止まらない抜け毛に悩む脱毛症の人は少なくありません


脱毛症で抜け毛が止まらない! と思ったときに、気になるのは人の目です。

「街を歩いている人の中には、こんなにたくさん髪が抜けている人はいない」、「女性なのにはげている箇所があるなんて」と、ついつい人と比べてしまいがちです。

しかし、脱毛症に悩む女性は意外と少なくありません。

そういう女性たちは、帽子やヘアアクセサリーなどでうまくカバーをして暮らしているのです。

人の目を気にし過ぎることもストレスになるので、まずは前向きな気持ちを持つようにしましょう。

どうしても止まらない脱毛症の原因の多くはストレスです

脱毛症がどうやっても止まらないという場合は、多くの場合、ストレスが原因になっています。

病気が原因の場合は、病院で治療を受けることで改善させることができます。

また、食事や睡眠、喫煙、洗髪の仕方といた生活習慣が原因の場合も、心掛けひとつで状況を改善させることができるでしょう。

加齢による脱毛は、なかなか止めることができませんが、じょじょに進行していくものですから、「どうやっても止まらない」「どんどん抜ける」というのはあまり当てはまりません。

一方、ストレスが原因の脱毛症は、自分の意思で状況を改善させるのが非常に困難です。

仕事のストレスが原因だからといって、仕事を辞めてしまうと、今度はこの先の収入をどうしようかといった新しいストレスが生まれてしまいます。

人間関係に起因するストレスの場合は、そもそも原因から逃れることができない場合もあります。

ストレスは脱毛に大きな影響を与える上に、改善が非常に難しい脱毛症の原因なのです。

長い目で見て改善を目指していくようにしましょう


止まらない脱毛症は、1日や2日で治療が出来るものではありません。

「昨日よりも今日の方が症状が軽くなっている」と簡単に判断できないのが、脱毛症の特徴でもあるのです。

止まらない脱毛症として特によく聞かれるのが、「円形脱毛症」です。

円形脱毛症は、繰り返したり、あちこちにできたりすることが多く、やっと産毛が生えて来たと思ったら、別の場所にも脱毛が起こっているということもあります。

こうした円形脱毛症の治療は、皮膚科などで行うことができます。

生活習慣を改めたり、ストレスを感じづらい生活を心がけると同時に、病院で血液検査をしたり、投薬を受けたりしながら治療していきましょう。

円形脱毛症の治療は、数年単位の長い時間がかかる場合も少なくありません。

即効性を求めすぎることもストレスになるため、最初から、「ある程度治療には時間がかかるもの」という認識を持っておくことが必要になります。

即完治を目指すのではなく、脱毛症とうまく付き合っていく方法を模索していくようにしましょう。

ウィッグを利用したり、髪の毛を短く切ってしまうのもおススメです

髪の毛が長いと、抜けた髪の毛が目立って余計に抜け毛が気になってしまいます。

毎日枕に落ちている髪の毛が多くて憂鬱だったり、お風呂場の排水溝の掃除をする度に嫌な気持ちになってしまうということもあるでしょう。

こういう状況を回避するためには、髪の毛を短く切ってしまうのがおススメです。

円形脱毛症の場合、髪を短くすると脱毛箇所が目立ってしまう場合もありますが、髪の流れを意識して、うまくかかるようなカットをしてもらいましょう。

また、下手に隠そうとせずに思い切ってベリーショートにしてしまうという方法もあります。

外に出かける際に利用するウィッグも、脱毛症カバーには効果的です。

ただし、頭皮が蒸れる原因になってしまったり、頭が締め付けられて血行が悪くなってしまうこともあるので、長時間の着用は避けましょう。

部分ウィッグやバンスを使って髪の毛の足り無い部分をカバーする方法もあります。

医療用の高い物でなくても、お洒落のためのウィッグやハーフウィッグが多数販売されているので検討してみてください。

(まとめ)脱毛症が止まらないことってあるの?

1.止まらない抜け毛に悩む脱毛症の人は少なくありません

脱毛症になると、自分だけが頭皮に問題を抱えていて、人からおかしいと思われていると思い詰めてしまいがちです。

しかし、世の中には脱毛症に悩む女性もたくさんいますから、悩みすぎないようにしましょう。

2.どうしても止まらない脱毛症の原因の多くはストレスです

病気や生活習慣などが原因の脱毛症は、治療したり健康な生活を心がけることで原因を排除して改善させることができます。

ところが、ストレスが原因の場合は、なかなか原因を取り除けずに脱毛症が長期化してしまう場合があるのです。

3.長い目で見て改善を目指していくようにしましょう

脱毛症は、すぐに治療の効果が出る疾患ではありません。

特に繰り返す脱毛症として知られているのが円形脱毛症です。

生活習慣の見直しと共に皮膚科で治療を行いますが、数年単位で時間がかかる場合もあります。

4.ウィッグを利用したり、髪の毛を短く切ってしまうのもおススメです

長い髪の毛は、抜けた時に目立つ為、視覚的なショックが大きくなります。

気になってしまう場合は、短く切ってしまうと良いでしょう。

また、脱毛症カバーには、ウィッグやバンスも効果的です。