頭皮が日焼けしてフケが出た時は、洗浄力のやさしいシャンプーでケアしましょう


頭皮が日焼けしてフケが出ている時は、頭皮が敏感になっている状態です。

洗浄力のやさしいシャンプーを選んで、頭皮に負担をかけないようにケアしましょう。

シャンプーには高級アルコール系シャンプーや石鹸系シャンプーなど、さまざまな種類があるのです。

頭皮が日焼けしてフケが出ている時は、頭皮への刺激が少ないアミノ酸系シャンプーが適しています。

高級アルコール系シャンプーと石鹸系シャンプーは洗浄力が強いため、日焼けをした頭皮には刺激が強すぎる場合があります。

洗浄力が強いシャンプーでケアすると、頭皮の乾燥が進んでフケがさらに増える恐れもあるでしょう。

頭皮が日焼けした時は、その日のうちに患部を冷やしてケアしましょう

頭皮が日焼けをしてしまった時は、なるべく早いうちに日焼けした箇所を冷やしてあげることが大切です。

氷水や冷たいシャワーなどで日焼けした頭皮をよく冷やし、ほてりを鎮めてあげると、日焼けによって受けたダメージを癒やすことができるでしょう。

保冷剤をガーゼに包み、しばらく当てるのも効果的です。

ただし、冷やしすぎが頭皮への刺激となることもあるので、頭皮の感覚がなくなるほど冷やすことはやめておきましょう。

日焼けした頭皮は一刻も早く熱を取り、炎症を抑えることが重要です。

この最初の処置をしたかどうかによって、その後の頭皮の状態が変わってきます。

顔や身体の日焼けは気にしても、頭皮の日焼けはつい忘れてしまうことが多いものです。

しかし頭皮は太陽の光を垂直に受け止めてしまうため、最も紫外線によるダメージを受けやすい場所になっています。

特に髪の分け目の部分は頭皮が露出しているので、顔の3倍近くも日焼けしているという指摘もあります。

日焼けによる頭皮のダメージは、想像しているよりも深刻な事態を招くことがあるのです。

長時間強い紫外線を浴びることによって、頭皮の角質がはがれてしまい、乾燥したフケとなって頭皮から浮いてきたり、肩に落ちてきたりします。

ひどい日焼けになると炎症が重くなり、火傷のような状態になることもあります。

ここまで炎症が悪化すると、セルフケアだけで対処するのは難しいです。

日焼けした後の頭皮は乾燥して、かゆみが出ることがありますが、絶対に掻かないようにしましょう。

頭皮は常に皮脂が分泌されており、汗もかきやすい場所です。

掻いたところから雑菌が入る恐れがあるので、無意識に掻かないよう気をつけましょう。

日差しが強い日は頭皮が日焼けをしない工夫が必要です


頭皮の日焼けによる炎症やフケを防ぐには、頭皮が紫外線を直接浴びないような工夫が必要です。

頭皮の日焼けを防ぐ方法はいくつかあるので、自分に合う方法を見つけてみましょう。

日傘や帽子を使う

日焼けを防ぐ定番のアイテムといえば、日傘と帽子です。

日傘と帽子の両方を使うと日焼けを防ぐ効果がより高まりますが、どちらかを使うだけでも大幅に紫外線をカットできます。

日傘は紫外線防止効果のあるものを選ぶと、日焼けによるダメージを受ける心配がほぼなくなります。

帽子は通気性も考慮して選ぶと、頭皮が汗で蒸れることが少なくなるでしょう。

季節を問わず、外出をする際は頭皮が紫外線に当たらないようにすると、フケや炎症のリスクが減少します。

分け目を変えてみる

髪の生え方のクセなどにより、いつも同じ分け目にしている女性は多いものです。

しかし、分け目が同じだと集中的に紫外線を浴びてしまうので、定期的に分け目を変えると、日焼けによるダメージが重症化することもなくなります。

日焼け止めを使う

日焼け止め成分には刺激の強いものがあるため、使用する際はパッチテストなどで頭皮に合うか確認してから使うと安心です。

肌に使用する日焼け止めクリームでも紫外線は防げますが、頭皮には塗りにくいことがあります。

頭皮に塗るのであれば、スプレータイプの日焼け止めが便利です。

クリームやローションタイプの日焼け止めを使う場合は、しっかりと頭皮になじませましょう。

日焼けはDNAにダメージを与えるといわれています

頭皮が日焼けをするリスクは、フケや炎症が起こりやすくなるだけではありません。

紫外線は頭皮の深いところまで届き、知らず知らずのうちにDNAを傷つけてしまうといわれています。

今は何も症状が現れていなかったとしても、10年、20年と時が経った後で、思いがけない老化症状が表面化する可能性があるのです。

紫外線によって頭皮や皮膚が老化してしまうことを、「光老化」といいます。

光老化はシミやシワなどを誘発するほか、抜け毛や薄毛の原因になると考えられています。

たくさんの紫外線を浴びてしまったことにより、フケや日焼けの炎症だけにとどまらず、頭皮のコラーゲンが減少して老化が進んでしまうのです。

加齢による自然な老化とは異なり、紫外線による急激な変化がもたらされるため、髪の主成分となるタンパク質にも大きなダメージを与えます。

たとえ髪が生えたとしても、枝毛や切れ毛になりやすく、艶やかなコシのある髪とは程遠い不健康な髪質になってしまうこともあるのです。

日焼けでダメージを受けると頭皮のバリア機能である「皮脂膜」が酸化し、毛穴が炎症を起こして頭皮トラブルを起こす可能性が高くなります。

紫外線が頭皮の細胞を傷つけ、髪の生育を妨げるのです。

育毛剤には頭皮の血行を促進し、保湿力を高めて頭皮環境を整える作用があります。

日焼けで頭皮が乾燥し、フケっぽくなっている時は女性用育毛剤を使って保湿してあげましょう。

日焼けによる頭皮のダメージを修復するといわれる栄養素を摂りましょう


日焼けによる頭皮のダメージをケアするには、効果的とされる栄養素を摂って、身体の内側からケアするのもよい方法です。

頭皮ケアによいといわれる栄養素はいくつかあるので、食生活に取り入れて効率よく摂取しましょう。

ビタミンA

ビタミンAは皮膚の新陳代謝を促す働きがあるため、頭皮の古い角質が新しい角質に生まれ変わるサポートをしてくれます。

小松菜、ホウレン草、モロヘイヤなどの葉物野菜に多く含まれています。

ビタミンC

美容成分として有名なビタミンCは、口から摂取しても、もちろん効果が期待できます。

ビタミンCはコラーゲンの生成に関わるので、日焼けでコラーゲンが減少した頭皮には嬉しい栄養素です。

レモン、イチゴ、ブロッコリー、キャベツなどに多く含まれています。

ビタミンE

ビタミンEは、皮膚の抵抗力や保湿力を高めるといわれている栄養素です。

紫外線を防ぐ効果もあると考えられており、頭皮の日焼けケアには是非取り入れたい栄養素のひとつです。

ナッツ類や大豆、アボカドなどが多くのビタミンEを含んでいます。

タンパク質

タンパク質は皮膚や髪、血管、血液などをつくるもととなる重要な栄養素です。

頭皮の新陳代謝を正常に保つためにも、タンパク質の存在が欠かせません。

肉、魚、卵などに動物性タンパク質が、大豆などに植物性タンパク質が豊富に含まれています。

頭皮が日焼けしてフケが出ている時は、洗浄力がやさしいシャンプーがおすすめです

日焼けをしてフケが出ている頭皮は、いつもよりデリケートな状態になっています。

このような時は、洗浄力がやさしいシャンプーでケアしてあげましょう。

洗浄力がやさしいシャンプーの代表格は、アミノ酸系シャンプーです。

アミノ酸はタンパク質を構成する成分であるため、頭皮や髪との相性がよいです。

保湿力も高いので、日焼けで水分を失った頭皮をケアするには最適なシャンプーだといえます。

洗浄力がやさしいとはいえ、余分な皮脂や汚れを頭皮に残すことなく、しっかりと洗うこともできるといわれているのです。

一般的によく出回っているシャンプーの中には、洗浄力が強すぎるものが多々存在しています。

これらの多くは石油系の界面活性剤を使用しているため、頭皮の皮脂や汚れを落とす効果は高いのですが、頭皮を保護する皮脂までも洗い流してしまう恐れがあるでしょう。

シャンプーは洗浄成分である界面活性剤の違いによって、大きく異なります。

日焼けで敏感になっている頭皮は、アミノ酸の界面活性剤を使用したアミノ酸系シャンプーでケアしましょう。

頭皮に負担をかけないようにシャンプーをしましょう

頭皮ケアで大切なのは、頭皮に負担をかけないやり方でシャンプーをすることです。

シャンプーはただ髪を洗えばいいというものではなく、頭皮ケアを意識しながら洗うようにしてください。

髪を洗うというよりも、頭皮を洗うイメージでケアしましょう。

日焼けした頭皮はデリケートなので、指の腹を使ってやさしく洗いましょう。

頭皮に付着したフケを落とすために強くこすったり、爪を立てたりするのは厳禁です。

特に炎症を起こしている箇所があれば、刺激しないように気をつけましょう。

シャンプーで使うお湯の温度も注意を払いたいポイントです。

温度が低すぎると皮脂や汚れを落としにくくなりますが、温度が高すぎるお湯では頭皮に負担をかけてしまいます。

お湯は38~40℃くらいの温度に設定し、シャンプーはよく泡立ててから頭皮を洗いましょう。

シャンプーが終わったら洗浄成分が残らないよう、しっかりと頭皮全体をすすいでください。

タオルドライは頭皮をいたわるようにやさしく水気を拭き取り、ドライヤーできちんと乾かします。

(まとめ)頭皮が日焼けしてフケが気になる時は、洗浄成分がやさしいアミノ酸系シャンプーでケアするのがおすすめです。


日焼けした頭皮は乾燥してフケっぽくなりがちなので、保湿効果の高いアミノ酸系シャンプーが適しているといえます。

日焼けによるダメージは、後年になってから表れてくることがあります。

もし日焼けをした時はすぐにケアすることが大切ですが、何よりも頭皮が日焼けする状況をつくらないことが肝心です。

日傘や帽子などを使って、外出の際の紫外線に気を配りましょう。

食生活ではビタミンA、ビタミンC、ビタミンE、タンパク質の摂取を心がけると、身体の内側から頭皮ケアをすることができます。