10代の女性でも脱毛症になることがあります


10代の若い女性の中にも、脱毛症で悩む人は少なくありません。こうした若い年代での脱毛症は、外見に対する強いコンプレックスの元になったり、非常に大きなストレスに繋がってしまったりします。

本人に、10代で脱毛症になっている人もいるのだということを理解させ、正しい治療を受けるように周囲の大人が誘導してあげることが大切です。

10代の女性はアレルギーやストレスで脱毛症になります

10代女性の脱毛症は、次のような原因によって起こります。

ストレス

学校での人間関係や勉強、進路などの問題によるストレスなどが原因で自律神経や女性ホルモンのバランスに問題が起こって脱毛に繋がることがあります。

思春期は特に悩みの多い時代なので、「10代でストレスなんて」などと思わないようにしましょう。

病気

アトピーやアレルギー疾患、自己免疫疾患などによって毛根が攻撃されたり、皮膚トラブルが起こって脱毛に繋がる場合もあります。

10代になる前から皮膚にトラブルが起こりがちだったり、他にも症状がある場合は医師による診察を受けましょう。

また薬の副作用によって髪が抜ける場合もあります。

抜毛症

これもストレスから起こる病気ですが、円形脱毛症などのように自然に髪の毛が抜けるのではなく、自分で髪を抜いてしまう病気です。

とくに10代などの若い女性に多い症状と言われています。
やめようと思っているのに髪を抜く癖が止まらない場合は、治療を受ける必要があるかもしれません。

10代で脱毛症になった場合はまず原因を特定しましょう


脱毛症の原因として一番一般的なのは、加齢によるものです。
しかし10代の脱毛症はこれには当てはまりません。

加齢による脱毛症は、ある程度自然なことであり、病気ではありません。しかしまだ若いうちから脱毛が起こってしまうというのは、やはりなんらかの異常が起こっていると考えた方が良いでしょう。

そのため、10代で脱毛症が起こったら、まず原因を特定するようにしてください。

自分で髪を抜いている、ストレスがある

不眠や摂食障害など、他のストレス症状が出ている場合や、自分で髪を抜いてしまう場合は、強いストレスを感じている可能性があります。学校や日常生活の中にストレスを感じる原因がないか考えてみましょう。

10代は多感な時期ですから、大人にとっては大したことがないと思うようなことが強いストレスになっていることもあります。

他の症状がある

脱毛症以外にも、体の不調などがある場合は、病気になっている可能性があります。

疲れやすい、すぐに風邪を引く、湿疹が出るなど、気になる症状がある場合は病院で検査をするようにしましょう。

10代の脱毛症には慎重な対応が必要です

女性にとって、髪が抜けるというのは大きなストレスです。しかしある程度大人になれば、病気やストレスが原因で髪が抜けたからといって、「ハゲている」「おかしい」などとからかわれることはほとんどないでしょう。

しかし10代の女性の場合は、学校でこのような心無い言葉をかけられたり、かけられるのではないかと不安に思ったりすることがあります。

10代女性の脱毛症は、とくに慎重に対処をする必要があるのです。

病気であることを自他共に周知する

脱毛症であることを隠すことができない場合や、隠すのが困難な場合は、それが病気であるということを本人と周囲にわかってもらいましょう。

「ただのハゲ」ではなく、「治療が必要な病気」であるということで、意識が変わる場合も多くあります。

隠す場合は学校と連携する

プールの授業などについて、脱毛症がわからない形で受けられるよう学校に相談しましょう。

また先生に対しても、信頼できる相手かどうかを本人や保護者がよく吟味することも大切です。

(まとめ)10代の女性でも脱毛症になってしまうことがあるの?

1.10代の女性でも脱毛症になることがあります

10代の女性の脱毛症は、特に強いコンプレックスやストレスに繋がりがちです。

こうした精神的なストレスや孤独感を軽減させて、的確な治療を受けられるよう、周りの大人が誘導しましょう。

2.10代の女性はアレルギーやストレスで脱毛症になります

10代女性の脱毛症は、ストレスや皮膚疾患・免疫疾患などの病気・強い薬の副作用・抜毛症などによって起こります。

脱毛症以外にも症状がある場合や、抜毛症の場合は状況に応じて治療を受けましょう。

3.10代で脱毛症になった場合はまず原因を特定しましょう

10代の脱毛症は、心身になんらかの異常が起こることで発症します。

脱毛症になってしまったら、強いストレスを感じてしまっていないか、脱毛症以外の症状がないかなどを確認するようにしましょう。

4.10代の脱毛症には慎重な対応が必要です

10代女性の脱毛症は、慎重に対応をとる必要があります。

周りからからかわれてしまうことがないよう、病気であるということを周知させたり、反対に、学校と連携を取って隠せるようにしてあげる必要があります。