脱毛症後の白髪は時間の経過とともに正常な状態に戻ることがほとんどです


脱毛部分から最初に生えてきた毛が白髪だったとしても、だんだん黒くなっていくのが通常です。

生えてきた白髪自体もそのままというわけではなく、成長とともに周りの毛と同じ色へと変わっていきます。

白髪のまま成長したとしても生え変わりが進むに連れて目立たなくなり、元通りの状態になることがほとんどなので心配ないでしょう。

白髪になってしまう理由は2つあります

脱毛症の治療初期で白髪の産毛が生えてきてしまう理由は、大きく分けて2つです。

毛根の栄養不足が続いている

自己免疫疾患から脱毛症になると、毛根がダメージを受けて髪の毛を作る機能が衰えます。

治療をしてもすぐに元通りというわけにはいかず、十分な栄養が届かないので、黒い毛を育てることができません。

治療初期に出てくる白髪は、毛を生やすことはできても黒々とした毛を育てるほどには治っていない治療段階のステップと考えましょう。

メラノサイトが回復途中

円形脱毛症はメラニン色素を作り出す細胞も攻撃するといわれていて、十分に回復するまでは色素をしっかり作ることができません。

髪の毛を黒くする色素が足りない状態だと、白髪のまま産毛となります。

治療が進んで栄養不足やメラニン色素生成細胞のダメージが解消されると、黒くてしっかりとした毛が生えてきます。

脱毛症発症後は全ての毛が白髪になってしまうわけではなく、治療途中の一時期に限ったことと考えましょう。

白髪を改善する食生活を意識しましょう


手軽にできる白髪改善対策の一つとして、食生活の改善があげられます。

以下のような食材を取り入れることで一定の効果が見込まれ、よい影響が出ることがあります。

ヨード

細胞の成長を促す働きをして、ダメージを受けた毛髪細胞の復活を促します。

昆布やひじきなどの海草類の他、イワシやサバなどに入っているため、和食中心の食事を意識しましょう。

チロシン

チロシンはメラニン生成のもととなる栄養素で、不足すると黒い毛が生えません。

脱脂粉乳やチーズなどの乳製品、アーモンドや落花生などのナッツ類、バナナやりんごなど特定の果物に入っているので、積極的に取り入れましょう。

チロシンの働きを活発にするミネラルで、チロシンと一緒にとると相乗効果が見込まれます。

大豆や納豆などの豆類、ごぼうやモロヘイヤなど一定の野菜に入っているので、意識的にとることが大切です。

ビタミンE

血流を改善して、髪の成長を促す働きをします。

アーモンドやオリーブオイルで取り入れると手軽で継続しやすく、艶やかな髪をサポートします。

野菜だとモロヘイヤにたくさん入っているので、青汁やスムージーにするのがおすすめです。

ヘアカラーや白髪染めは控えましょう

円形脱毛症部分の白髪を何とかしたいからとヘアカラーをする方もいますが、髪に一定の負担がかかるため積極的におすすめすることはできません。

治療効果が出にくくなるばかりか薬剤の刺激で髪がダメージを受け、再発をまねくリスクがあります。

自己免疫疾患が原因の脱毛症の場合はアレルギー反応も心配です。

赤く腫れ上がったり発疹ができたりといった頭皮トラブルにつながる恐れもあります。

どうしてもヘアカラーをしたい場合は医師に相談のうえで、美容室で聞いてみましょう。

天然原料をもとにしたカラー剤を使ったりトリートメントケアをしたりすることで、アレルギーがある方でも対応できるケースがあります。

自己判断でヘアマニキュアやポイントカラーを使うとリスクが大きく、慎重に判断することが必要です。

白髪が生えてきたということは一定の治療効果が出ている証拠のため、生えてきた髪の毛を大切に育てていくとケア効果が出やすくなります。

抜け毛を改善して元通りの状態に戻すためにも、できる限りの髪に優しい習慣を意識しましょう。

(まとめ)円形脱毛症後の白髪は治る?

1.脱毛症後の白髪は時間の経過とともに正常な状態に戻ることがほとんどです

治療が進むに連れて黒くなっていくことが多く、過剰に心配する必要はありません。

産毛段階で白髪だったからずっとそのままということはなく、元通りになるケースがほとんどです。

2.白髪になってしまう理由は2つあります

産毛が白髪になってしまう理由は、毛根の栄養不足やメラノサイトの回復が不十分なためです。

こうした問題が解消されると、黒くてしっかりした毛が生える見込みがあります。

3.白髪を改善する食生活を意識しましょう

白髪を防ぐための手段として、食生活を工夫する方法があります。

ヨードやチロシンなど白髪防止に役立つ栄養素が入った食品を日々の食事に取り入れて、髪に十分な栄養を届けましょう。

4.ヘアカラーや白髪染めはひかえましょう

白髪を気にしてヘアカラーや白髪染めをしてしまうと髪にダメージを与えてしまい、治療の妨げになることがあります。

頭皮トラブルが起こるリスクもあるので、医師と相談のうえで行いましょう。