高校生で脱毛症になってしまう人もいます


10代の高校生の子でも、脱毛症に悩まされる場合があります。

高校生の脱毛症の原因や治療には、大人の場合とはまた違う特徴があります。

大人と同様に考えてしまうと、脱毛症が進んでしまったり、予想外のトラブルに発展してしまうこともあります。

自立した生活を送っているわけではない高校生ならではの脱毛症の問題点や、どのように脱毛症を治療していけばよいのかといったことをきちんと知っておくようにしてください。

高校生の脱毛症の原因は皮膚疾患や免疫異常、ストレス、ダイエットなどです

高校生の脱毛の原因には、病気とストレス、生活習慣が挙げられます。

病気

アトピーなどの皮膚疾患がある場合や、免疫機能に障害がある場合に脱毛が起こることがあります。

このような病気が原因の脱毛症は、ほかにも症状が現れることが多いため、原因も特定しやすく、治療方法もはっきりしています。

病院に行って適切な治療を受けるようにしましょう。

ストレス

ストレスを感じてすぐに脱毛になる場合もあれば、数か月してから脱毛に繋がることもあります。

そのため、「特にストレスを感じてはいない」と思っていても、実はストレスが原因で脱毛になっている場合もあります。

生活習慣

夜更かしや過度なダイエット、誤ったシャンプー習慣などによって脱毛症になることもあります。

高校生のうちは、ついつい夜遅くまで起きていて、昼間授業中にうつらうつらする、といったことをしてしまいがちですが、こうした生活は体のためによくありませんから改めましょう。

生活習慣を見直しましょう


高校生の脱毛症を改善させるためには、健康的な生活を送ることが大切です。

食事

朝ごはんを抜いてしまったり、昼の食事を菓子パンだけで済ませるようなことがないようにしてください。

学食がある高校であれば、パンよりは定食の方が栄養バランスが良い場合が多いでしょう。

また、朝は果物やヨーグルトだけでも食べてから学校に行く習慣をつけてください。

また、成長期の過度なダイエットは体のために非常によくありません。

ダイエットは、お菓子を控える、運動をするなど、健康的に行いましょう。

睡眠

高校生の生活習慣の問題として起こりがちなのが、睡眠不足です。

夜遅くまでラインのやり取りをしていたりしないようにしてください。

理想は日付けが変わるまでに眠り、7時間から8時間の睡眠を摂ることですが、難しい場合は6時間以上のまとまった睡眠を摂ることを目安にしましょう。

寝不足の平日を過ごして休日に寝だめをするといった生活は改める必要があります。

学校での対策についても考慮する必要があります

高校生の脱毛症は、大人の場合以上に慎重に対処する必要があります。

まだ若い高校生の場合、脱毛症になってしまったことがからかいの対象になったり、学校で隠さなければならないことが大きなストレスに繋がったりするためです。

ヘアスタイル

髪が長い場合は、脱毛箇所を隠せるようなヘアスタイルでカバーするようにしましょう。

ウィッグやカチューシャなどを使うのも良いですが、学校に許可を取るなど、あらかじめ話し合いをしておく必要があります。

また、ウィッグやヘアアクセサリー自体がからかいの対象にならないかどうかについても検討しなければなりません。

水泳などの際の対策

水泳の授業がある学校の場合は、特に注意が必要です。

脱毛していることがわかってしまうため、水の中に入れる患部に貼りつける部分かつらなどをうまく利用してカバーするようにしてください。

学校に伝えるかどうか

学校側に脱毛症のことを伝えておくかどうかも大きなポイントのひとつです。

担任の先生の性質や学校の雰囲気などを考え合わせた上で、親子で話し合って決めるようにしましょう。

(まとめ)高校生でも脱毛症になることってあるの?

1.高校生で脱毛症になってしまう人もいます

高校生でも脱毛症になってします場合があります。

自立した大人と高校生とでは、脱毛症の原因や治療についても異なる点があります。

こうした違いをきちんと知っておくようにしましょう。

2.高校生の脱毛症の原因は皮膚疾患や免疫異常、ストレス、ダイエットなどです

高校生が脱毛症になってしまう原因には、アトピーなどの皮膚疾患や、免疫機能の疾患、ストレス、夜更かしやダイエットなどの生活習慣の問題が挙げられます。

病気が原因の脱毛症になっている場合は、病院で適切な治療を受けましょう。

3.生活習慣を見直しましょう

高校生の脱毛症を改善させるためには、朝ごはんをきちんと食べる、栄養のある昼食を摂るなどの工夫が大切です。

また、睡眠不足になりがちな年代ですが、少なくとも6時間以上はまとまった睡眠を摂るようにしましょう。

4.学校での対策についても考慮する必要があります

高校生が脱毛症になってしまった場合は、ヘアスタイルを工夫して、普段や水泳の授業の際などに目立たないようにすることが大切です。

また、学校側に知らせるかどうかも慎重に検討しましょう。