自然治癒する脱毛症もあります


脱毛症の中には、様々な種類があり、その原因も多様です。

放っておいては絶対に治癒しない脱毛症もある一方で、自然治癒することが珍しくない脱毛症もあります。

自然治癒するものとしないものを知っておけば、いざ脱毛症が起こった時にも、正しい対処をすることができます。

髪が抜け始めた時に慌てないためにも、それぞれの違いについて知っておきましょう。

自然治癒するかどうかは、脱毛症の原因によって異なります

脱毛症には様々な原因があり、それぞれ、自然治癒するものとしないものがあります。

原因毎に、自然治癒するのかどうかについて考えてみましょう。

分娩後脱毛

分娩後脱毛は、出産後に一時的に抜け毛が増えてしまうものです。

これは妊娠、出産による女性ホルモンの分泌量の変化によって起こるものですから、1年ほど経てば自然と収まります。

季節による一時的な脱毛

秋は、誰であっても多少抜け毛が増えやすい時期だと言えます。

そのため、秋に起こった一時的な脱毛は、冬になるにつれて自然と減って行きます。

シャンプー等の刺激が原因の脱毛

頭皮に合わないシャンプーを使っていると、脱毛が起こります。

このような脱毛は、放っておいて治るものではありません。

むしろ、同じシャンプーを使い続けることによってどんどん症状が重くなってしまいます。

改善するためには、シャンプーやカラー剤など、脱毛の原因を特定して自分に合ったものに変更する必要があります。

加齢による脱毛

加齢による脱毛も、自然と体内年齢が若くなることがない以上、放っておけば進行するだけで、改善はしません。

自然治癒する脱毛症でも、他の原因とからみあうことで長期化することもあります


通常、脱毛が起こった原因が改善されれば脱毛症は治癒すると考えられます。

そのため、何もしなくても時が経てば原因がなくなる分娩後脱毛や季節による脱毛は、自然治癒することが多いのです。

しかし、これらの脱毛症も、他の脱毛原因が絡んでしまうと長期化する可能性があります。

ストレス

ストレスは、脱毛症の大きな原因であると言われています。

出産後に自分の時間が取れなくてイライラしてしまったり、年末に向けて仕事が忙しくなったなど、ストレスの原因が新たに発生してしまった場合、脱毛が治らないケースがあります。

また、中には脱毛自体がストレスになってしまうこともあります。

生活習慣の乱れ

栄養不足や睡眠不足、不規則でリズムの整わない生活などは、自律神経やホルモンバランスを崩して脱毛の原因となります。

家族が増えたり、季節が変わったりすることで生活が乱れてしまっていると感じたら、早めに改善を心がけましょう。

一度に全てを直そうとするのではなく、無理がないように少しずつ健康的な生活にシフトしていくのがおすすめです。

脱毛が気になり始めたら生活習慣を見直して病院にかかりましょう

脱毛が気になると感じたら、原因を突き止めて病院にかかることで早期解決を目指しましょう。

シャンプー環境を見直す

シャンプー剤を変えてから脱毛が起こったという場合や、髪を洗った後で頭が痒くなる場合は、シャンプーを変えてみましょう。

また、1日に2度以上髪を洗っていたり、長期間髪を洗わない生活を送っている場合は、1日から2日に1度の頻度を心がけるようにしてください。

食事のとり方を見直す

食事は、1日に3度、栄養バランス良いものを食べることが大切です。

まずは、ジャンクフードやお菓子類を控えるようにして、野菜、タンパク質、炭水化物、果物、乳製品など、幅広い食材を食べるようにしましょう。

女性ホルモンと似た働きをする、「大豆イソフラボン」を含む豆乳やお豆腐を食べるのもおすすめです。

病院に行く

分娩後脱毛やストレスによる円形脱毛症などで、ひどい脱毛が起こってしまった時は病院にかかりましょう。

専門医の診断を受けることで安心できますし、治療もしてもらえます。

ただし、女性ホルモンの投与は、やめたときにさらに脱毛が激しくなる場合があるので慎重に行ってください。

(まとめ)脱毛症は自然治癒することもあるの?

1.自然治癒する脱毛症もあります

脱毛症の中には、放っておけば自然に治癒するものもあれば、そうではないものもあります。

脱毛が起こった時に正しい対処ができるように、それぞれの違いについて知っておきましょう。

2.自然治癒するかどうかは、脱毛症の原因によって異なります

分娩後脱毛や、季節による一時的な抜け毛は、放っておけば自然に治癒するものです。

しかし、シャンプーなどの薬剤の刺激による脱毛や、加齢による脱毛は、そのままの生活を続けているとどんどん進行していってしまいます。

3.自然治癒する脱毛症でも、他の原因とからみあうことで長期化することもあります

自然に原因がなくなるタイプの脱毛症であっても、他の脱毛要因と絡んでしまうと、いつまでも治らずに脱毛が長期化してしまうことがあります。

ストレスや生活習慣の乱れに心当たりがある場合は、早めに改善しましょう。

4.脱毛が気になり始めたら生活習慣を見直して病院にかかりましょう

脱毛が気になった場合は、シャンプーを変えたり、食事の仕方を見直したりして改善を目指しましょう。

また、ひどい脱毛の場合は病院にかかるのも効果的です。

ただし、女性ホルモン投与は、やめた時に悪化するリスクがあるので慎重に行ってください。