正常な幹細胞が髪を育てて脱毛症を改善します


髪の毛が生え変わり、常に一定の量を維持できるのは、正しいヘアサイクルによって髪が抜けても次の毛が育っているためです。

このサイクルを支えているのが幹細胞であり、髪の毛を作る構造の大部分が幹細胞によって作られています。

脱毛症は幹細胞がダメージを受け、髪が作られなくなることが原因です。

そのため、脱毛部位に正常な幹細胞を移植することで正常な機能を取り戻そうという治療が研究されています。

新しい幹細胞を得た部分は、髪の毛を再生する機能を取り戻し脱毛症が改善されると考えられています。

幹細胞は脱毛症のメカニズムに大きな影響を与えます

幹細胞には、決まった役割を持たずいろいろな細胞になれる性質や、自分と同じ能力を持った幹細胞をコピーできるという特徴があります。

体の組織を作る際に、細胞分裂して数を増やす働きと分化してさまざまな機能を持つ細胞へと変わっていきます。

髪の毛を育てるのに使われる幹細胞は、毛根の周りのバルジ領域と呼ばれる部分のものです。

この場所の幹細胞は、髪を作る細胞を増やす働きをしています。

主に髪の毛を育てて伸ばすための「毛包幹細胞」と黒や茶などの色を作る「色素幹細胞」の2種類です。

髪の毛の細胞自体は成長することで角化して、その後休止期を迎えた後に役割を終えて頭皮から抜けてしまいます。

しかし幹細胞はそのまま残り、再び髪の毛の製造を始めます。

ところが、何らかの原因で毛根や頭皮がダメージを受けることで、幹細胞も傷ついて機能を低下させてしまうこともあるのです。

頭皮の一部の幹細胞が休止すると円形脱毛症となり、色素の幹細胞が休止すると白髪になります。

幹細胞の休止はDNAがダメージを受けることによって起こり、加齢をはじめとするさまざまな原因で起こると考えられています。

幹細胞へのダメージは、脱毛症などの髪の毛の問題の根底にあるといってよいでしょう。

幹細胞の再生医療の研究が進んでいます


近年では、企業と研究所が協力して、幹細胞の移植に関する共同研究を行っています。

脱毛症治療の再生医療としては、今現在でも正常な幹細胞を持っている頭皮を切り取り、毛包ごと移植するという治療が行われています。

しかし、現在の治療では健康な頭皮から採取した毛包をたくさん培養することができません。

今回の研究では、切り取った頭皮から幹細胞を取り出し、増やして移植する方法が進められています。

この方法であれば、切り取る部分が少なくて済み、傷あとも小さくすることが可能です。

また、3週間ほどの培養で細胞を100〜1000倍に増やすことができるといわれています。

2020年を目安に実用化を目指しており、これが可能となれば、移植による脱毛症治療の効果も高くなることが予想されます。

しかし、これは頭皮に健康な毛包が残っている場合にのみ実施出来る方法です。

また、一部の培養技術が確立されていないなどの課題も残っています。

脱毛症予防でも幹細胞は重要です

脱毛症の治療にも大きな影響を与える幹細胞ですが、ダメージを受けてしまう前に幹細胞を守って脱毛症の予防をするという方法も研究が進められています。

頭皮にある幹細胞のダメージを抑制すると考えられている美容成分を活かした育毛方法です。

毛穴のバルジ領域にある幹細胞は、DNAを傷つけられることで機能を損なうと考えられています。

そのDNAのダメージを抑制することで育毛を行うという研究です。

進んでしまった脱毛症には幹細胞の移植が効果的といえそうですが、その前に予防するという方法も大切といえるでしょう。

脱毛症を進行する前に発見できた場合には、こうした研究結果も役立つかも知れません。

(まとめ)脱毛症の治療において幹細胞は重要なの?

1.正常な幹細胞が髪を育てて脱毛症を改善します

幹細胞は毛髪を育てるためのもので、毛根の周囲に存在しています。

幹細胞がダメージを受けて髪を作れなくなると脱毛症が始まりますが、再生医療により新しい幹細胞を頭皮に移植することで髪を作る働きが戻るといわれています。

2.幹細胞は脱毛症のメカニズムに大きな影響を与えます

幹細胞は髪の毛を成長させるための基本になる細胞です。

この細胞により、髪の毛が抜けた後も繰り返し髪を作ることができます。

そのため、この機能が低下することが脱毛症の基本的な原因となります。

3.幹細胞の再生医療の研究が進んでいます

幹細胞を増やして移植するという研究が進められており、これまでよりも負担の少ない脱毛症治療の可能性が見えてきました。

頭皮の正常な幹細胞を培養するという方法であるため、健康な幹細胞を持たない人はできませんが、大きな注目を浴びています。

4.脱毛症予防でも幹細胞は重要です

脱毛症治療のほかに、予防としても幹細胞の役割を生かしたものがあります。

幹細胞のDNAが傷つくことを抑制しようという研究も行われており、再生医療とともに脱毛症に役立ちそうです。