭皮のコリを緩和して血行を促進してくれるといわれています。

頭痛に効くツボとしても知られているので、頭痛持ちの方にもおすすめです。

天柱(てんちゅう)

天柱はうなじの生え際付近にあるツボで、百会と同様に自律神経を整える働きがあると考えられています。

首から背中にかけての血行を改善する効果も期待できるため、デスクワークが多い人は天柱を意識するとよいでしょう。

風池(ふうち)

天柱より指1本分外側にあるツボが風池です。

他のツボと同じく血行を促進する効果があるとされています。

それぞれのツボは指の腹を使って、5秒間ほど押してあげてください。

5秒押したらいったん休み、再び5秒押すという動作を繰り返すと、マッサージ効果が高まるでしょう。

強い力で押せば効果が出るというものでもないので、力加減には注意が必要です。

頭皮クレンジングには、頭皮にやさしいオイルを選びましょう

頭皮クレンジングに使うオイルは、頭皮に刺激のないやさしい成分のものを選びましょう。

皮脂でベタついた頭皮にオイルを塗るのは抵抗があるかもしれませんが、適切な使い方をすれば、頭皮の水分と皮脂のバランスが整い、頭皮環境を改善することが期待できるのです。

頭皮専用のクレンジングオイルを使ってもよいですし、普段食用として使っているオイルの中にも、頭皮クレンジングに使えるものがあります。

自分の頭皮に合ったクレンジングオイルを見つけて、頭皮ケアをしましょう。

椿オイル

頭皮ケアに適したオイルとして有名なのが、椿オイルです。

皮脂などのしつこい汚れを落とし、頭皮が必要とする潤いは残して、髪にツヤを与えます。

馬油

馬油は皮膚へのなじみがよく、昔から日本人に愛用されているオイルのひとつです。

頭皮の血行を促進して毛根に栄養を送り、髪を育てる効果があるといわれています。

オリーブオイル

オリーブオイルは化粧用や食用のオイルとして、なじみの深いオイルです。

頭皮クレンジングに使用する場合は、化粧用のオリーブオイルを使った方が、頭皮への負担が少ないといわれています。

毛穴の皮脂汚れを落とし、頭皮環境を整える効果が望めるのです。

ホホバオイル

化粧用オイルとして人気の高いホホバオイルは、頭皮クレンジングとしても優秀です。

頭皮の皮脂汚れを落とすだけでなく、頭皮の保湿力を高めてくれる効果が期待できます。

使う量が多いとベタつきを感じることがあるので、少量ずつ使うようにしましょう。

頭皮の皮脂が増えすぎている時は、もみ出し洗いでシャンプーをしましょう


皮脂が過剰に分泌されている頭皮は敏感になっていることがあるため、やさしい洗浄成分のシャンプーを使いましょう。

育毛効果や頭皮ケア効果のあるシャンプーもおすすめです。

頭皮の皮脂が多い時は、毛穴にたくさんの皮脂汚れが詰まっている状態です。

指で頭皮を押し上げ、毛穴の中の皮脂汚れをもみ出すように洗うと、しつこい汚れが落ちやすくなります。

まず、ぬるま湯を頭皮全体にかけ、頭皮を適度に温めてください。

シャンプーを頭皮につけたら爪を立てないように両手でもみ込み、頭皮を寄せるように洗っていきます。

もみ出し洗いのコツは頭皮を指でこするのではなく、頭皮を頭蓋骨から滑らせるように洗うことです。

頭皮にたまった老廃物が排出され、皮脂によるベタつきが改善されていくでしょう。

皮脂を落としたいからといって、毎日のようにもみ出し洗いをするのはおすすめできません。

頭皮の皮脂は摂りすぎてしまうと、かえって皮脂の分泌が増えてしまうことがあるからです。

実際に指で頭皮を触って皮脂の状態を確認しながら、週に1度を目安に行うようにしましょう。

頭皮の皮脂が増えてしまう原因を知りましょう

頭皮が皮脂でベタつくのは体質などの先天的な理由よりも、生活習慣などの後天的な理由が影響していると考えられています。

皮脂が多くて悩んでいる方は普段の生活習慣を振り返って、頭皮の皮脂を増やしている原因がないか探っていきましょう。

食生活による影響

頭皮の皮脂を増やしている原因として多いのが、バランスの悪い食生活です。

偏った食事が頭皮の皮脂バランスを狂わせ、ベタつきやニオイを招いてしまいます。

ジャンクフードや揚げ物、肉ばかりのメニュー、チョコレートやスナック菓子は適度であれば問題ありませんが、食べすぎると頭皮環境を乱すことになります。

脂分や糖分の多い食生活は、頭皮の皮脂を必要以上に増やし、抜け毛や薄毛の要因になると考えられるのです。

運動不足

意外かもしれませんが、運動不足も頭皮の皮脂を増やす原因として挙げられます。

正常な頭皮環境を保つには、頭皮の血行がよいことが条件ですが、運動不足になると頭皮の血行が悪くなり、皮脂が過剰に分泌されるといわれているのです。

頭皮の老化や免疫力の低下にも繋がるという指摘もされています。

頭皮に合わないシャンプー

頭皮に合わないシャンプーを使い続けていると、頭皮の皮脂が増えてしまうことがあります。

合成界面活性剤が使われているシャンプーは洗浄力が高いものが多く、頭皮に必要な皮脂も一緒に洗い流してしまうのです。

皮脂は不足すると過剰に分泌されるので、洗浄力が強すぎるシャンプーは頭皮の皮脂を増やす原因になります。

頭皮の皮脂がニオイの原因になります

頭皮の皮脂はケアを怠ってしまうと、酸化して嫌なニオイを発するようになります。

加齢臭というと男性に多いニオイというイメージがあるかもしれませんが、女性でも40歳を過ぎれば頭皮のニオイが出やすくなるといわれているのです。

皮脂には「 ヘキサデセン酸」という物質が含まれており、これが頭皮の常在菌に分解されることによって、ニオイを発するようになります。

年齢が若いうちは頭皮に余分な皮脂が残っていても、ニオイが出ることは少ないですが、年齢を重ねて女性ホルモンが減少するにつれ、頭皮のニオイが気になるようになるのです。

女性ホルモンが減ると、代わりに男性ホルモンが増えるために頭皮のニオイが強くなります。

また、頭皮の皮脂はフケやかゆみなどの頭皮トラブルを招くことがあります。

フケは乾燥した頭皮だけでなく、皮脂でベタついた頭皮でも発生するのです。

フケにはカサカサしたタイプのフケと、ベタベタしたタイプのフケの2種類があり、皮脂が多い頭皮では、ベタベタした脂っぽいフケが出るようになります。

(まとめ)頭皮の皮脂をケアするには、スペシャルケアとして週に1~2度の頭皮クレンジングをすると効果的です。


毛穴に詰まった余分な皮脂を取り除き、頭皮にハリや潤いをもたらしてくれるでしょう。

椿油や馬油などが、頭皮クレンジングに適しているといわれています。

頭皮にやさしい洗浄力のシャンプーを選び、頭皮に負担をかけないようにすることも大切です。

皮脂は取りすぎると過剰に分泌される性質があるため、シャンプーをしても頭皮が必要とする皮脂は残さなければなりません。

乱れた生活習慣が皮脂を過剰に分泌させる原因になるため、規則正しい生活を送るよう心がけていきましょう。