若年性脱毛症は日頃の生活や習慣が原因となることがあります


若年性脱毛症は、日常的に与えられる頭皮や毛根へのダメージが原因で起こります。
生活習慣の悪化は血行を悪くしますし、おしゃれを楽しむためのパーマやヘアカラーなどの直接的な刺激も頭皮には負担となります。
また頭皮環境が悪化し、それを改善しようとして過剰にヘアケアを行うことがさらに頭皮を傷めてしまうこともあるのです。
こうしたダメージは毛根の髪を育てる機能を弱めて、抜け毛を促します。

若年性脱毛症はストレスや生活習慣の悪化が原因です

若年性脱毛症は、10代から20代、30代などに現れる抜け毛や薄毛の症状です。
脱毛というと、加齢によって起こる老化現象のようなイメージを持っている人も多いでしょう。
しかし実は近年、若い世代の脱毛が増えています。

若い世代の脱毛の原因は体の老化ではありませんが、生活習慣の悪化によって老化と同じような変化が起こることもあるのです。
若年性脱毛症を引き起こす恐れのある生活習慣を下記で紹介します。

生活リズムの乱れ

不規則な生活リズムは、脳の自律神経を乱し体内の機能全般を弱めてしまいます。
自律神経の働きは、内臓や血流を健全に保つことです。
しかし血流の機能が弱まることで、頭皮への十分な栄養が届かなくなります。
また、睡眠時間が不足することで成長ホルモンの分泌が低下することもあります。

ダイエット

若い世代に多いダイエットも髪の毛の健康を阻害する原因です。
食事制限によって栄養不足となった場合、髪の毛への栄養供給も少なくなります。
栄養供給の優先順位は生命維持への必要性に応じて決められており、髪の順位は低いものとなっているのです。

ストレスと疲れ

生活リズムの乱れやダイエットなどは、ストレスのリスクもあります。
生活リズムが乱れることで脳が休まらず、ストレスに弱くなってしまうのです。
また、ダイエットの辛さでストレスが溜まりやすくなります。

女性の若年性脱毛症は髪のファッションによって悪化することがあります


女性の若年性脱毛症には、髪の毛を使ったファッションの影響もあります。
ヘアスタイルのアレンジを日々楽しんでいる方も多いでしょう。
しかし強い力で結ったり、スタイリング剤を使用したりすることで頭皮と毛根がダメージを受けることがあるのです。
度々こうしたダメージを受け続けることで、毛根が弱ってしまい、抜けやすくなってしまいます。

スタイリング剤は頭皮に付着すると、毛穴に詰まって髪の育成を妨げるもととなります。
またパーマやヘアカラーも頭皮に直接刺激を与えるため、脱毛を引き起こす要因です。

同様に、洗髪やヘアケアが頭皮や毛髪を傷つけていることもあります。
スタイリング剤や皮脂をしっかりと落とすことは大切ですが、強い成分のシャンプーを使うことは刺激にもなります。
またヘアケア用品を使いすぎることで、毛穴の詰まりを悪化する危険もあるのです。

男女の若年性脱毛症の原因は少し違いがあります

若年性脱毛症は、男女関係なく発症するリスクを持っていますが、その原因には違いがあります。
男性の若年性脱毛症の原因には、生活習慣の問題の他に「AGA」の影響が考えられます。
AGAは男性ホルモンの異常によるもので、若い人では10代から始まることもあるようです。

女性の若年性脱毛症も同じくホルモンバランスが関係しています。
生活習慣の悪化などによって女性ホルモンが減って、男性ホルモンを抑えられなくなることが原因です。

男性のAGAは遺伝や体質などが大きく影響していますが、女性の場合にはその根本的な原因が生活によって引き起こされることが多くなります。
男女どちらの若年性脱毛症にも生活の影響は大きいものとなりますが、特に女性ではかなりの割合を占めていると考えられるでしょう。

(まとめ)若年性脱毛症の原因ってなに?

1.若年性脱毛症は日頃の生活や習慣が原因となることがあります

若年性脱毛症は生活習慣の悪化や髪の毛のおしゃれ、間違ったヘアケアなどの日常的な問題が関係しています。
これらの原因は頭皮や毛根を傷つけて、老化を待たずに髪の機能を停滞させます。

2.若年性脱毛症はストレスや生活習慣の悪化が原因です

若年性脱毛症を引き起こす根底には、日常生活が与える影響があります。
ストレスや疲れによって頭皮の血行不良が起こることで髪の成長が阻まれます。
また、乱れた生活を送っていると若くしてホルモンバランスが乱れることもあります。

3.女性の若年性脱毛症は髪のファッションによって悪化することがあります

特に女性で注意したいこととして、ヘアスタイルや髪の美しさにこだわる姿勢があげられます。
ファッションとしてヘアアレンジを行うことで髪がダメージを受けたり、髪を清潔に保つために過剰なケアを行ったりすることで頭皮が傷つく可能性があります。

4.男女の若年性脱毛症の原因は少し違いがあります

男性の若年性脱毛症の原因には「男性ホルモン」の悪影響があります。
しかし、女性の若年性脱毛症には何気なく行っている生活習慣が大きなリスクとなることが多いものです。