症状がないと言われている円形脱毛症でも頭皮が痛いことがあります


加齢などによって起こる自然な脱毛とは違い、円形脱毛症は、ある日突然大量に髪が抜けるという病気です。

髪が抜け落ちる以外の症状は基本的に起こらないことが多く、自分では気づきにくいと言われています。

しかし円形脱毛症の中には、髪が抜ける時に頭皮が痒くなったり、痛くなったりするケースもあります。

円形脱毛症は、免疫異常やアレルギー、ストレスなどが原因で起こると言われていますが、はっきり原因がわからない場合も少なくありません。

痛みが出るかどうかも人によって異なるため、絶対に痛むわけではありませんが、中にはそういうケースもあるのです。

頭皮が痛む場合は皮膚トラブルが起こっている可能性があります

脱毛と共に頭皮が痛む場合は、頭皮に次のようなトラブルが起こっていないか確認してみましょう。

頭皮の炎症

アトピーや脂漏性皮膚炎などの炎症が頭皮に起こると、痒みや痛みなどが起こります。

最初は痒みだったものが、気付かないうちに掻き壊してしまって痛みに繋がるケースもあります。

髪の毛をかきわけて、頭皮に赤みなどがないかチェックしてみましょう。

頭皮のできもの

一部だけが強く痛む場合は、ニキビなどのできものができているかもしれません。

そっと指の腹で触って、盛り上がった部分がないかどうか探してみましょう。
できものがある場合は、髪を洗ったり結んだりする時に、引っ掻かないように気を付けてください。

頭皮の傷

頭皮に傷がある場合も、頭皮の痛みに繋がります。
頭皮の傷は、単純にどこかにぶつけたといった理由だけでできるものではありません。

痒みによって爪で引っ掻いてしまったり、髪を無理に抜いたことによって頭皮の傷ができることもあります。

また紫外線に当たることで頭皮が軽いやけどのような状態になることもあります。

乾燥で頭皮が痛むこともあるので保湿を心がけることが大切です


皮膚が乾燥すると、多くの場合、肌が荒れて痒みが起こります。
すると知らず知らずのうちに頭皮を掻いてしまい、炎症や痛みを伴う脱毛に発展してしまう恐れがあるのです。

そんなことにならないためにも、頭皮の保湿を心がけましょう。

ローションで保湿する

頭皮用ローションの他、顔用のローションを使うこともできます。
ただし、顔にするようにたっぷりつけて保湿しようとすると、髪の毛がべたべたになってしまいますから、スプレーなどに詰め替えて頭皮に馴染ませるようにしてください。

保湿成分の高いシャンプーを利用する

シャンプーとリンスは、洗浄力が高いものではなくて、保湿力が高いものを選びましょう。
頭が痒いからと、洗浄力の強いシャンプーを使っていると、余計に皮脂を洗い流して痒みに繋がってしまうことがあります。

女性のお肌に合った保湿力の高いシャンプーを選んでください。

ドライヤー前にオイル等で保護する

ドライヤーの高熱は頭皮の乾燥を引き起こします。

ヘアオイルやホホバオイル、ココナッツオイルなどを頭皮と髪に馴染ませて、ドライヤーの熱から守るようにしましょう。

ドライヤー前に使うヘアケア用品もおすすめです。

痛みが強い場合や長引く場合は医者に行きましょう

頭皮の痛みが長引き、脱毛症が治まらない場合は、頭皮に深刻なトラブルが起こっている可能性があります。

自己判断で解決しようとすると、却って悪化させてしまうこともあるため、皮膚科で専門的な治療を受けるようにしてください。

アトピー性皮膚炎

アトピー性皮膚炎は、大人になってから発症することもあります。
「アトピー体質ではない」と思いこまずに、皮膚科に行ってみて下さい。

アトピーは長く付き合わなければいけない疾患ですから、ひどくならないうちに正しい診断を受けることが大切です。

アレルギー症状

ハウスダストや花粉、ペット、食物などによるアレルギーも、ある日突然症状が出るものです。

病院で血液検査をすると、一体何にアレルギー反応が出ているのかということを確かめられます。

自分が避けるべきものを知るという意味でも、病院にかかる必要があります。

皮膚のただれ

皮膚が深刻な炎症を起こしている場合は、病院で処方される薬での治療が必要となります。
市販の薬は効き目が弱く、また適切な治療薬を選べない可能性もあるため、病院にかかりましょう。

(まとめ)脱毛症が原因で頭皮が痛い場合もあるの?

1.症状がないと言われている円形脱毛症でも頭皮が痛いことがあります

症状があまりないと言われている円形脱毛症ですが、髪が抜ける時に、頭皮に痒みや痛みを感じる場合もあります。

人によって症状の出方は違いますが、頭皮が痛んだと思ったら円形脱毛症になっていたということもあります。

2.頭皮が痛む場合は皮膚トラブルが起こっている可能性があります

頭皮が痛む場合の原因には、アトピーなどによる頭皮の炎症や、ニキビなどのできもの、頭皮の傷などが挙げられます。

頭皮は、紫外線に当たったり爪で掻いたりすることで簡単に傷ついてしまうのです。

3.乾燥で頭皮が痛むこともあるので保湿を心がけることが大切です

頭皮が乾燥すると、痒みから頭皮を掻いてしまって、痛みを伴う脱毛症に繋がることがあります。

そうならないために、ローションやオイル、保湿力の高いシャンプーなどで保湿を心がけるようにしましょう。

4.痛みが強い場合や長引く場合は医者に行きましょう

頭皮の痛みが長引く場合は、自分でどうにかしようと思わずに病院に行きましょう。

アトピー性皮膚炎やひどい炎症は、病院で適切な治療を受ける必要のあるものですし、血液検査をすることで自分のアレルゲンを知ることもできます。