脱毛症で処方される薬にも副作用があります


薬は人間の体に働きかけて効果を発揮させようとするものです。
ですからたとえ脱毛症に対して処方される薬であっても、副作用が絶対にないということはありません。

とくに脱毛症で処方されることが多く、副作用が心配されることの多い薬には、ステロイドが挙げられます。

しかしステロイド薬以外の脱毛症の薬にも、多かれ少なかれ、副作用が起こる可能性はあるのです。

脱毛症の薬には副作用があることを覚えておきましょう

脱毛症の治療は、基本的には塗り薬と飲み薬で行われます。
どのような薬であっても一定の副作用リスクがあるため、特徴を知っておくようにしましょう。

ステロイド

一般的な脱毛症の治療薬です。
塗り薬・飲み薬・点滴など、さまざまな形で利用されています。

ステロイドは免疫力を下げる薬なので、ウイルス性疾患や皮膚炎にかかりやすくなる恐れがあります。

また皮膚が縮まってしまったり、色が変わったりすることもあります。

ミノキシジル

血管を拡張させて血行を良くする薬です。
血管が広がることで低血圧になったり、皮脂分泌が活発になるなどの副作用が起こることがあります。

セファランチン

アレルギーを抑えて血行を良くする薬です。
気分が悪くなったり、食欲がなくなったりするなど、胃に副作用が出ることがあります。

また滅多にないものの、手足のしびれやめまいなどの重い副作用が出る場合もあります。

抗ヒスタミン剤

皮膚のかゆみなどを抑える働きがあります。
アトピーなどの疾患で脱毛が起こっている場合に効果があります。

しかし眠気やだるさなどの副作用が起こることがあるため、日常生活や仕事に支障が出てしまう恐れもあります。

比較的副作用が少なかったり、軽いとされている薬もあります


脱毛症の薬すべてに対して強い副作用があるというわけではありません。
重大な副作用が起こる可能性のあるものと、それほど大きな問題は起こらないと言われているものがあります。

ステロイド

ステロイドは、副作用の強い薬として知られています。
「なるべくならステロイドは使いたくない」と思っている人もいるかもしれません。

しかしステロイドは、円形脱毛症に一定の効果があると認められている薬です。
やみくもに避けるのではなく、正しい知識を身につけるようにしてください。

ステロイドは、確かに副作用が出る場合もある薬です。
しかしそれほど強くない外用薬などであれば、ほとんど問題なく使用することができます。

あまりに長期間使ったり、強いステロイドを使う時以外は、心配しすぎないようにしましょう。

局所免疫療法

これは、皮膚に特殊な薬を塗って、わざとかぶれさせることで免疫の働きを活発化させる治療方法です。

一定以上の効果があり、なおかつ副作用が少ないと言われています。

しかしまれにかゆみが出たり皮膚炎になってしまうこともあるため、医師の診察を受けながら行います。

何か起こったらすぐに医師に相談するようにしましょう

副作用は、もともとの症状以上に辛い状態に陥ってしまうこともある恐ろしいものです。
しかし副作用を恐れるあまり、適切な治療ができないというのでは本末転倒ですよね。

副作用に敏感になって情報を集めるのは、安心して治療を受けるために大切なことですが、気にし過ぎることがないようにしましょう。

どのような治療をするのかを決定するのは患者自身ですが、その方法について説明をしたり、判断をしてくれるのは担当の医師です。

どういう副作用があるのか、副作用が出てしまう可能性はどのくらいあるのかなど、治療前に不安なことはどんどん質問するようにしましょう。

また、薬を使用した後で辛い症状が出てしまった場合も、医師に相談して今後の治療方針を決定するようにしてください。
薬の副作用だろうと、そうでなかろうと、強い体調不良が起こった時は、即医師の診察を受けるようにしましょう。

ためらっているうちに症状が重くなってしまうこともあります。
何ごとも素人判断をしてしまわないことが大切です。

(まとめ)脱毛症の薬には副作用があるの?

1.脱毛症で処方される薬にも副作用があります

脱毛症で処方される薬の中で、特に副作用が心配されがちなのはステロイドです。

しかしステロイド以外の脱毛症の薬であっても、副作用が起こる可能性があります。

薬は、どんなものであっても副作用のリスクがあるのです。

2.脱毛症の薬には副作用があることを覚えておきましょう

脱毛症の治療に使われる薬には、どんなものでも一定の副作用リスクがあります。

免疫力を下げるために感染症のリスクが高まってしまうステロイドを始め、ミノキシジルやセファランチン、抗ヒスタミン剤などが脱毛症に使われる薬です。

3.比較的副作用が少なかったり、軽いとされている薬もあります

脱毛症の中には、ごく弱いステロイドや、局所免疫療法などのように、それほど副作用が強くない治療方法もあります。

もちろん副作用はゼロではありませんが、心配しすぎないようにしましょう。

4.何か起こったらすぐに医師に相談するようにしましょう

治療方法を決めるときは、不用意に不安になりすぎるのではなく、副作用が起こる確率やどのようなことが起こるのかといったことについて、医師から説明を聞きましょう。

また、体調に異変が起こったらすぐに医師に相談することが大切です。