急性の脱毛症では対応する時期が改善に影響します


女性の急性の脱毛症は、びまん性脱毛症とよばれる症状のことが多いです。急激に抜け毛が多くなるような症状であり、早期に美容外科などで治療することで改善が期待できます。

原因として女性ホルモンの分泌が関わっているため、生活習慣の改善でも回復することもあります。具体的にはバランスのよい食事をする、十分に睡眠をとるということが重要です。

急性の脱毛症には特徴があります

急性の脱毛症が起こるのは、女性ホルモンの減少が原因であり、男性ホルモンとのバランスが崩れることが関係しています。どうしても加齢と共に女性ホルモンは減少するので、高齢者ほど症状が出やすいです。

以下のような症状が出た場合は、注意が必要です。

  • 髪の毛の量が減ってくる
  • 髪が減って頭皮が目立つようになってきた
  • 細い髪の毛が増えてきた
  • 不揃いの髪の毛が多くなってきた
  • 髪の毛に今までのような弾力がなくなってきた

このような症状が思い当たる場合は、急性の脱毛症の可能性があります。
短期間で髪の毛が大量に抜けるようなこともあり、フケの量も増え頭皮から臭いにおいがすることもあります。

髪の毛が全部抜けるようなことはありませんが、髪の毛のボリュームが気になってくるでしょう。

また髪の毛自体も細くなってハリがなくなり、不健康な髪になり抜けやすくなります。全体的に頭皮が目立つようになった状態は、すでに症状が出ている証拠です。

しかしこのような症状が出た場合は一時的なことが多いため、その原因を特定し早めに対処することで改善できます。

そのため症状に気づいた時点で、いち早く対処することが大切なのです。
育毛剤などを使ってみるという方法もありますが、美容外科など専門医に相談するのがよいでしょう。

脱毛症の原因にはホルモンバランスが関係しています


脱毛症の原因には女性ホルモンが関係し、男性ホルモンとのバランスが崩れることで発症につながります。女性ホルモンが減り男性ホルモンが活発になることで、発毛を悪くしてしまうのです。

女性ホルモンが減少する原因としてはいくつかありますが、加齢とともに女性ホルモンは減少するため、年齢が原因で引き起こる場合もあります。

さらにはそのほかの原因も考えられます。

  • ピルを服用してる場合は、服用を止めたことが原因で引き起こる
  • 過度のストレスによって女性ホルモンに影響を与えホルモンバランスを崩す
  • ダイエットにより栄養不足になり、十分に女性ホルモンを作れなくなる
  • 食生活が偏り、栄養不足で女性ホルモンに影響を与える
  • シャンプーやカラーリングによる頭皮のトラブル

このようなことが原因で、急性の脱毛症になることもあります。
生活習慣も大きく影響しますので、日頃から気をつけるだけでも予防は可能です。

過度の飲酒をしないようにする、偏食せずバランスの良い食事を心がける、規則正しい生活で夜更かししない、ダイエットで偏食はしないなどを気をつけるだけでも違います。

毎日規則正しく生活して、睡眠時間を十分にとって質の高い睡眠を心がけることがとても重要です。

脱毛症を改善するためには早急に対応することが大切です

急性の脱毛症の症状が出た場合は、生活改善または治療により回復できます。
年齢や個人差により多少症状が回復するまでの時間は違いますが、早めに対処することが大切です。

原因となるものを取り除けば、1ヶ月程度で新しい髪が生え始めることもあります。もしも髪の毛がかなり抜けて、地肌が目立つほどであれば、美容外科などでの治療を考えてもよいでしょう。

頭皮が見えるような状態は、すでに重度の症状となっていることが考えられ、育毛剤などを使うよりも、専門的な治療を受けたほうがよいです。

美容外科などのクリニックでは、ホルモンバランスを整えることを重点的に行い、1ヶ月程度経過を観察します。症状が慢性化すると治療期間も長引きますので、やはり早めの対処が必要です。

10代などの若い頃に症状が出るような場合は、概ね3ヶ月から6ヶ月の時間が必要であり、40代や更年期の方の症状なら場合によっては1年以上必要なこともあります。

生活習慣の改善や専門医のもとでの治療とあわせて、サプリメントの服用も効果的です。

サプリメントは女性ホルモンを増やす働きがあるものを使用し、亜鉛や大豆などの育毛促進効果のあるものを選びましょう。

(まとめ)急性の脱毛症で気を付けるべきことはありますか?

1.急性の脱毛症では対応する時期が改善に影響します

急性の脱毛症の場合は、女性ホルモンが関係しているので、早期対処で改善できます。

生活習慣を改善する、女性ホルモン分泌を促す食事をする、美容外科で相談するなどで症状から回復できます。

2.急性の脱毛症には特徴があります

急性の脱毛症になると抜け毛が増え髪のボリュームが少なくなります。

髪の毛が減る、頭皮が目立つ、細い髪の毛が増える、不揃いになる、弾力がなくなる、などの症状が出れば急性の脱毛症の可能性が高いです。

3.脱毛症の原因にはホルモンバランスが関係しています

脱毛症の原因としては、女性ホルモンの減少が症状に関わってきます。

ピルの服用を止める、過度のダイエット、ストレス、偏った食生活、シャンプーなどでの頭皮トラブルなどが原因になります。

4.脱毛症を改善するためには早急に対応することが大切です

脱毛症の治療はできるだけ早めに行うべきであり、生活習慣を改善するか美容整形などの専門医に相談します。

症状が回復するまでの期間は年齢により異なり、若い方ほど早く回復し、歳を取るほど長引く傾向にあります。