脱毛症と不妊は互いに影響を与えあっている可能性があります


脱毛症はストレスによるホルモンバランスの乱れが関係していることがあります。
また、不妊もホルモンバランスによって生理周期やその機能が正常でなくなることが原因の一つといえるでしょう。
そして、脱毛や不妊の問題は、女性の心を蝕むストレスの元凶となりやすく、脱毛症と不妊治療の辛さで両方の症状が一緒に現れることもあります。
そのため、この二つの症状が現れた場合には、どちらにも影響を与えているストレスを解消するためのケアを行う必要があります。

脱毛症と不妊には共通の原因が考えられます

脱毛症と不妊はストレスが大きく関係しており、その影響でどちらの症状にも作用する「ホルモンバランス」の乱れが起こりやすくなっています。
脱毛症と不妊の原因は、ストレスによって引き起こされた体内環境の悪化です。

ストレスによる女性ホルモンの乱れ

ストレスは脳の中で処理されるものです。
しかし、それが過剰になることで脳の働きが活発になり、長期にわたり続くと脳は働き過ぎで疲れてしまいます。
脳は自律神経やホルモン分泌の機能も持っており、脳が疲れることで女性ホルモンの正常な分泌ができなくなる恐れがあるのです。

男性ホルモンの増加による脱毛症

ストレスによって起こるホルモンバランスの乱れは、女性ホルモンを減らして男性ホルモンを過剰に分泌させることになります。
男性ホルモンが増えることで、頭皮の皮脂分泌の過剰や毛根を攻撃する働きがあるジヒドロテストステロンの合成が促され、脱毛症が始まりやすくなります。
また、女性ホルモンのエストロゲンには髪を育てる作用もあるため、これが減ることで一層脱毛リスクが高まるのです。

女性ホルモンの乱れによる不妊

女性ホルモンが乱れることで、女性の生殖機能に影響を及ぼします。
脳がストレスを受けることで生殖ホルモンの分泌が停滞しやすくなります。
脳のストレスを処理する部分と生殖ホルモンを分泌する部分は共通しているので、ストレスが不妊につながりやすいのです。

辛い不妊治療で脱毛症が起こることもあります


不妊治療をしている人は、常にストレスのリスクを多く抱えています。
妊娠したい女性にとって不妊治療は大切なものですが、一方で成果が上がらない辛さが付きまとっています。
妊娠を心待ちにしているのは、不妊治療をしている本人だけでなく家族や周囲の人も同じです。

しかし、それゆえに懐妊を期待され、促され「まだなの?」と度々聞かれることもあるでしょう。
こうした周りの期待は女性にとっての負担となりやすく、ストレスが溜まってしまいます。

不妊治療によってストレスを受けてしまっている女性は、円形脱毛症のリスクが高くなります。
自己免疫やストレスが影響すると言われる円形脱毛症は、それまで気がつかなかったストレスに目を向けるきっかけになることもあるようです。

脱毛症と不妊の両方を両面からケアしましょう

脱毛症も不妊もストレスによるホルモンバランスが大きな原因となっています。
どちらも深い部分では「ホルモンバランスの乱れ」という共通の要因でつながっています
そのため、これらを改善したい場合には根本的な原因であるストレスを解消することが必要です。

脱毛症も不妊もそれだけで辛いものですが、時には辛さを忘れるためにリフレッシュをしてみましょう。
不妊治療の最中であれば、病院と家の行き来という日常生活から離れて旅行を楽しむことや、少しだけ治療をおやすみするなども大切です。

また、体の疲れや緊張がストレスをより大きくしていることもあります。
まずは、体を休めて体調を整えることに専念することも必要です。
生活リズムを整えて、睡眠不足を解消し、運動を習慣付けましょう。
悩みで眠れないという人も運動で適度に体を疲れさせたり、マッサージやリフレクソロジーでリラックスしたりすることで眠りにつきやすくなりでしょう。

(まとめ)脱毛症と不妊には関係があるって本当?

1.脱毛症と不妊は互いに影響を与えあっている可能性があります

脱毛症と不妊の原因のひとつとして、ストレスの問題は大きいものです。
どちらかがストレスの原因となって、もう一方の症状を引き起こすこともあります。
そのため、治療にはストレスを解消することが欠かせません。

2.脱毛症と不妊には共通の原因が考えられます

女性の脱毛症と不妊の原因は、体の中の根本的な問題で繋がっている可能性があります。
ストレスは脳の機能の不全を起こし、ホルモンバランスを乱して、二つの症状の原因となることが考えられます。

3.辛い不妊治療で脱毛症が起こることもあります

不妊治療はそれだけでストレスの原因となり、それによって脱毛症を引き起こすリスクもあります。
ストレスによる脱毛症としては、主に円形脱毛症が起こりやすいものです。

4.脱毛症と不妊の両方を両面からケアしましょう

脱毛症も不妊も大きなストレスから起こる可能性があるものです。
また、不妊が脱毛症を、脱毛症が不妊を引き起こす場合もあります。
そのため、これらの改善には両方の根本的原因を解消するケアが大切です。