脱毛症はパーマが原因となることがあります


脱毛症にはさまざまな原因が考えられるのですが、パーマやカラーリング剤が原因ということも少なくありません。

パーマやカラーリングをしていて、突然脱毛症の症状が現れるということがあります。

脱毛症を治療するにはパーマをかけないようにしたり、頭皮にダメージの少ない方法を選択したりするとともに、育毛を行うことが欠かせません。

脱毛症ならパーマは控えるべきです

パーマが脱毛症の原因に繋がることも少なくありません。

また、カラーリング剤も頭皮に悪影響を与えてしまうため、十分に注意をしなければなりません。

パーマというのは、化学成分を使用して人工的に髪の毛自体を変形させています。

使用するパーマ液が頭皮に合わなかったり、何度もパーマをしたりすることで頭皮にダメージが加わり、発毛サイクルが乱れてしまうのです。

さらに、遺伝的に薄毛の家系であればこのような刺激によって急速に脱毛症が進んでしまうこともあります。

カラーリング剤においても同じように頭皮にダメージを与え、結果的に脱毛症の進行を進めてしまう可能性があります。

そのため、少しでも頭皮、髪の毛に刺激を与えないようにしなければなりません。

また、パーマで脱毛症になる方の大半はアレルギー体質であることが多いです。

毛穴周囲の炎症を起こしやすいだけでなく、毛穴が塞がってしまいます。

そのため発毛しにくくなり、髪の毛の数が減少してしまいます。

このような方の場合は、パーマ液を使用する前に補助剤などを使用することで頭皮に与える刺激を最小限に抑えることが可能です。

しかし、刺激がなくなるということではないため、注意が必要です。

パーマ剤などは頭皮にダメージを与える原因です


パーマやカラーリングは頭皮に与える刺激が大きいのですが、脱毛症の原因となるだけでなくさまざまな悪影響を与えてしまいます。

カラーリングは髪の毛の色を落としますし、パーマは髪の毛を曲げます。

つまり、それだけ強い刺激を髪に与えているのです。

カラーリング剤やパーマ液に含まれる成分は非常に強力であり、その成分は頭皮から身体の中にどんどん染みこんできます。

カラーリング剤やパーマ液を使用した時に、頭皮に冷えを感じることでしょう。

それはつまり、頭皮に化学成分が直接付着しており、浸透しようとしている状態です。

仮に頭皮に浸透しなくとも、髪の毛から頭皮へと吸収されていると考えられています。

このような成分は男性であれば精子の数の減少、女性であれば乳がんや不妊といった症状につながるといわれています。

また、ヘアカラーやパーマというのは一度使用すると劣化していきますので、定期的に行わなければなりません。

これは定期的に頭皮にダメージを与え、化学成分を身体に吸収しているといえるでしょう。

お洒落のためとはいっても、身体にダメージを与えるというのは脱毛症予防だけでなく身体のためにもおすすめできません。

頭皮のケアと育毛が必要です

パーマやカラーリング剤が身体に良くないと分かっていても、パーマやカラーリングを行いたいという方もいるでしょう。

また、脱毛症の部分が目立たなくなるようにパーマをかける方もいるでしょう。

しかし、それではパーマによって脱毛症が進行し、さらに強くパーマをかけるという悪循環に陥ってしまいます。

そのため、まずは脱毛症を治療することが重要です。

パーマやカラーリングは繰り返した分だけダメージが蓄積されていきます。

パーマやカラーリングは頭皮にダメージを与えてしまうため、回数を減らすことは必須です。

見た目を気にする気持ちもわかりますが、何度もパーマなどを繰り返してしまうのは頭皮には負担がかかってしまうのです。

一度頭皮の状態をリセットするために、パーマやカラーリングをやめて脱毛症治療を行う期間をつくるようにしましょう。

生活習慣を見直し、集中的にケアを行うことで改善が期待できます。

脱毛症状が改善してきたら髪の毛の様子をみて、負担が少ないパーマなどをするのがよいでしょう。

(まとめ)脱毛症はパーマやカラーリングが原因になっている?

1.脱毛症はパーマが原因となることがあります

脱毛症は誰もが発症するリスクがあります。

脱毛症はパーマやカラーリング剤の使用が原因となって発症している可能性があります。

パーマやカラーリング剤が頭皮にダメージを与えていることを知り、対策していくことが大切です。

2.脱毛症ならパーマは控えるべきです

パーマが脱毛症の原因となるのは、頭皮にダメージを与えるためです。

パーマやカラーリング剤は頭皮にダメージを与えるため、できるだけ控えるか補助剤を使用するべきです。

3.パーマ剤などは頭皮にダメージを与える原因です

パーマやカラーリング剤は、頭皮や髪の毛に刺激を与え変化させることで曲げたり、色を変えたりしています。

このパーマやカラーリング剤は非常に大きな頭皮のダメージとなっています。

4.頭皮のケアと育毛が必要です

パーマが原因となっている脱毛症ですが、この脱毛部分を隠すためにまたパーマをかけてしまうこともあります。

このパーマと脱毛症との悪循環を改善するには、一度脱毛症を治療し健康的な髪の毛を育てる期間を設けることです。