頭皮環境を整え血行促進することにより、太く長い髪の毛を育成することが期待できます。また発毛剤と違い、髪の毛に栄養を与え抜け毛を防ぐ効果があります。


女性の育毛剤と発毛剤との違いについてご説明しています。薄毛のための育毛剤は、頭皮環境や血行を促進し、女性ホルモンをサポート、アミノ酸を配合することで、抜け毛を防ぎ薄毛を減らす効果が期待できます。また育毛剤の価格帯、副作用についても解説します。

育毛剤と発毛剤の違いは?

育毛剤と発毛剤は、目的が異なります。育毛剤は薄毛予防の効果、発毛剤は新しく髪の毛が生えてくる効果が期待できます。それぞれの違いについて詳しくご説明します。

育毛剤とは

育毛剤は、既に生えている髪の毛に栄養を与えることで丈夫で健やかな髪にして、抜け毛を防ぐことを目的としています。将来の薄毛を予防する、と考えるとよいでしょう。頭皮のケアもしてくれるため、かゆみやフケを抑制する効果も期待できます。

また髪の毛が新しく生えるための環境を整える効果もありますが、あくまで育毛のための土台作りが目的です。そのため薄毛の進行が進んでいる場合や、すぐに髪の毛を生やしたい人には育毛剤はふさわしくないといえるでしょう。なお、育毛剤は医薬部外品です。

発毛剤とは

発毛剤は、新しく髪の毛を増やす発毛効果に特化しています。また、育毛剤は医薬部外品ですが、発毛剤は医薬品で効き目が保証されています。

発毛剤は薬剤師から説明を受けて購入するか、病院でカウンセリングを受けて購入する形です。

薄毛のための育毛剤の効果


育毛剤を使うことで、抜け毛を減らし、太く、長い健康的な髪の毛の成長を促すことができます。それぞれの効果についてご説明します。

頭皮環境を整える

頭皮の皮脂が過剰に分泌されると毛穴が詰まりやすくなる、逆に乾燥しすぎてフケが出るなどの頭皮トラブルがあります。そのため頭皮の状態が良くないと、健康な髪の毛が生えてくることができないのです。このような場合、育毛剤を使用することで外側から栄養サポートすることができます。

頭皮環境が整うとヘアサイクルも整うため、成長期の髪の毛が抜けることも減ることが期待できます。ヘアサイクルが正常化すると、太く健康な髪の毛が多くなりボリュームもアップし、髪の毛が増えたように感じやすくなります。頭皮環境の改善でフケが出なくなったり、頭皮の嫌な臭いがなくなったりしたと実感する方もいます。

また、乾燥している頭皮が気になる場合は、ユキノシタエキスや海藻エキスなどの天然成分が含まれている育毛剤を選ぶとよいでしょう。

血行を促進する

女性は特に、冷え性などで血行が滞りやすいですが、ストレスなどでも血行は悪くなりがちです。そのため女性用育毛剤は、血行を促進する成分が入っているものが多くあります。

栄養をしっかり摂取しても、血行が悪いと栄養が頭皮まで行き渡らず、健康な髪の毛を生やすことができなくなってしまいます。特に頭皮は手足と同じ末端神経となるため、手足が冷える女性は、頭皮にも栄養が行き渡りにくくなると考えておくとよいでしょう。

女性の育毛剤で、血行促進をする天然由来の成分としては、シャクヤクエキス、センブリエキス、イチョウエキス、オタネニンジンエキスなどが挙げられ、血流が良くないと感じている場合は、このような天然成分が含まれている育毛剤を選ぶとよいでしょう。

女性ホルモンをサポートして薄毛を減らす

女性ホルモンが減ることで、薄毛や抜け毛の原因となっていることがあります。それほど、女性ホルモンと髪の毛には密接な関わりがあるのです。
不足しがちな女性ホルモンをサポートしてくれる天然成分として、ザクロ種子エキスやダイズイソフラボンが挙げられます。このような天然成分が含まれた育毛剤を積極的に選ぶのもよいでしょう。

アミノ酸配合の育毛剤で、薄毛を減らす

髪の毛の原料を作るアミノ酸のケラチンという成分をサポートすることで、薄毛を減らすことができます。

ケラチンとは髪の毛の約8割を占め、18種類のアミノ酸の結合によってできています。このケラチンは髪の毛のキューティクルを整える効果もあり、育毛シャンプーに配合されていることもあります。そのため薄毛だけでなく、抜け毛や髪の毛のパサつきを減らす効果も期待できるのです。女性の美しい髪の毛を育てるために、アスパラギン酸やアセチルメチオニンが配合されている育毛剤を選ぶとよいでしょう。

薄毛のための育毛剤の価格帯


女性用の育毛剤の価格は商品によってまちまちですが、安いもので1,000円程度のものから10,000円くらいまで、と考えておくとよいでしょう。販売方法も市販のものから、通販で購入できるもの、また定期購入するものまでさまざまなタイプがあります。

育毛剤によっては、お試しで小さいサイズを提供しているものもあるので、まずご自分の頭皮に合うかどうか試してから継続するか決めるのもよい方法と言えます。

天然成分を使っているものや、自分の薄毛の状況に合わせ含まれる成分を調べて購入するとよいでしょう。

気になる育毛剤の副作用

女性用育毛剤の副作用は出にくいよう開発されています。それは女性向け育毛剤の多くが医薬部外品であり、体への影響が少ないためです。しかしまれなケースではりますが、女性の体は刺激に弱いため、体調の変化によりかぶれてしまうことなどもあります。

安さに目を向け、安全性をおざなりにすることがないよう、信頼できるメーカーのものを選びましょう。

男性用育毛剤を女性が使用した場合の副作用

女性は男性用育毛剤を使用するのは原則NGです。女性と男性では薄毛の要因が違い、育毛剤に求められる効果も異なるためです。

また、男性用育毛剤に含まれている成分は女性の妊娠や出産に影響を及ぼすこともあります。男性用育毛剤が優れているというわけではなく、女性は女性向け育毛剤を使用するようにしましょう。

(まとめ)女性の育毛剤は効果ある?発毛剤との違いは?

1. 育毛剤と発毛剤の違いとは?

育毛剤と発毛剤は、目的が異なり、育毛剤は薄毛予防の効果、発毛剤は新しく髪の毛が生えてくる効果が期待できます。

2. 薄毛のための育毛剤の効果

育毛剤を使うことで、頭皮環境を整え、血行を促進することができます。また不足しがちな女性ホルモンを補ったり、アミノ酸が配合されていたりする育毛剤もあります。このような育毛剤を使用することで抜け毛を減らし、太く長い健康的な髪の毛の成長を促す効果が期待できます。

3. 薄毛のための育毛剤の価格帯

女性用の育毛剤の価格は1,000円程度から10,000円くらいまで、と考えておくとよいでしょう。市販のもの、通販や定期購入できるものなどあります。お試しサイズがあれば、頭皮に合うかどうか試して継続することもできます。

4. 気になる育毛剤の副作用

女性向け育毛剤の多くが医薬部外品であり、副作用は出にくいよう開発されています。女性と男性では薄毛の要因や違い、育毛剤に求められる効果も異なり、男性用育毛剤に含まれている成分は女性の妊娠や出産に影響を及ぼすこともあるため、女性用育毛剤を使用するようにしましょう。