円形脱毛症は前髪部分にもできる場合があります


円形脱毛症は前髪や生え際にできることがあります。
一般的な円形脱毛症のイメージは頭頂部などにできるものと思う人が多いですが、脱毛部分は髪の毛があればどこにでも発生します。

単発型で10円玉程度の大きさの脱毛が前髪にできることもあれば、生え際も含めて全体的に広がって髪の毛が抜けることもあるのです。

前髪にできる原因は複数種類あります

円形脱毛症が前髪にできる原因は他の箇所と同じです。

自己免疫

自己免疫が強く働きすぎることも、前髪が抜け落ちてしまう大きな原因の一つです。

外部からの異物を排除する役割があるTリンパ球が、何らかの理由によって毛根まで異物と捉えてしまい、攻撃するために発症します。

攻撃によって毛根が痛んで、髪の毛が抜けてしまうのです。

ストレス

直接の原因は免疫異常ですが、それを引き起こす原因ははっきりしていません。

しかしストレスが大きく関わっていると考えられています。
ストレスを受けると緊張した状態となり、交感神経が活発に活動することで血管が収縮し血行が悪くなります。

この状態だと毛根に栄養が届きにくくなり、脱毛が起きやすくなるのです。
しかし誰でもストレスは感じるものであり、ストレスを受けたからといって必ず脱毛が起こるということでもありません。

そのため、遺伝や体質なども大きく関わっていると考えられます。

円形脱毛症が発展する

円形脱毛症が発展して前髪にまで脱毛が起こることもあります。
最初に頭頂部や後頭部にできた円形脱毛症が、治ることなく他の場所にも発生しやがて前髪にまで脱毛が起きるのです。

生え際に沿って細長く脱毛が進行するケースもあります。

抜け毛と円形脱毛症を見分ける方法を知りましょう


生え際の髪が抜けてきた場合に、それが単なる抜け毛かそれとも円形脱毛症か見分けることが重要です。

それぞれ対策方法も異なるため、下記で紹介するポイントをおさえておきましょう。

脱毛のスピード

円形脱毛症では、前触れなくごっそりと髪が抜け落ちます。

脱毛箇所周辺の髪の毛を引っ張ると簡単に抜けます。
しかしそのほかの脱毛症の場合は比較的ゆっくり脱毛が起きることが多いです。

また髪を引っ張るような髪型にしていると、症状は進行しやすくなるため注意が必要です。

脱毛部位の範囲

円形脱毛症の場合、単発型では部分的に脱毛が起こり脱毛部位の境目がはっきりしています。

しかしM字型や全体的に脱毛が起きる場合は、そのほかの脱毛症の可能性が高く、とくに髪の毛が徐々に抜ける場合は円形脱毛症以外の症状を疑いましょう。

まずは自分で鏡を見て、脱毛部分をチェックしてみることがおすすめです。

後頭部の脱毛

脱毛症としてはAGAなどもありますが、このような症状が出るときは後頭部よりも頭頂部や生え際に症状が起こりやすいです。

あまり後頭部の脱毛は見られないため、後頭部に脱毛の症状が出た場合は、円形脱毛症の可能性が高くなります。

とくに10円玉程度の大きさの脱毛が部分的に起きる場合は、さらに可能性は高まります。

前髪にできたときの対処方法があります

生え際に円形脱毛症ができたという場合の対処方法は以下のようになります。

頭皮マッサージ

頭皮の血行不良も脱毛が起こる原因です。
頭皮が硬くなっていることも多いため、マッサージで頭皮をほぐすことで、血行の促進が期待できます。

爪を立てずに指の腹を使い、やさしく力を入れすぎずに揉んであげましょう。

ウィッグを利用する

脱毛箇所を帽子などで隠す方法もありますが、髪が蒸れるため長時間の着用は難しいでしょう。

医療向けウイッグであれば、軽いものもあり付け心地もよいです。
接着剤で貼り付けるタイプは、簡単に装着できるため便利です。

髪の毛を使う

小さな脱毛であれば、ヘアスタイルを工夫することで隠すこともできます。
女性の場合は、前髪で隠してピン留めすれば固定して隠すことも可能です。

ウィッグやヘアスタイルで隠すような方法は、比較的症状が軽い方ができる方法です。

円形脱毛症は自分で対処することは難しく、育毛剤を使っても効果は期待できないでしょう。

しかしクリニックに行って正しく対処すれば完治できる症状です。
まずは専門医の診察を受けることもおすすめします。

(まとめ)円形脱毛症は前髪にもできますか?

1.円形脱毛症は前髪部分にもできる場合があります

円形脱毛症は頭頂部や後頭部以外にも、前髪や生え際部分にもできます。

髪の毛がある箇所ならできる可能性があり、10円ぐらいの脱毛ができて、それが広がって前髪まで脱毛することもあります。

2.前髪にできる原因は複数種類あります

円形脱毛症が前髪部分にできる原因は、他の部位と同じ原因です。

自己免疫の異常が直接の原因であり、それを引き起こすのはストレスが大きく関わっているといわれています。

3.抜け毛と円形脱毛症を見分ける方法を知りましょう

円形脱毛症かそれ以外の脱毛症か見分けるためには、抜けるスピードなどに注目します。

一気に抜け落ちてしまうか、脱毛部位はどれぐらいか、後頭部にも発生しているかなどをチェックします。

4.前髪にできたときの対処方法があります

生え際に円形脱毛症ができた場合は、ウィッグの使用やヘアスタイルを変えることで対処できます。

また頭皮マッサージは、頭皮の血行改善が期待できます。
完全に症状を改善させたい場合はクリニックで、医師の診断を受けましょう。