円形脱毛症とアトピー性皮膚炎は共通点があります


円形脱毛症とアトピー性皮膚炎は別の症状のため関連性がないように見えますが、円形脱毛症を発症した40%以上の人がアトピー性皮膚炎を持っています。

ストレスが原因で発症もしくは症状が悪化してしまうことがあり、治療にはステロイド剤が有効です。

どちらも根本的な治療法はまだ見つかっていませんが、副腎のケアやストレスの軽減が効果的だといえるでしょう。

そもそも円形脱毛症とはどんな病気なのでしょうか

円形脱毛症は年齢や性別に関係なく誰にでも起こる可能性があり、突然コインのような脱毛を発症してしまいます。

10円玉ぐらいの大きさで脱毛することもあれば、大きく円形に脱毛してしまうこともあります。
脱毛部分は地肌がくっきりとあらわになり、脱毛部分と毛がある部分の境界線がはっきりしていることも特徴です。

一か所にしか脱毛がない場合を「単発型」といい、数か所に脱毛が見られる場合を「多発型」、そして全体的に脱毛している場合を「全頭型」といいます。

円形脱毛症は、極度のストレスが原因していると一般的に考えられがちですが、実は主な原因としてもっとも有力視されているのが、自己免疫疾患によるものなのです。

細菌やウイルスなどの外敵から体を守ってくれる働きをしているのが自己免疫です。

しかしその免疫力が毛根を異物だと勘違いしてしまい毛根を攻撃し破壊してしまうことで脱毛症が起こっている可能性が高いのですが、なぜこのようなことが起こるのかは、現段階では解明されていません。

円形脱毛症とアトピー性皮膚炎には共通点があります


円形脱毛症とアトピー性皮膚炎は全く別の病気で、この2つには関連性がないようにみえます。
しかし実は円形脱毛症を発症した40%以上の人がアトピー性皮膚炎を持っているのです。

アトピー性皮膚炎になりやすい要因として、本人やその家族にアレルギーを持つ人がいる、もしくは家族にアトピー性皮膚炎の人がいることが多いようです。

しかし必ずしもアトピー性皮膚炎を発症してしまうわけではありません。
アトピー性皮膚炎と円形脱毛症を併発している場合を、アトピー性脱毛症(アトピー性円形脱毛症)といいます。

円形脱毛症はストレスが原因だともいわれていますが、アトピー性脱毛症もストレスが原因で発症もしくは悪化することがあるのです。

アトピー性皮膚炎の治療薬としてはステロイド剤がよく知られていますが、ステロイド剤は円形脱毛症にも効果があります。
円形脱毛症の部分にステロイド外用薬を塗ると、その部分に髪が生えたという事例も報告されています。

症状の緩和のために副腎をゆっくり休ませてあげましょう

このように円形脱毛症にはアトピー性皮膚炎と同様にステロイド剤が有効であり、患者の多くにアトピー性皮膚炎を持つ人がいることから、この2つには関連性があるのではないかと考えられています。

そして円形脱毛症とアトピー性皮膚炎は、どちらもきちんとした根本的な治療法はまだ確立されていません。

しかしどちらもストレスによって発症や悪化することがあるため、副腎をゆっくり休ませてケアすることが大切です。

副腎は精神的なストレスだけでなく肉体的なストレスでも負担がかかってしまいます。
とくに注意しなければならないのが「糖分の過剰摂取」です。

甘いものや香辛料を摂り過ぎると、副腎に負担がかかってしまい、肉体的なストレスになってしまう場合があります。
適度な量なら問題ありませんが、摂り過ぎには気を付けましょう。

またリラックスできる時間を作ったり、ゆったりとした時間を過ごしたりすることも大切です。
お風呂の時間を長くとる、十分に睡眠をとるなどしてみましょう。

(まとめ)円形脱毛症とアトピー性皮膚炎に関係はある?

1.円形脱毛症とアトピー性皮膚炎は共通点があります

円形脱毛症とアトピー性皮膚炎は、併発患者数が多いことや、ストレスが原因で発症もしくは悪化、治療にステロイド剤が有効であるという点が共通しています。

根本的な治療法はまだ見つかっていませんが、副腎のケアやストレスの軽減が効果的だといえます。

2.そもそも円形脱毛症とはどんな病気なのでしょうか

円形脱毛症は円形のような丸い脱毛症状が突然現われ、脱毛部分と毛がある部分の境界線がはっきりしているのが特徴です。

一般的にはストレスが原因だと考えられていますが、主な原因として有力視されているのが自己免疫疾患によるものです。

3.円形脱毛症とアトピー性皮膚炎には共通点があります

円形脱毛症を発症した人の40%以上がアトピー性皮膚炎を持っています。

どちらもストレスが原因で発症、もしくは症状が悪化する場合があり、ステロイド剤が有効だという点で共通点があります。

4.症状の緩和のために副腎をゆっくり休ませてあげましょう

円形脱毛症もアトピー性皮膚炎もどちらも根本的な治療法はまだ見つかっていません。

しかしストレスによって発症もしくは悪化することがあるため、副腎をゆっくり休ませてケアすることが大切です。