頭皮を清潔にすることで脱毛症のかゆみや赤身などの不快感を軽減可能です


脱毛症の初期症状として頭皮のかゆみや赤みを感じることがあり、かきむしってしまうと脱け毛を誘発して悪化します。

寝る前に一日の汚れをすっきり落とし清潔にしておくと不快感が軽減されて、ストレスになりません。

免疫機能異常による脱毛症は避けることは難しいですが、ストレスなく乗り切る工夫をしてみましょう。

髪の毛が抜ける時と生える時にかゆみが出ます

かゆみを感じやすいタイミングとしては毛が抜ける時と生える時があげられます。

毛が抜ける時のかゆみ

頭皮に皮脂汚れがたまったり、炎症が起きていたりするとかゆみが出て、その際にかきむしってしまうと髪の毛が抜け落ちてしまうことがあります。

かゆみは脱毛症発症を示唆する一つのサインといわれているので、普段以上にケアを念入りにするなどの配慮が必要です。

毛が生える時のかゆみ

毛が生え始めた産毛の時には、違和感やかゆみを感じることがあります。

円形脱毛症などの治療を進めている場合は該当部分を手で触ると短い毛が生えていることがあり、ケアが順調に進んでいる証拠といえます。

この時に強い刺激を与えるのはよくないため、なるべく触らず、スムーズな成長をサポートしましょう。

円形脱毛症と併発して頭皮湿疹などを起こしている場合もひどいかゆみを感じやすく、適切なケアが必要です。

刺激が強いシャンプーを使ったり爪をたててしまったりすることで悪化してしまうため、普段以上に優しく丁寧なケアを意識しましょう。

ポイントを意識してシャンプー選ぶことがケアには重要です


自分にあったシャンプーを使って頭皮を清潔に保つことは脱毛症ケアの基本であり、健康な髪が育つ素地を形成には欠かせません。

これは、しっかりとした毛が生えようとしても土台が不安定だとすぐに抜け落ちてしまい、スムーズにケアが進まないためです。

アレルギー体質の方でも使えるシャンプー選びのポイントを紹介します。

ノンシリコン

人工的に作られたシリコン成分が入っていると、髪と頭皮に負担がかかり、脱毛症を悪化させるリスクがあります。

自然由来成分にこだわったノンシリコンシャンプーを使用し、デリケートな頭部をいたわりましょう。

着色料・香料フリー

リッチな使い心地にするための着色料や香料も髪の負担になることがあるため、かゆみや炎症があるときには避けたいものです。

着色料・香料フリーを明記している商品を選びことは、ダメージによる脱け毛の予防になります。

保湿成分

乾燥ダメージによる脱け毛を防ぐためには、天然保湿成分が入ったシャンプーがおすすめです。

豆乳発酵液やホホバ種子油などが注目したい成分で、優しく頭皮をいたわって保護する効果が期待できます。

かゆみが長引く場合は病院に相談しましょう

軽度の脱毛症は一定期間で自然治癒するといわれていますが、シャンプーを変えても良くならないかゆみや炎症がある場合は、医師にかかると安心です。

自己流のケアを続けるだけでは完治しないケースもあり、専門医師の判断のもとで治療を進めることが推奨されます。

炎症やアレルギー反応がひどい場合は、ステロイド内服薬や外用薬を使った集中的なケアも検討され、コンプレックスの早期改善を目指す助けとなるでしょう。

毛髪専門クリニックのなかには女性対応を得意とする病院もあり、丁寧なカウンセリングを受けることも可能です。

また、シャンプーの仕方や自分にあったアイテム選びの工夫も教えてくれるので、きれいな髪を作るケア習慣のポイントが分かります。

脱毛症やかゆみは髪のトラブルが顕在化した一つの形に過ぎず、根本的な改善が必要です。

また、一度治ったとしても、何度も再発するリスクがあります。

薄毛や脱毛症に悩む女性は意外と多く、自分一人で思い悩む必要はありません。

不安を抱えて憂鬱な気分でいるより、信頼できる専門家に相談して、適切なアドバイスを受けましょう。

(まとめ)脱毛症のかゆみや赤みにはどう対処する?

1.頭皮を清潔にすることで脱毛症のかゆみや赤身などの不快感を軽減可能です

シャンプーケアをしっかりして頭皮を清潔に保つと、かゆみや赤みを改善できることがあります。

免疫異常による脱毛症を完璧に防げるわけではありませんが、ストレス軽減策として活用しましょう。

2.髪の毛が抜ける時と生える時にかゆみが出ます

かゆみが出やすいタイミングは、毛が抜ける時と生えてくる時です。

抜ける時のかゆみは脱毛の発症を表していることが多いです。

しかし、治療中のかゆみは、症状が緩和して改善に向かいつつあるサインと捉えてよいでしょう。

3.ポイントを意識してシャンプー選ぶことがケアには重要です

脱け毛を防ぐ方法として、シャンプー選びの工夫や頭皮ケアがあげられます。

ノンシリコン・着色料フリーなど優しい使い心地で、天然成分による保湿を重視したものがおすすめです。

4.かゆみが長引く場合は病院に相談しましょう

シャンプーケアをして頭皮を清潔に保ってもなかなかかゆみがひかないようなら、医師に相談してみましょう。

自分にあったケア方法を聞き実践すると症状が緩和することもあります。