銀歯が原因で脱毛症になる場合もあります


銀歯というのは、保険適用で治療ができる、銀色の歯の詰め物です。

しかし、「銀歯」という名前であっても、実際に使われている金属は銀だけではありません。

ニッケルなどで出来た銀色の詰め物の総称が「銀歯」なのです。

ところが、世の中には金属に対してアレルギーを持っている人も少なくありません。

こうした金属アレルギーの人にとって、口の中の銀歯は非常に危険です。

脱毛症や口の周りなどの皮膚の炎症、イライラ感などが起こってしまうことがあるのです。

銀歯が溶けだしてアレルギーの原因になることがあります

金属アレルギーというのは、ピアスやブレスレット、ネックレスなどに使われる一部の金属に対して、かぶれなどの症状が起こってしまうというものです。

しかし、歯の詰め物である銀歯でも、金属アレルギーが起きてしまうことがあるのです。

銀歯でアレルギーが起こる理由

銀歯は、アクセサリーとは異なり、常に口の中にあり、身体に接しています。

アレルギーは、一定の物質を許容量を超えて摂取することで起こりますから、常に触れあっている銀歯はアレルギーを発症しやすい環境にあるといえるでしょう。

脱毛症が起こる理由

銀歯の金属は、長い年月の間に少しずつ溶けだしていきます。

こうして溶けた金属イオンは、髪の毛を作るタンパク質と結びつきます。

このこと自体は特に問題ありませんが、金属アレルギーが起こると、タンパク質と結びついた金属イオンを身体の免疫が攻撃してしまうのです。

すると、今ある髪の毛の成長が妨げられるだけでなく、新しい髪も生えることができなくなり、脱毛が起こります。

金属アレルギーによる脱毛の症状には個人差がありますが、ひどい場合は地肌が完全に見えるほどの重い脱毛になることもあります。

金属アレルギーの人が銀歯を放置すると様々なリスクがあります


銀歯による金属アレルギーを放置すると、どのような問題が起こるのでしょうか。

皮膚の炎症

金属アレルギーの主な症状に、皮膚の炎症が挙げられます。

これは銀歯であっても例外ではなく、口の周りや顔、首などに炎症が起こって、痒みや痛みが出ることがあります。

突然の脱毛

前ぶれなく、ある日突然髪の毛がごっそり抜け始めたり、治療をしてもあまり効果が無い場合は、金属アレルギーが原因の場合があります。

アレルギーは、身体が許容量を超えてしまった瞬間に起こるものですから、ある日突然抜け毛が始まった場合は疑ってみた方が良いでしょう。

ただし、アレルギー反応にも個人差があり、段々とひどくなっていく場合も少なくないため、徐々に進行していったからといって、金属アレルギーが原因ではないと言い切ることはできません。

イライラ感

アレルギーで起こるトラブルは、身体的なものだけではありません。

イライラ感や憂鬱感など、心の問題が起こる場合もあります。

また、どちらも合わせて起こることがあるため、「ストレスが溜まって脱毛が起こっているんだ」と自己診断しないようにしてください。

突然抜け毛が起こった場合は金属アレルギーがないか調べてみましょう

次のようなケースに当てはまる場合は、金属アレルギーによる脱毛症が起こる可能性の高いと言えます。

もともと金属アレルギーを持っている場合

もともと金属アレルギーがある人が銀歯を入れている場合、銀歯の素材に問題がないか確認してみる必要があります。

子供の頃に銀歯を入れた場合

抜け毛の原因となるニッケル金属は、最近では金属アレルギーを起こしやすい素材として、銀歯にはあまり使われなくなっています。

しかし、子供の頃に銀歯を入れた30代、40代の人が突然抜け毛が起こった場合は、金属アレルギーを疑う必要があります。

脱毛症の原因が金属アレルギーかもしれないと思ったら、アレルギー検査をしてみましょう。

アレルギーのテスト

金属アレルギーのテストは、皮膚科や一部の歯科で行えます。

一般的によく行われているのは、金属を皮膚に張り付けて反応を確かめる検査です。

アレルギー検査は保険適用外の場合もありますが、既に金属アレルギーの症状が出ている場合は、保険適用で検査を行うことができます。

(まとめ)銀歯が原因で脱毛症になることがあるって本当?

1.銀歯が原因で脱毛症になる場合もあります

銀歯は保険が適用される治療方法のため、よく利用されています。

しかし、金属アレルギーの人にとっては、脱毛症や皮膚の炎症、イライラ感などの原因になることもあり、非常に危険です。

2.銀歯が溶けだしてアレルギーの原因になることがあります

金属アレルギーは、金属に身体の免疫が過剰反応してしまうものです。

虫歯の金属でアレルギーが起こると、溶けだした金属と結びついたタンパク質を身体が攻撃してしまい、薄毛になるのです。

3.金属アレルギーの人が銀歯を放置すると様々なリスクがあります

金属アレルギーの人が銀歯を放置してしまうと、口の周りなどの皮膚の炎症や、突然の脱毛、イライラ感などが起こります。

症状はいくつも同時に起こることがあるため、ストレスによる脱毛だと思いこまないように注意しましょう。

4.突然抜け毛が起こった場合は金属アレルギーがないか調べてみましょう

もともと金属アレルギーを持っている人や、アレルギーリスクの高いニッケルの銀歯を入れている人は、金属アレルギーによる脱毛症になりやすいといえるでしょう。

銀歯に問題がないか、アレルギーのテストをしてみましょう。