脱毛症の治療方法は、病院で行うものと自宅で行うもののふたつがあります


脱毛症の治療方法には、病院で行う服薬や塗り薬、紫外線やドライアイスを使った刺激による治療など、病院で行う本格的な治療と、漢方薬の服用や生活習慣の見直しといった自宅で行う対処方法のふたつがあります。

脱毛症を治したい場合は、病院だけに頼るのではなく、自宅でのケアも行うようにしましょう。まずは自分の生活を見直してみることが脱毛症克服のための第一歩です。

病院ではさまざまな脱毛症の治療が受けられます

病院でできる脱毛症の治療には、いろいろな種類があります。
それぞれどのような治療なのか見てみましょう。

服薬治療

内服のステロイド剤や、血行を促進する薬、免疫力を抑える薬などが処方されます。

飲み薬は、他の薬との兼ね合いも大切になるため、風邪薬や胃腸薬などを飲みたい場合は医師に相談するようにしてください。

塗り薬

ステロイドの塗り薬などが処方されます。
塗り薬は皮膚科などでも比較的すぐに処方される薬です。

ドライアイス等

ドライアイスや液体窒素を使って、患部を冷やして刺激を与える治療法です。

ドライアイスなどを患部に当てるため、痛みがありますが、副作用などは少なく、効果的だと言われています。

紫外線

紫外線を患部に当てて刺激によって発毛を促す方法です。
保険適用外ですが、広い範囲で脱毛が起こっている場合などには効果があるとされています。

皮膚の炎症などの副作用が起こることもあります。

局所免疫療法

わざと皮膚にかぶれを起こした上で、免疫の力を利用して発毛を促進させる方法です。

副作用が少ないものの、治療に時間がかかったり、治療を終えてしまうとまた脱毛が起こることがあるなどの問題もあります。

どのような治療方法をとるかは、かかる医者によっても異なります。
医師からよく説明を聞いて納得した上で治療してもらうようにしましょう。

自宅では食事や睡眠、洗髪に気を配りましょう


病院で治療を受けていたとしても、普段の生活が乱れていては十分な効果を実感できないことがあります。生活習慣についても気を配るようにしましょう。

食事

女性ホルモンのバランスを整えるためには、大豆イソフラボンが含まれる食材を摂ったり、栄養バランスの良い食事を3度決まった時間に食べることが大切です。

野菜や果物、魚介類・炭水化物・乳製品などをバランス良く摂りましょう。

睡眠

睡眠は健康的な身体づくりの基本です。
髪の毛も眠っている間に成長するので、夜、まとまった睡眠時間を確保するようにしてください。

脱毛症の改善のためには、枕カバーやシーツなどの寝具を清潔にすることも大切です。

洗髪

髪の毛は、1日から2日に1度洗うようにしましょう。
シャンプーやリンスは、頭皮に残ってしまわないよう十分に洗い流してください。

またこの時に熱過ぎるお湯を使うと頭皮が乾燥してしまいます。
40度程度の温度のお湯で洗いましょう。

自分にあった治療を行いましょう

脱毛症の治療には、それぞれの人に合った方法があります。
治療法の特徴を知った上で選ぶようにしましょう。

保険適用外の治療と保険適用の治療

同じように頭皮に刺激を与える治療法でも、ドライアイスなどによる冷却は保険適用ですが、紫外線の刺激は保険適用外です。

また薬も、漢方薬などを用いる場合は保険の適用外になることもあります。
保険適用の治療にくらべて、保険適用外の治療は一般的に高額になります。

あまりお金をかけたくない場合は、保険適用の治療方法を選びましょう。

自宅でできるケアと病院でのケア

脱毛症の治療には長い時間がかかります。
病院にも、1度行って終わりではなく、定期的に通う必要があるでしょう。

仕事などが忙しくてなかなか継続して病院に通うことが出来ないという場合は、なるべく自宅でできる頭皮ケアなどを中心に対処していくのが望ましいと考えられます。

年齢

脱毛症の治療の中には、子供には適さないものもあります。
副作用の程度や受けられる年齢などを医師に良く聞いてから治療法を決定するようにしてください。

(まとめ)脱毛症の治療方法にはどんなものがある?

1.脱毛症の治療方法は、病院で行うものと自宅で行うもののふたつがあります

脱毛症の治療は、病院で行う治療と、自分で行う生活習慣の見直しなどの対処のふたつの方法があります。

病院に頼るだけではなく、自分でできる対処法を実践することも大切です。

2.病院では様々な脱毛症の治療が受けられます

病院では、服薬や塗り薬の処方、ドライアイスや紫外線による刺激、局所免疫療法など、様々な脱毛症治療を受けることができます。

治療を受ける場合は、医師から詳しい説明を聞くようにしましょう。

3.自宅では食事や睡眠、洗髪に気を配りましょう

病院の治療を受けるだけでなく、普段の生活にも気を配るようにしてください。栄養バランスのよい食事やまとまった睡眠、定期的な洗髪などが大切です。

髪を洗う時は、シャンプーやリンスの濯ぎ残しにも気を付けましょう。

4.自分にあった治療を行いましょう

脱毛症の治療は、方法によってかかる費用や労力が異なります。また治療法によっては、子供は受けられないものなどもあります。

それぞれの特徴を知った上で、自分に合った治療法を選びましょう。