脱毛症はホルモンバランスが乱れるために起こります


脱毛症の原因の1つとして、ホルモンバランスが関係していると考えられています。
これは、頭皮環境を左右する働きを持つホルモンがあるためです。

脱毛症の実質的な原因は血行不良による頭皮の栄養不足や、毛根が成長を停滞させることにあります。
ホルモンバランスの乱れは、この原因のうち毛根の成長機能の停滞に関係しているのです。
ホルモンのなかには、女性ホルモンという頭髪の発育を促進するものがあり、その分泌の停滞などが脱毛症に大きな影響を与えます。
また、男性ホルモンの増加によって毛根の髪を育てる部分を攻撃する成分が生まれるリスクもあります。

ホルモンバランスは男女関わらず脱毛症に関係しています

ホルモンバランスに関係のある脱毛症は、男性で起こりやすいものとして知られています。
それはAGA(男性型脱毛症)というものです。
男性ホルモンであるテストステロンがジヒドロテストステロンという成分に変化をすることで、毛根の毛乳頭という髪の育成を行う部分を攻撃してしまうことが原因です。

男性ホルモンの量の多い男性に多い脱毛症ですが、女性の体にも男性ホルモンは存在しており、同様に脱毛症が発症することもあります。
また一方で、女性の体内に多く分泌されている女性ホルモン、エストロゲンは髪を育てるホルモンといわれています。
この女性ホルモン量が何らかの理由で減少することで、髪の育成が停滞してしまうのです。
ホルモンの量は相対的にバランスを取り合って、働いているのですが、そのバランスが崩れることで髪の成長を妨げるホルモンが優位になってしまいます。

男性でも女性でもホルモンバランスが関係する脱毛は起こるリスクがあり、女性のAGAを「FAGA」と呼んでいます。
FAGAは、男性のAGAのようにU字はげやM字はげといった変化は起こらず、全体的に薄毛が広がる「びまん性脱毛」という状態になることが多いようです。

女性のホルモンバランスの乱れは更年期以降に注意が必要です


女性の体は、思春期を迎える頃に急激な変化が起こります。
体つきの変化や生理の始まりなど、女性らしくなり始める二次性徴と呼ばれるものです。
この変化の根底には女性ホルモンの増加があります。
これ以降女性ホルモンの影響によって女性らしい美しさや妊娠できる体内環境が作られていきます。

女性を美しく育てるのも、女性ホルモンの影響です。
女性ホルモンの1つであるエストロゲンは、皮脂の分泌を抑え肌や髪を美しく整えます。
しかし、そんな女性ホルモンの分泌も年々減少し、生理が終わる更年期の頃には思春期に比べて激減するといわれています。

さらに女性の更年期の時期には、仕事や家庭などの大きな変化や、疲れやストレスが溜まることも多くなります。
そのため、さらにホルモンバランスが乱れやすくなることも考えられます。
また、それに加えておしゃれのためのパーマやスタイリング、間違ったヘアケアを繰り返すことによる頭皮ダメージで髪が育ちにくい環境が作られるリスクもあります。

脱毛症を予防改善するには生活習慣とヘアケアの見直しが重要です

脱毛症の原因は、更年期によるホルモンバランスが関係しており、体内の自然な変化であると考えられています。
しかし、少しでも脱毛を避けるためにセルフケアを行うことは必要です。

ホルモンバランスは生活習慣の悪化によって起こりやすくなります。
そのなかでも、「生活リズムの乱れ」「睡眠不足」「食生活の乱れ」「運動不足」などが大きな影響を与えます。
更年期が近づいたときや、薄毛が気になり始めたときには、こうした生活習慣を見直すことで、ホルモンバランスを整えていくようにしましょう。

また、更年期前であっても「過度なダイエット」はホルモンバランスを乱し、体の栄養不足を招きます。
女性として美しくありたいのはもちろんですが、間違ったダイエットは美を損なうリスクを持っているのです。
さらに、男性ホルモンの増加で皮脂分泌が過剰となることがありますが、それを改善するために強い成分のシャンプーや過剰なヘアケアを行うことも危険です。
全体でホルモンバランスを整えて、内側からの改善を目指すことが大切になります。

(まとめ)脱毛症にホルモンバランスは関係あるの?

1.脱毛症はホルモンバランスが乱れるために起こります

脱毛症の多くは頭皮に栄養が届かないことや、毛根の機能が停滞するために起こります。
その原因の一つとしてホルモンバランスの影響は大きく、女性ホルモンの減少と男性ホルモンの増加は頭髪に悪い影響を与えるものです。

2.ホルモンバランスは男女関わらず脱毛症に関係しています

男性ホルモンが多くなり、女性ホルモンが減る脱毛は男性だけでなく女性にも起こります。
女性の体にも男性ホルモンはあり、それが女性ホルモンの減少と相対して増えることで発症のリスクが高くなります。

3.女性のホルモンバランスの乱れは更年期以降に注意が必要です

女性のホルモンバランスの乱れは生理が終わり、女性ホルモンが減少する更年期以降で起こりやすくなります。
また、それと同時に心身のストレスや間違ったヘアケアによる頭皮のダメージが続くことで髪の生育に悪影響を与えることがあります。

4.脱毛症を予防改善するには生活習慣とヘアケアの見直しが重要です

脱毛症のリスクであるホルモンバランスは生活習慣の見直しによって改善することが可能です。
間違った生活で頭皮環境が悪化することを防ぎ、さらに外側からの間違ったヘアケアなどを避けるようにしましょう。