女性の脱毛症の改善に東洋医学は有効な手段の一つです


女性の抜け毛の対処法は様々ありますが、その一つに、漢方薬や鍼灸などを用いる東洋医学による治療が挙げられます。
東洋医学において、「髪は血余なり」という言葉があります。

この場合の「血」は単に血液という意味ではなく、血液が運ぶ栄養という意味も含みます。
血の巡りが良くなり、栄養が行き届けば、潤いとハリのある美しい髪が維持できるということです。

それから、「髪は腎の華」という言葉もあります。
「腎」とは生殖や成長、老化に関わる機能のことで、腎の機能が低下すると、髪が抜けたり、白髪が増えたりする、すなわち加齢現象が起こってくるとされています。

だから生命エネルギーの源である「腎の精」が充実していれば、丈夫な髪が育つと考えられています。

漢方薬や鍼灸によって、血行を促進し、健康を保てば、髪や頭皮の状態が改善され、抜け毛の予防にもつながります。

東洋医学は、西洋医学に比べて効果がゆるやかで副作用が少ないと言われますが、体質や薬の組み合わせによっては逆効果になることもあります。
自己判断は避け、医師などの専門家に相談した上で治療を行いましょう。

血行不良が抜け毛の原因の一つです。

女性の抜け毛の原因は、ストレス、生活習慣の乱れ、加齢、間違った頭皮のケアなどと言われています。
なぜなら、それらが引き起こす「血行不良」が髪の成長を妨げるからです。

たとえば過度なストレスが続くと自律神経が乱れ、それによって全身の血管が収縮し、血流を悪化させます。

すると頭皮まで行き渡るはずの血液が不足し、髪をつくる毛母細胞へ栄養が届きにくくなります。

また生活習慣が乱れることで栄養不足になります。
とくにアミノ酸の不足が基礎代謝を悪くし、血行不良になり、栄養が届かないという悪循環に陥ります。

だから頭皮の血流が良くなれば、髪の成長が促進され、脱毛が改善できるのです。

血行を良くする為には、ストレスの解消や健康的な生活を送るなど、血行不良の因子を取り除くほか、並行して血行を促進する漢方薬の服用や鍼灸治療を施すと良いでしょう。

漢方薬による治療


漢方薬とは、植物・動物・鉱物の中で薬効を持つ「生薬」と呼ばれるものを組み合わせて処方調合したものです。

漢方医学では、抜け毛や白髪の原因は主に「血虚(けっきょ)」、「気虚(ききょ)」、「腎虚(じんきょ)」の3つであると考え、それぞれに合った薬で対処します。

血虚

血虚とは、血が不足している状態です。

この場合、四物湯(しもつとう)・当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)・十全大補湯(じゅうぜんたいほとう)・桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん)など、血を補う働きをする漢方を用います。

気虚

気虚とは、体のエネルギーが不足している状態です。

この場合、柴胡加竜骨牡蛎湯(さいこかりゅうこつぼれいとう)、桂枝加竜骨牡蛎湯(けいしかりゅうこつぼれいとう)など、ストレスに対する抵抗力をつける効果のある漢方が適しているとされています。

腎虚

腎虚とは、加齢に伴う老化現象が起きることで、生命力が弱くなっている状態です。

この場合、八味地黄丸(はちみじおうがん)、補中益気湯(ほちゅうえっきとう)など、髪に潤いを与えたり、髪の成長を促したりするような漢方が効果的です。

鍼灸による治療

鍼灸とは、鍼(はり)や灸(きゅう)で体のツボ(経穴)を刺激し、体が本来持っている自然治癒力を高める伝統医学です。
鍼は専用の鍼を、灸はヨモギの葉から精製したもぐさを使用します。

頭皮の乾燥やかゆみ、湿疹、べたつきといった頭皮環境の乱れも、抜け毛の原因になります。
頭のツボに直接鍼を刺したり、お灸をしたりすることで、頭皮の血流を促し、皮脂や老廃物を排出します。

すると毛根にも栄養が届き、髪の毛の成長へとつながります。
そして髪一本一本にコシとハリが蘇り、よりしっかりと太く健康な髪になることで、髪全体にボリュームが生まれます。

また首や肩など頭部以外のコリも鍼灸治療で改善させることによって、体全体の血液の循環が良くなり、髪に栄養が行き渡るようになります。

(まとめ)漢方薬や鍼灸などの東洋医学は脱毛症の改善に役立ちますか?

1.女性の脱毛症の改善に東洋医学は有効な手段の一つです

漢方薬や鍼灸によって血行を促進し、髪に栄養が行き届けば、髪や頭皮の状態が改善され、抜け毛の予防にもつながります。

効果がゆるやかで副作用が少ないと言われますが、専門家に相談した上で治療を行いましょう。

2.血行不良が抜け毛の原因の一つです。

ストレスによる血管の収縮や、生活習慣の乱れによるアミノ酸の不足などが、血流を悪化させ栄養が届かず、栄養不足となり脱毛を招きます。

血行不良の因子を取り除き、漢方薬や鍼灸治療を施すとよいでしょう。

3.漢方薬による治療

漢方医学では、抜け毛の原因は血液不足の「血虚」、エネルギー不足の「気虚」、加齢による「腎虚」であると考えられています。

当帰芍薬散、柴胡加竜骨牡蛎湯、八味地黄丸など原因と症状に応じた漢方薬で対処します。

4.鍼灸による治療

頭皮の乾燥など頭皮環境の乱れも、抜け毛の原因になります。
頭のツボ(経穴)に直接鍼を刺したり、お灸をしたりすることで、頭皮の血流を促し、皮脂や老廃物を排出します。

また頭部以外の鍼灸治療も効果的です。