20代女性の脱毛症はムリな生活によって引き起こされます


20代女性の脱毛症にはいくつかの原因がありますが、その多くに共通しているのが、ムリな生活です。

お洒落の為に自分に合わない髪型や肌を傷めるブリーチなどを行ったり、まだ若いからと不摂生な生活を送ることで脱毛症になってしまうのです。

また、精神的なムリがたたって脱毛症になってしまうこともあります。

若い女性特有のムリが脱毛症を引き起こします

20代女性の脱毛症は、ムリやお洒落や生活によって引き起こされます。

カラーやスタイリング

ヘアカラーやスタイリング剤は、頭皮の負担になることがあります。
また、よい香りの輸入品シャンプーなどは頭皮に合わない場合もあるため、注意が必要です。

こうしたものを使った後で頭皮が痒くなったり、痛みを感じた時はすぐに使用を中止するようにしましょう。

ダイエット

若いうちは、健康を意識しないムリなダイエットをしてしまいがちです。

しかし炭水化物や脂質を完全に抜くようなダイエットや、カロリーを極端に制限するダイエットは体のためによくありません。

ムリをして髪が抜けてしまったり、パサついた髪の毛になってしまったら、せっかく痩せても魅力は半減してしまいます。

ストレス

20代は、大学の卒業や、就職・結婚・出産などのライフイベントが多く発生することの多い年代でもあります。こうした生活の変化によってストレスが生まれて、脱毛に繋がってしまうことがあるのです。

新しい環境に適応できていないと感じたり、ストレスが溜まっていると思ったらストレス発散を心がけましょう。

若いうちのムリは将来の病気やトラブルに繋がります


20代のうちにムリをすることは、30代・40代で病気になってしまうリスクを高めます。

20代のムリそのものが体に負担をかけることはもちろん、「悪い生活習慣」の癖がついてしまって、ムリが利かない年齢になってもそれを続けてしまう恐れがあるからです。

夜更かし

睡眠不足は、心身に大きな負担をかけます。
睡眠不足が続くと、動悸がしたり、息苦しくなったりすることがあります。

これは眠りが足りないせいで自律神経が乱れ、心臓に負担がかかっているためです。

また睡眠不足が続くと精神的にも不安定になり、抑うつ状態になりやすくなってしまいます。

ジャンクフード

ジャンクフードやお菓子で食事を済ませてしまうと、栄養不足に陥ります。

栄養不足になると、エネルギーが足りずに活力が湧かなかったり、身体を作るためのタンパク質等が不足して肌がかさつく、骨粗しょう症や貧血などの症状が出てくるといった問題が起こります。

過度な飲酒・喫煙

大学生や社会人になると、飲み会など、お酒を飲む機会がたくさんあります。

しかし多量の飲酒を繰り返していると、体内に取り込んだ栄養がアルコールの分解に使われるために栄養不足になったり、カロリーの摂りすぎで肥満になったりします。

また飲み会の場で吸ったり、受動喫煙をすることも多い煙草は、血管を細くして血行を悪くする万病の元です。

20代のうちから体を労わる生活を送りましょう

20代のうちから健康的な生活を心がけておくことで、脱毛リスクを低くすることができます。またムリをしない生活は、ストレスを軽減させるのにも役立ちます。

終電で帰る

遅くとも終電では家に帰るようにしましょう。
それでも就寝は0時を大きく回ってしまいますが、家に帰れずに徹夜をするよりはずっと良いことです。

家に帰って休むのと外で夜を過ごすのでは、疲れの取れ方も違います。
「基本的に夜は家に帰る」ということを意識しましょう。

食事はなるべく栄養バランスを考えて

20代のうちは、お金がなかったり外食が多かったりして、栄養に気を配れない食事をしてしまうこともあります。しかしそうすると野菜類や果物、乳製品などが不足しがちになります。

できるだけバランスのよい食事を食べるように意識しましょう。

自制心を養う

友達とでかけていると、つい楽しくて飲み過ぎてしまったり、その場の勢いでタバコを吸ってしまうこともあるかもしれません。

しかしこうした周りに流される行動は、将来のためになりません。
20代というのは成人女性ですから、節度のある生活を心がけましょう。

(まとめ)20代女性の脱毛症はどうして起こる?

1.20代女性の脱毛症はムリな生活によって引き起こされます

20代女性の脱毛症の原因の多くは、「ムリをすること」です。

自分のお肌や体質に合わないお洒落や不摂生な生活、ストレスなどによって脱毛症が起こってしまうことがあるのです。

2.若い女性特有のムリが脱毛症を引き起こします

20代女性がよく行うお洒落によるカラーや香料の強いシャンプー、ムリなダイエットなどは脱毛症の原因となるものです。

また生活環境の変化によるストレスも脱毛症を引き起こします。

3.若いうちのムリは将来の病気やトラブルに繋がります

20代のうちに、ムリな夜更かしをしたり、ジャンクフードやお菓子を日常的に食べる、過度の飲酒や喫煙をするなどの悪習慣をつけてしまうと、将来健康を損ねてしまう恐れが高まります。

4.20代のうちから体を労わる生活を送りましょう

20代のうちから健康的な生活を心がけることは、脱毛リスクを低めたり、ストレスを軽減させるのに役立ちます。

遅くても終電までには帰る、周りに付き合ってムリはしない、なるべく栄養バランスのよい食事を摂るといったことを意識しましょう。