喫煙は脱毛症の要因になります


喫煙は、病気のリスクも高く百害あって一利なしといわれるものですが、脱毛症との関わりも深いものです。

喫煙によって取り込まれた有害物質が体内環境を悪化させ、頭皮にも栄養が届きにくくなります。

また、タバコの成分は活性酸素を増やすため、体の組織を酸化させたり男性ホルモンを増やしたりといった影響も与えます。

喫煙による髪の毛の成長への害は大きいため、脱毛症の改善には禁煙が必要であると考えられているのです。

喫煙による頭皮環境の悪化で脱毛症が始まります

喫煙はタバコに含まれるニコチンや煙を吸い込むことにより、さまざまな弊害を体に与えます。

ニコチンは自律神経に働きかけることで興奮状態を起こさせ、血流や皮脂分泌などに影響をもたらします。

血管が収縮し、血液を流そうという働きを停滞されることで、頭皮に栄養が届きにくくなるのです。

興奮状態となることで汗や皮脂の分泌を促すため、毛穴は詰まりやすくなります。

こうした影響は頭皮環境を悪化させて脱毛症を引き起こすのです。

喫煙により活性酸素を発生しやすくすることで、酸化によって体の細胞が錆び、さまざまな機能が低下し、成長や修復を遅らせます。

頭皮でこのような現象が起こることで、髪の毛の成長が停滞したり、髪の毛を保持する力が弱くなったりするのです。

また、男性ホルモンも皮脂の分泌を過剰にし、脱毛の原因である悪玉男性ホルモンを作る原因となります。

男性ホルモンが増えることで、相対的に女性ホルモンの量も減ってしまいます。

女性ホルモンは髪の毛を育てる機能を持っていますが、その量が減ることで髪の成長が停滞する恐れがあるのです。

喫煙は栄養不足を悪化させて脱毛症を引き起こします


脱毛症は、ヘアサイクルという髪の毛が生え変わる周期が乱れることが大きく関係しています。

正常なヘアサイクルでは、人の髪の毛は数年間かけて成長を続けます。

その後休止期や退行期を迎えて、徐々に抜けていき、その間に再び毛根は新しい髪の毛を作る準備を始めるのです。

こういった一連のサイクルが正しく機能していれば、常に一定の量の健康な髪の毛が生え揃います。

しかし、サイクルが乱れて成長期が短くなると抜け毛が増えて、健康で丈夫な髪は少なくなってしまいます。

喫煙による栄養不足は、このヘアサイクルを乱して成長期を短くする原因です。

栄養が足りないため、十分に髪が成長しにくくなり、早めに抜けてしまうのです。

さらに肝臓の処理能力を使ってタバコの有害物質を分解することで、肝臓が作り出すはずの栄養素を作れなくなってしまうこともあります。

喫煙による栄養不足は全身に影響するため、頭皮の栄養が不足することも免れません。

脱毛症の原因を禁煙のストレスのせいにするのはやめましょう

脱毛症を改善、予防するためには喫煙者は禁煙が必要となります。

医師の指導や周囲の人からのアドバイスで、禁煙を始める人も多いのですが、禁煙を始めたら抜け毛が増えたと訴える人もいます。

禁煙の辛さによるストレスで抜け毛が減ったということが理由のようですが、それでも禁煙が悪いということは変わりません。

確かに脱毛症の誘因のひとつとしてストレスの影響は大きいものですが、非喫煙者が全員ストレスに悩んでいるということはなく、そもそもの原因は喫煙していたことです。

喫煙をしていた人が禁煙することはストレスにもなると思いますが、現代の医学では禁煙外来や市販のパッチなど辛さを軽減する手段も豊富です。

一時的に抜け毛が増えたことを禁煙のせいにすることなく、正しい方法を用いて禁煙をして根本的な対策をすることが必要となります。

(まとめ)脱毛症の原因には喫煙も関係あるの?

1.喫煙は脱毛症の要因になります

喫煙による影響は、体内環境の悪化や活性酸素の増加、男性ホルモンの過剰分泌などを起こします。

そのため、喫煙によって脱毛症を発症しやすくなり、禁煙することでその改善ができると考えられています。

2.喫煙による頭皮環境の悪化で脱毛症が始まります

脱毛症の原因のひとつとして、頭皮環境の悪化があります。

頭皮環境が悪くなることで髪の毛を育てる機能が低下しやすくなり、抜け毛が進みます。

喫煙は頭皮環境を悪化させて、さらに毛穴のつまりなどを引き起こすリスクがあるといえるでしょう。

3.喫煙は栄養不足を悪化させて脱毛症を引き起こします

喫煙の影響による血流の悪化は、脱毛症には非常に悪い状態です。

栄養不足になることで、髪の毛の成長が停滞して、成長を待たずに抜けやすくなってしまいます。

タバコに含まれるニコチンは、血流の停滞のほかに肝臓の機能の悪化なども引き起こします。

4.脱毛症の原因を禁煙のストレスのせいにするのはやめましょう

脱毛症の心配があるからと喫煙を止められることは多いですが、禁煙のストレスで抜け毛が増えたという人もいます。

しかし禁煙のストレスは、正しい方法で行えば軽減可能であり、そもそも喫煙が原因で脱毛症が起こっているため禁煙のせいにはできません。