円形脱毛症の原因や治療法についてご紹介します。自然治癒で治ることもありますが、早く治したい場合は専門医を受診しましょう。

78092d2658181f8ee80ac606abbe2fc9_s

女性の円形脱毛症、治療にはどのようなものがあるのか、病気の特徴や原因は気になるところでしょう。円形脱毛症の基礎知識、治療方法や再発の有無、早く治す方法をご紹介します。女性の命とも言われる髪をいち早く取り戻すためにも、ぜひご覧ください。

円形脱毛症とは?

円形脱毛症とは円形はもちろん、楕円形などで脱毛が発生する疾患です。形は実に様々で、大きさも10円玉大とは限らず、もっと小さなものから頭部全体に及ぶものまであります。また、脱毛している部分は、その境界が比較的はっきりしています。

発症する場所は、頭部だけではなく、まつ毛や眉毛などにも起こります。いつも通りの生活をしていても、急に抜け毛が増え、シャンプーをする時にいつも以上に抜け落ちるなど、何の兆候もないまま、抜け毛が始まります。

男性、女性など性別や年齢に関係なく、国内の住んでいる地域でも発症率は変わらず、だれでも発症する可能性があります。後頭部など自分ではあまり見ることのない場所にできた場合は、発見も遅れるため、家族や周囲の人に言われて初めて気付くケースも少なくありません。

円形脱毛症の原因

78092d2658181f8ee80ac606abbe2fc9_s

円形脱毛症の原因は未だ不明ですが、自己免疫疾患や、ストレスなどが起因するのではないかと考えられています。いくつか考えられる原因について、詳しくご説明します。

自己免疫疾患

近年では、髪の毛根組織に対し、免疫機能に異常をきたした自己免疫疾患が、円形脱毛症の原因として有力視されています。自己免疫疾患は、外部からの侵入物に対して攻撃し体を守ってくれる免疫系の機能ですが、何らかの異常で、体内の一部分を異物として勘違いし攻撃してしまう、というしくみです。

円形脱毛症の場合は、毛根を異物と勘違いして攻撃することで発症してしまう、と考えられています。こうなると、毛根がリンパ球に攻撃され弱り、突然髪の毛が抜け落ち、新たに生えてこなくなるのです。

精神的ストレス

精神的なストレスなどが、円形脱毛症に関係しているのではないかとも考えられています。ストレスを受けると、自律神経の交感神経が活発に動き始めます。ストレスが長い期間にわたったり、強すぎたりする場合、交感神経が異常をきたしてしまうのです。この異常により血管が収縮し体内の血流が悪くなることで、頭皮に必要な栄養が運べなくなり栄養不足で脱毛が起こると考えられています。

アトピー性疾患を持っている

元々、アトピー性皮膚炎や気管支炎、アレルギー性鼻炎などのアトピーの症状を持っている人は、円形脱毛症になりやすいと言われています。また、円形脱毛症を発症した人の40%以上が、何らかのアトピー性の要因を持つと言われています。要するに約半数以上は、本人か家族にアトピー性の要因を持っていたことから、円形脱毛症と関連があるのではないかと考えられるのです。

遺伝

円形脱毛症になった人の2割程度が、血縁の家族も発症していたため、遺伝子が関係しているのではないかとも考えられています。この説によると、例えば、血のつながった親が円形脱毛症になったことがある場合、子供も発症する可能性が高いということになります。

円形脱毛症は繰り返す

円形脱毛症は、繰り返し発症することがあります。再発率は5年で40%くらいと言われることから、繰り返しやすい病気と言えるでしょう。ただ残念ながら、発症する原因が特定されていないため、再発を予防する手立ても、医学的根拠のある方法はありません。

しかし現在では、自己免疫疾患が原因として有力視されています。そのため円形脱毛症はストレスが引き金となると考えが一般的。なるべくストレスを溜めず、発散するように心掛けるとよいでしょう。

また、アトピーが要因で発症する可能性も。アトピー体質の場合は、円形脱毛症になる、ならないにかかわらず、日頃からアトピーの治療やケアをしっかり行うとよいでしょう。

円形脱毛症の治療法の種類

78092d2658181f8ee80ac606abbe2fc9_s

円形脱毛症は、自然治癒に任せる場合もありますが、病院ではステロイド局所注射や局所免疫療法、外用剤の使用や、内服薬などの治療方法があります。

ステロイド局所注射

炎症や免疫力を抑えると言われるステロイド注射ですが、ステロイド局所注射とはステロイド剤を脱毛斑に注射します。非常に高い効果があるため、再発する方やいくつも脱毛斑のある方に用いられます。ただ、その効果の高さから、子供への使用はできません。

局所免疫療法

局所免疫療法は、人工的にかぶれを起こす薬などを使用することで発毛を促します。広範囲の脱毛に適していて、効果は高いと言われているものの、アトピーなど皮膚に疾患を抱える方には、副作用が出る可能性があります。

外用剤

外用薬は、脱毛している部分に塗ります。頭皮の血流を良くする薬としてフロージン液や、免疫反応を抑制するために、プロトピック軟膏や、副腎皮質ホルモン剤が処方されることがあります。アトピーなどでも用いられるステロイドの外用薬は、円形脱毛症の治療薬として、第一選択薬として用いても良いとも言われており、処方されることが多いでしょう。

内服薬

飲み薬として処方されるのは、血行を良くするための血管拡張剤や、アレルギーを抑えるための抗アレルギー剤などです。

また、ステロイドホルモン剤が処方されることもあります。ただ、副作用も強いため、抜け毛が急速して進行し、脱毛範囲が25%以上の成人に対して期間を限定することで使用することになっています。そのため、基本的には重症の場合に処方されることが多いでしょう。

女性は特に深刻!円形脱毛症を早く治す方法

現時点では、原因不明の円形脱毛症ですが、早く治したいと考える場合は、病院を受診するようにしましょう。髪は女性の命、とも言われることから、女性の円形脱毛症は特に深刻な問題となりやすいでしょう。

自然治癒で治る場合もありますが、ステロイド剤を使った治療は、通常よりも早く治るケースがあります。とはいえ、すぐに治ることが難しい場合は、必要に応じてウィッグなどを使用して生活に支障が出ないように配慮するとよいでしょう。症状が気になってしまい、ストレスを溜めてしまうと、余計に円形脱毛症にとって悪影響となってしまいますので、要注意です。

(まとめ) 女性の円形脱毛症の治療法が知りたい!早く治すための方法はありますか?

1.円形脱毛症とは?

円形だけでなく楕円形などで脱毛が発生する疾患で、小さなものから頭部全体に及ぶものがあり、境目がはっきりしています。性別年齢に関係なく、だれでも発症する可能性があります。

2.円形脱毛症の原因

原因は不明ですが、自己免疫疾患で、毛根を異物と勘違いして攻撃してしまい発症することや、精神的ストレスで血流が悪くなり栄養不足で脱毛してしまうこと。またアトピー性疾患や遺伝などが原因ではないかと考えられています。

3. 円形脱毛症は繰り返す

円形脱毛症の再発率は5年で40%くらいと言われており、繰り返しやすい病気です。

4.円形脱毛症の治療法の種類

自然治癒に任せる場合もありますが、脱毛斑に注射するステロイド局所注射や、人工的にかぶれを起こす薬を使用し発毛を促す局所免疫療法、また外用剤や内服薬によって治療します。

5.女性は特に深刻!円形脱毛症を早く治す方法

ステロイド剤を使った治療は、通常よりも早く治るケースがあります。症状が気になりストレスを溜めることで、遠泳脱毛症を悪化させる可能性もありますから、必要に応じてウィッグなどを使用して生活に支障が出ないように配慮するとよいでしょう。