薄毛を予防するにはシャンプーの手順を見直して、頭皮ケアをしましょう


薄毛を予防するにはまず、普段のシャンプーの手順を見直すことから始めてみましょう。

多くの人が自己流のやり方で頭皮を洗っていますが、頭皮ケアの基本になるのはシャンプーの方法になります。

自分の頭皮がどのような状態なのかを知り、頭皮に負担をかけないシャンプーを選ぶことも大切です。

頭皮が健やかな状態を保てなければ、健康で美しい髪を育てることは難しく、薄毛などの頭皮トラブルを招くことに繋がります。

頭皮に合ったシャンプーを選び、正しいシャンプーの方法を実践して、薄毛を予防しましょう。

薄毛と女性ホルモンには関連性があるといわれています

薄毛になる原因はいろいろと考えられますが、女性の場合は女性ホルモンとの関連性が指摘されています。

女性ホルモンには「エストロゲン」と「プロゲステロン」の2種類があり、それぞれが異なった働きを持っています。

エストロゲン

卵胞ホルモンとも呼ばれているエストロゲンは、女性らしい身体をつくったり、排卵を促したりする働きを持っています。

髪や肌がハリやツヤを保てるのは、エストロゲンが新陳代謝を促してくれているからです。

プロゲステロン

黄体ホルモンとも呼ばれているプロゲステロンは、女性の妊娠に深く関わる女性ホルモンです。

皮脂の分泌を活性化するのも、プロゲステロンの働きによるものといわれています。

この2つの女性ホルモンのうち、髪の成長に関わっているのがエストロゲンです。

エストロゲンは髪が生え変わる周期を整えてくれるので、育毛の観点から見ても重要な役割を持つホルモンだといえます。

  • 髪が成長する時間を確保し、髪が育つのを助ける
  • ボリュームのある髪を育てる
  • 頭皮の血行を改善する
  • 免疫力を高める

女性ホルモンが正常に分泌されていれば、薄毛が起こる心配は少ないですが、何らかの理由によって女性ホルモンのバランスが乱れてしまうと、薄毛を誘発する可能性があります。

髪のツヤや潤いが次第に失われ、頭皮から抜け落ちやすくなるのです。

脱毛症が薄毛の原因になることがあります


薄毛というと男性特有の悩みというイメージが強いかもしれませんが、性別を問わず薄毛に悩む人は決して少なくありません。

女性はホルモンバランスの影響だけでなく、脱毛症によって薄毛が引き起こされるケースも指摘されています。

円形脱毛症

円形脱毛症はその名の通り、円形に脱毛するという症状です。

複数箇所にわたって毛が抜けてしまうことがあり、徐々に髪が抜けるというよりは一気に脱毛が起こります。

抜け毛が多いと感じた時は髪をかき分けて、薄毛になっているところがないか頭皮を確認してみましょう。

分娩後脱毛症

女性特有の薄毛の原因として知られているのが、出産をした女性に起こる分娩後脱毛症です。

妊娠中にお腹の赤ちゃんに栄養を取られてしまい、出産後に女性ホルモンの影響によって薄毛になるという症状になります。

牽引性脱毛症

特に髪が長い人に多いといわれているのが、牽引性脱毛症です。

ポニーテールなどをする時に髪が引っ張られてしまい、薄毛の原因になることがあるといわれています。

びまん性脱毛症

びまん性脱毛症も女性が薄毛になる原因の中では、割合が高くなっています。

円形脱毛症のように頭皮の一部に薄毛が起こるのではなく、頭皮全体の髪が薄くなるのが特徴です。

40歳を超えたあたりから、この症状に悩む人が増えるといわれています。

脂漏性脱毛症

頭皮のベタつきをケアしないでいると、脂漏性脱毛症を発症することがあります。

皮脂は頭皮を保護するためにある程度の量は必要ですが、過剰に分泌されてしまうと、頭皮トラブルの原因となります。

悪化すると脂漏性皮膚炎になってしまうこともあるので、日頃のケアが重要です。

薄毛を予防するためにシャンプーの手順を見直しましょう

薄毛を予防するためには、シャンプーの手順を見直してみる必要があります。

多くの人が誤った方法でシャンプーをしているために、頭皮に負担をかけ、薄毛の原因をつくっている可能性があります。

頭皮ケアの基本となるシャンプーを正しい手順で行い、健康な髪が育つ環境を目指しましょう。

ブラッシング

シャンプーをする前に、忘れずに実践して欲しいのがブラッシングです。

最初にブラッシングをしておくことで、頭皮や髪に付着した汚れが落ちやすくなり、シャンプーの泡立ちもよくなります。

髪の絡まりも改善されるので、髪に指が引っかかって毛が抜けるリスクも少なくなるのです。

また、ブラシの毛先により頭皮がマッサージされ、血行がよくなって頭皮に栄養が運ばれやすくなります。

頭皮の栄養不足が薄毛の原因になっている場合もあるため、ブラッシングをすると薄毛の予防対策に役立つのです。

ぬるま湯で洗う

ブラッシングが終わったら、38℃くらいのお湯で頭皮全体を洗いましょう。

シャンプーをつける前にぬるま湯で頭皮を洗うと、汚れの大部分を落とせるといわれています。

また、お湯の温度で毛穴が開き、毛穴に詰まった汚れも落ちやすくなります。

シャンプーでやさしく洗う

薄毛を防ぐには、シャンプーは頭皮で泡立てず、手で泡立ててから使いましょう。

泡がしっかり立ってから頭皮に乗せ、指の腹でやさしく洗っていきます。

頭皮をゴシゴシこすると薄毛の原因になるので、注意しましょう。

丁寧にすすぎをする

シャンプー後は頭皮全体をまんべんなくすすぎ、泡をしっかりと洗い流します。

すすぎ残しがあると毛穴に洗浄成分が残り、薄毛やニオイの原因になります。

最後はドライヤーで頭皮をよく乾かしましょう。

洗浄力がマイルドなシャンプーを選びましょう


薄毛を予防する頭皮ケアをするには、頭皮に負担をかけない、マイルドな洗浄力のシャンプーを選びましょう。

女性向けのシャンプーは非常に種類が多いため、どのシャンプーを選ぶべきか迷うことが多いかもしれません。

頭皮に合わないシャンプーが薄毛を引き起こすことも考えられるため、シャンプーは洗浄力のやさしさをポイントに選ぶとよいでしょう。

アミノ酸系シャンプー

洗浄力がマイルドなシャンプーとして有名なのが、アミノ酸系シャンプーです。

アミノ酸系シャンプーは洗浄成分にアミノ酸を使っているため、頭皮の皮脂を取りすぎる心配がありません。

育毛シャンプー

育毛と聞くと男性向けというイメージがあるかもしれませんが、女性向けの育毛シャンプーも充実してきています。

頭皮に女性ホルモンを与え、健康で豊かな髪が育つ頭皮環境をつくってくれるといわれています。

ノンシリコンシャンプー

市販のシャンプーに多いシリコンシャンプーは、シリコンで髪をコーティングすることによって髪の手触りを改善してくれる効果が期待できます。

しかし、シリコンが毛穴に詰まり、髪の生育を阻害して薄毛の原因になる恐れがあるのです。

ノンシリコンシャンプーにはシリコンが配合されていないため、薄毛対策に適しているといえます。

薄毛予防には育毛剤での頭皮ケアもおすすめです

薄毛予防には、女性用育毛剤を使った頭皮ケアもおすすめです。

頭皮の血行を促進したり、必要な栄養を送り届けたりと、髪が育つのをサポートしてくれます。

育毛剤を使う際は、次の点を踏まえながら頭皮ケアをしましょう。

育毛剤は頭皮につける

健康な髪を育てるのは、頭皮の役割です。

育毛剤を髪につけても、育毛剤の持つ効果を発揮することができません。

必ず頭皮に直接つけて、有効成分が浸透するようにしましょう。

育毛剤をつける際は、爪で頭皮を傷つけないようにすることも大切です。

頭皮が乾いた状態でつける

育毛剤は必ず、頭皮が乾いている時につけるようにしましょう。

つけた後は頭皮が湿った状態になるので、気になる時はドライヤーで乾かしてもよいでしょう。

ドライヤーで乾かしても、有効成分が逃げることはないといわれています。

スタイリング剤を使いたい時も、ドライヤーで頭皮を乾かしてから使用しましょう。

6ヶ月以上使用する

育毛剤は薄毛対策に効果的ですが、すぐに効果が実感できるというものではありません。

髪が生えるサイクルを考えると、最低でも6ヶ月以上は使い続ける必要があります。

日々の積み重ねが、薄毛の予防・改善に繋がります。

生活習慣の改善も薄毛予防に効果的といわれています

頭皮に合ったシャンプーや育毛剤を選び、正しいシャンプー方法を行っていても、生活習慣が乱れているのでは、思うような薄毛対策はできないでしょう。

不規則な生活習慣は頭皮環境を悪化させる原因になるので、普段から規則正しい生活を送るように心がけてみてください。

睡眠時間を確保する

睡眠が浅かったり、睡眠時間が少なかったりする生活が続くと、髪の成長に影響するといわれています。

眠っている間に分泌される成長ホルモンは、髪を育てる役割を担っています。

睡眠環境を整えて、成長ホルモンの分泌を促しましょう。

栄養バランスを考える

口に入る食べ物から、人間の身体はつくられているといわれています。

ジャンクフードや欠食などが多い食生活では、髪が育ちやすい頭皮環境には近づくことができません。

栄養バランスを考え、3食をしっかり食べるようにしましょう。

ストレスをためない

誰にでもストレスはあるものですが、こまめに解消してあげないと、自律神経が乱れて頭皮環境が悪化しやすくなります。

たかがストレスと考えずに、疲れを感じた時はゆっくり休んだり、趣味を楽しんだりしてストレスを手放しましょう。

(まとめ)薄毛を予防・改善するには、シャンプーの手順を見直して、正しい頭皮ケアを実践することが大切です。


洗浄力がマイルドなシャンプーを選び、頭皮に負担をかけないケアを続けることが、薄毛対策に繋がります。

女性用の育毛剤を使うと頭皮の血行が改善され、頭皮に栄養が行き渡りやすくなるので、より効果的です。

女性はホルモンバランスの変化などで、気づかないうちに薄毛になってしまうことがあります。

特に出産直後の女性はホルモンバランスが乱れやすく、薄毛に悩む人が増えるといわれています。

日頃の生活習慣を見直しながら、頭皮ケアをしていきましょう。